これから行くかもしれない展覧会[2011・3~]

亀倉雄策賞の作家たち 1999-2010
2011年2月22日[火]―3月25日[金]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
亀倉雄策賞受賞作家11人の代表作と最近の作品など。

「本の知と美の領域 VOL.1 — 白井敬尚の仕事」展
2011年2月24日[木]―3月21日[月・祝]
松屋銀座7F・デザインギャラリー1953(東京・銀座)
『アイデア』誌ほかのアートディレクター。数々の仕事を実際に手にとって眺められる展示。

HITO個展「樹と色」
2011年2月25日[金]―3月2日[水]
OPAギャラリー(東京・表参道)
前から気になっていた静岡在住のイラストレーター。作家のサイトはこちら

時松はるな「ライツ、カメラ、アクション!」
2011年2月28日[月]―3月12日[土]
ギャルリー東京ユマニテ (東京・京橋)
ユーモラスな群衆のイラストに「孤独」と名付けるセンスがいい。

田中靖夫 のびる針金 THE WIRED UNIVERSE
2011年3月1日[火]―3月12日[土]
gallery福果(東京・神保町)
針金を使ったドローイング。担当している絵本シリーズで今度ご一緒します。

藤原新也の写真と書展「死ぬな生きろ」
2011年3月1日[火]―3月18日[金]
永井画廊(東京・東銀座)
昨年刊行された同名の写真集に掲載された写真と書の展示。

マチュー・マンシュ「SPLASH」
2011年3月3日[木]―3月13日[日]
STORE(東京・西荻窪)
ドローイングを用いたインスタレーション。会場はアパレルショップ。

愛おしいゴミ展
2011年3月4日[金]―3月25日[金]
トーキョー カルチャート by ビームス(東京・原宿)
アーティストやクリエイターのちょっとジャンクなコレクターズ・アイテム。

ヒロ杉山:ABSTRACT PORTRAIT
2011年3月4日[金]―3月26日[土]
ヒロミヨシイ六本木(東京・六本木)
七年振りの個人名義による展示は、コラージュを使ったポートレイト。

デザイン 立花文穂
2011年3月4日[金]―3月28日[月]
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京・銀座)
立花さんに2回ほど作品制作をお願いしたことがあります。

川島小鳥展「BABY BABY」
2011年3月5日[土]―4月2日[土]
ギャラリーモモ両国(東京・両国)
幻のデビュー作『BABY BABY』の復刊記念。男性だって最近知った。

差分・Difference 「差をとる」ことで生まれる表象
2011年3月5日[土]―4月3日[日]
Paul Smith SPACE GALLERY(東京・表参道)
佐藤雅彦研究室の新しい研究成果。Paul Smithとのコラボも。

AFTER WALKMAN DIE, AND(ザ・カセットテープ展)
2011年3月5日[土]―4月3日[日]
HARCOZA(東京・代官山)
ブルックリンと日本のアーティストによるカセットテープ作品を集めた展示。

生誕100年 岡本太郎展
2011年3月8日[火]―5月8日[日]
東京国立近代美術館(東京・竹橋)
いつも世界と闘ってきた岡本太郎の「対決」に焦点を当てた大回顧展。

“信藤さんでひとつ” respect SHINDO MITSUO
2011年3月12日[土]―3月22日[火]
Grains Gallery(東京・若林)
アートディレクター信藤三雄をリスペクトするデザイナーたちによる展示。

ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー
2011年4月9日[土]―6月26日[日]
東京オペラシティ アートギャラリー2(東京・初台)
2005年以降に撮られたシリーズ作品をまとめた展示が東京にも巡回。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2011・2~]





シェアする