これから行くかもしれない展覧会[2011・6~]

驚くべき学びの世界 展
2011年4月23日[土]―7月31日[日]
ワタリウム美術館(東京・外苑前)
北イタリアの小さな町で行なわれているアートと教育の融合。藤本ともひこさん的世界。

バンドウジロウ 個展「比類なきこのマントラ」
2011年5月31日[火]―6月11日[土]
ソーン・ツリー ギャラリー(東京・小伝馬町)
えっ、坂東さんってTHE BOOMのサポートだったよね。タイポアーティストとしての個展。

JAGDA新人賞展2011 大黒大悟・高田唯・天宅正
2011年5月31日[火]―7月1日[金]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
あのD-BROSの果物のメモ帳の人、オールライト工房ほかが受賞。

パウル・クレー展― おわらないアトリエ
2011年5月31日[火]―7月31日[日]
東京国立近代美術館(東京・竹橋)
ただの画家とは思えない。ぼくにとっては偉大なグラフィック作家。

川久保ジョイ展 -STILL LIFE-
2011年6月1日[水]―6月17日[金]
新生堂(東京・表参道)
写真には見えない、静物画のような写真。

宗誠二郎個展
2011年6月3日[金]―6月8日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
クインテットほかで活躍するイラストレーターの新作展。

森山大道 「東京・網目の世界」
2011年6月4日[土]―7月2日[土]
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(東京・六本木)
1970年代に制作されたヴィンテージ・プリントと、その続編となる新作1点。

レイモン・サヴィニャック展 ─ 41歳、「牛乳石鹸モンサヴォン」のポスターで生まれた巨匠
2011年6月6日[月]―6月28日[火]
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京・銀座)
もう何回も見たけど、何度見てもいいものはいい。元気になれるポスター展。

市橋織江「PARIS」展
2011年6月7日[火]―6月20日[月]
青山ブックセンター本店内・ギャラリー(東京・渋谷)
市橋織江的なパリの風景を、写真集のディレクションを手がけた佐野研二郎がポスターに。

「羽良多平吉——Yes, I see.」補遺展
2011年6月15日[水]―7月6日[水]
青山ブックセンター本店内・ギャラリー(東京・渋谷)
雑誌『アイデア』羽良多平吉特集をより立体的に理解する実物ポスターや印刷物を展示。

Room DRILL DESIGN × AOI HUBER exhibition
2011年6月17日[金]―6月30日[木]
Gallery 5610(東京・渋谷)
葵・フーバーの流麗なグラフィックと、プロダクト・デザインの邂逅。

川内倫子写真展『Illuminance』
2011年6月24日[金]―7月23日[土]
フォイル・ギャラリー(東京・馬喰町)
ギャラリー移転前の最終展示。光を主題にした美しい写真。

グルーヴィジョンズ展
2011年8月4日[木]―8月27日[土]
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京・銀座)
気が早いけど、数年振りの東京展……はやく夏が来てほしい。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2011・5~]





シェアする