これから行くかもしれない展覧会[2011・10~]

朝鮮時代の絵画-19世紀の民画を中心に
2011年9月13日[火]―10月16日[日](前期)/10月18日[火]―11月23日[水・祝](後期)
日本民藝館(東京・駒場東大前)
評判の高い朝鮮民画の展示。前後期で展示の入れ替えあり。

フィリップ・ワイズベッカ-「Line Work」
2011年9月22日[木]―10月23日[日]
CLASKA Gallery & Shop “DO” 本店(東京・目黒)
ハモニカブックスからの作品集(AD:葛西薫)3冊同時発売にちなんだ展示。線画がテーマ。

フィリップ・ワイズベッカ-「PARTS AND PIECES」
2011年9月24日[土]―10月16日[日]
ギャラリー・アートアンリミテッド(東京・乃木坂)
作品集発売にちなんだ2年ぶりの展示。作品の構成要素がどんどんミニマムになっていく。

本城直季展「LIGHT HOUSE Tokyo」
2011年9月24日[土]―11月5日[土]
タクロウソメヤコンテンポラリーアート(東京・築地)
nap gallery(Arts Chiyoda 3331)(東京・秋葉原)
少々の機材やiPhoneですら真似できる技法なのに、目の付け所がやはりオリジナル。

石居麻耶×万城目学 -ILLUSTRATION-
2011年9月30日[金]―10月15日[土]
YOKOI FINE ART(東京・神谷町)
万城目学の作品に提供したイラスト。いつものリアルなアートワークとはまた違った世界。

畠山直哉展「ナチュラル・ストーリーズ」
2011年10月1日[土]―12月4日[日]
東京都写真美術館(東京・恵比寿)
自然との関わりを撮った作品を中心に。311以降の故郷・陸前高田の風景も。

はまのゆか『2012 mamechan cartoon poster 展』
2011年10月3日[月]―10月31日[月]
SEE MORE GLASS(東京・原宿)
mamechanは、誰の心の中にもいるような気がする。はまのさんとの仕事はこちら

荒木経惟「写狂老人日記」
2011年10月6日[木]―10月10日[月]
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(東京・六本木)
震災以降の写真に、自らネガに傷をつけた作品。写真の自殺もしくは悪戯。

「12星座シリーズ」100万部突破記念 スドウピウ カバー原画展
2011年10月6日[木]―10月19日[金]
青山ブックセンター本店内・ギャラリー(東京・表参道)
石井ゆかりさんの12星座シリーズの表紙絵原画。星座ごとにいろんな工夫が凝らされている。

柴田敏雄「concrete abstruction」
2011年10月7日[金]―11月6日[日]
BLDギャラリー(東京・有楽町)
2009年以降のカラー作品から50点。神のみぞ見る視点。

『くもはいく』原画展 画・矢吹申彦
2011年10月10日[月]―10月15日[土]
ピンポイントギャラリー(東京・表参道)
はっぴいえんどの空とも続いているような、中山千夏の新作絵本の原画展。

河村ふうこと毛利みきのイラストレーション展 Ma piece vol.6『私の部屋 ー 香りの足音』
2011年10月14日[金]―10月19日[水]
オーパ・ギャラリー ショップ(東京・表参道)
恒例の二人展も第六回目。娘の誕生直前に見に行ったりなど、思い出の多い展示。

杉浦康平・脈動する本 デザインの手法と哲学
2011年10月21日[金]―12月17日[土]
武蔵野美術大学美術館 展示室3(東京・鷹の台)
60年代から近年までのブックデザインや得意のダイアグラムなど約1000点を展示。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2011・9~]

0




シェアする