これから行くかもしれない展覧会[2012・1~]

重森三玲 北斗七星の庭_展
2011年12月4日[木]―2012年3月25日[日]
ワタリウム美術館(東京・外苑前)
40歳を過ぎてから独学かつハイスピードで作庭を習得。グラフィックはグルーヴィジョンズ。

大森克己写真展 すべては初めて起こる
2011年12月15日[木]―2012年1月29日[日]
ポーラミュージアムアネックス(東京・銀座)
2011年の春、福島に旅に出て撮影した桜。いろんな意味が交差する鮮烈な「初めて」の体験。

大森克己写真展「Los Angeles/ロス・アンヘレス」
2011年12月16日[金]―2012年1月29日[日]
GINGRICH(東京・蔵前)
「すべては初めて起こる」の起点になったロスアンジェルスでの体験。木〜日・要予約。

大森克己写真展「言語と音楽と情熱」
2011年12月16日[金]―2012年1月29日[日]
マッチアンドカンパニーの書庫(東京・浅草)
大森克己の仕事のうち「言語」「音楽」に関する作品を集めた展示。木〜日・要予約。

佐内正史展「人工衛星」「パイロン」
2011年12月16日[金]―2012年1月18日[水]
IMPOSSIBLE PROJECT SPACE Tokyo(東京・中目黒)
インスタントフィルムによる新作(人工衛星)と、写真集『パイロン』からの展示。→佐内さんのサイト

青森県立美術館 コレクション展 北の異才たち
2011年12月17日[土]―2012年1月29日[日]
パルコミュージアム(東京・渋谷)
青森が生んだ錚々たる芸術家のコレクションと、青森県立美術館に関わったクリエイターの展示。

エリック・ギルのタイポグラフィ ―文字の芸術
2011年12月17日[土]―2012年1月29日[日]
多摩美術大学美術館(東京・多摩センター)
書体「Gill Sans」作者が残したタイポグラフィに関する多数の仕事を展示。

ホンマタカシ「その森の子供 mushrooms from the forest 2011」
2011年12月17日[土]―2012年2月19日[日]
blind gallery(東京・代々木)
代々木に新しく出来た「VILLAGE」内ギャラリーでの展示。2月19日まで会期延長。

石川直樹展 Halluci Mountain ―幻の山―
2011年12月23日[金・祝]―2012年1月22日[日]
EYE OF GYRE(東京・原宿)
世界各地の人々を魅了する山々。新年の始まりにぴったりの展示かも。

Lost & Found〜Family Photos Swept by 3.11 East Japan Tsunami
2012年1月11日[水]―2月11日[土]
AKAAKA(東京・六本木)
津波で流されたスナップ写真を洗浄するプロジェクト。詳しくはこちら

安西水丸「ブルースケッチ③」
2012年1月12日[木]―1月21日[土]
スペースユイ(東京・外苑前)
青の万年筆で描く旅先の風景。

中川正子写真展『新世界』
2012年1月13日[金]―1月21日[土]
valveat 81 GALLERY(東京・表参道)
単著では初の写真集『新世界』の発売記念。彼女の前に訪れた「新しい世界」。

「クリエイター 100人からの年賀状」展 Vol.7
2012年1月13日[金]―2月17日[金]
見本帖本店(東京・神保町)
毎年恒例。ここ数年は欠かさず見てます。

DNPグラフィックデザイン・アーカイブ収蔵品展IV 田中一光ポスター1980-2002
2012年1月13日[金]―2月25日[土]
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京・銀座)
没後十周年記念企画。よりシンプルにグラフィカルになっていった後期のポスターを展示。

ホンマタカシ「MORE Mushroom 外国のキノコ」
2012年1月14日[土]―2月29日[水]
The Cave(東京・表参道)
ホンマタカシのキノコ・ワークスの一環。ギャラリーは木〜日営業。

POSTALCO Wheel Printer
2012年1月17日[火]―2月16日[木]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
新作の印刷機「ウィールプリンター」を使った実演など。アメリカ人だって知らなかった。
 
小口絵の世界へ An Exhibition of 108 Fore-Edge Painting Books
2012年1月27日[金]―1月29日[日]
東京古書会館 2階情報コーナー(東京・御茶ノ水)
本の小口(ページをめくる側)に絵を印刷した本108冊。

>>これから行くかもしれない展覧会[2011・12~]

0




シェアする