これから行くかもしれない展覧会[2012・4~]

南風食堂 「オオカミと娘」 展
2012年3月15日[木]―4月15日[日]
TRAUMARIS SPACE(東京・恵比寿)
解体から始める料理。野生への回帰? とてもユニークな試み。

中原昌也 個展
2012年3月17日[土]―4月14日[土]
スプラウト・キュレーション(東京・清澄白河)
量産され続けるHair Stylisticsの原画と新作。多作にして多才。

高橋靖子『表参道のヤッコさん』企画展
2012年3月23日[金]―4月30日[金]
ギャラリー山陽堂(東京・清澄白河)
『表参道のヤッコさん』文庫化記念。華々しい世界にいるのに、昔も今も自然体。

第14回亀倉雄策賞受賞 澁谷克彦グラフィックデザイン展
2012年3月27日[火]―4月27日[金]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
資生堂広告を手がけるアートディレクター。「花椿」仲條正義氏の後任にも。

宮沢賢治・詩と絵の宇宙 雨ニモマケズの心
2012年3月29日[木]―4月22日[日]
そごう美術館(横浜・横浜)
宮沢賢治自身と画家による挿絵原画・資料などを展示。今こそ宮沢賢治に学ぶ雨ニモマケズの心。

イソップ寓話オオカミがきた!の「もう一つの結末」展
2012年3月30日[金]―4月5日[木]
Laundry graphics gallery(東京・千駄ヶ谷)
エイプリルフール記念(?)。友人のイラストレーター、シライケン君が参加するグループ展。

杉本博司 ハダカから被服へ
2012年3月31日[土]―7月1日[日]
原美術館(東京・品川)
人体とそれを包む人工皮膚を近代彫刻として見る。人体と被服の関係にフォーカスした作品展。

TDC展 2012
2012年4月2日[月]―4月25日[水]
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京・銀座)
毎年恒例。クチロロのデザインやandrop、秀英体などが受賞。

中村至男「どっとこ どうぶつえん」展覧会
2012年4月3日[火]―4月15日[日]
ユトレヒト(東京・表参道)
2012年4月3日[火]―4月19日[木]
青山ブックセンター本店内ギャラリー(東京・表参道)
70画素のドットで描かれたどうぶつたち。詳しくはデザ現のブログでも。

佐内正史 ラレー
2012年4月6日[金]―5月6日[日]
ナディッフギャラリー(東京・恵比寿)
ラーメンとカレー。

KATAGAMI Style 世界が恋した日本のデザイン
2012年4月6日[金]―5月27日[日]
三菱一号館美術館(東京・二重橋前)
日本の着物や工芸品に多数使われた型紙・文様・パターンの世界。

大友克洋GENGA展
2012年4月9日[月]―5月30日[水]
3331 Arts Chiyoda(東京・末広町)
初期作品や『AKIRA』全原稿を含む2300点の原画を公開。完全予約制。

神田亜美 個展「good day!」
2012年4月13日[金]―4月18日[水]
commune(東京・新代田)
デッサン会仲間のイラストレーター。ほのぼのした感じのイラスト。

BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展 Fondation Cartier pour l’art contemporain
2012年4月13日[金]―9月2日[日]
東京オペラシティ アートギャラリー(東京・初台)
カルティエ現代美術財団での大規模展がついに日本にも巡回。北野武/ビートたけしの国内初個展。

シャルロット・ペリアンと日本
2012年4月14日[土]―6月10日[日]
目黒区美術館(東京・目黒)
ル・コルビュジエとの共同作業、日本との交流などを振り返る展示。必見。

デヴィッド・シルヴィアン展「glowing enigmas」
2012年4月20日[金]―5月20日[日]
IMPOSSIBLE Project Space(東京・中目黒)
シルヴィアンのポラロイド写真集『Perspectives』を昔持ってた。意外にも初写真展。

細江英公写真展 第六期『薔薇刑』
2012年4月25日[水]―5月13日[日]
BLDギャラリー(東京・有楽町)
連続写真展もいよいよ最終回。この三島さんのシリーズが一番好きです。

北村範史個展「D.I.Y.」
2012年4月27日[金]―5月2日[水]
フラスコ(東京・神楽坂)
身の回りのモノに手を加えたグッズと新作の展示。サイトで制作過程の一部が公開されています→こちら

トーマス・デマンド
2012年5月19日[土]―7月8日[日]
東京都現代美術館(東京・清澄白河)
本物だと思ったら実は緻密に計算して厚紙で作られた模型、というドイツ屈指のアーティスト日本初個展。
 

>>これから行くかもしれない展覧会[2012・3~]

0




シェアする