第四回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート

2012年6月10日に行われる、吹奏楽団harmonize(ハーモナイズ)の第四回チャリティーコンサートのフライヤーをデザインしました。Worksにフライヤーの画像を一点追加しました。

 
harmonize吹奏楽チャリティーコンサート FLYER/LEAFLET

 
harmonizeは東京都日野市を拠点に活動する吹奏楽団です。リーダーで指揮者を務める藤井君は、以前勤めていた音楽制作会社の所属ミュージシャンのローディーをしていました。「丁稚」と呼ばれて下働きをしていた彼が、その数年後、学校の先生としてぼくの前に現れ、フライヤーと当日配布するプログラム、Tシャツ、本番を収録したDVDのデザインを依頼してくれました。

この仕事では珍しく、デザインに関する決まり事や制約が一切ないので(彼らからは毎回その年のテーマを表す短いコピーが届きます)、毎年コンセプトを変えて自由にやらせてもらっています。三回目の2011年は、震災を受けて彼らが出してきた「ここは、ひだまりの場所。」というコピーに触発されて、切り貼りで空と太陽があるやさしい空間を表現しました。

第四回の今回は、震災から一年を経て、力強いものを出したい気持ちだったので、彼らが日々演奏で表現している「吹く」こと「叩く」ことってどんな感じだろう、と想像しながら、実際に水彩絵の具を吹いたり叩いたりしてアートワークを作っていきました。コピーをもらう前は、花火や花のイメージが頭に浮かんでいて、震災から一年経って、鎮魂、みたいな意味も少し込めています。

絵の具の上の文字とアイデア自体は、2004年頃に制作した100s(中村一義のバンド)のウェブサイトで、一時的に使ったネタのリユース。短期間のリニューアルですぐに消滅してしまったので、どこかで形に残したいと思っていました。これまでの静かなデザインに比べるといくぶん力強い表現になりました。

 
harmonizeのコンサートは入場無料です。
お近くの方、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

 
第四回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート
2012年6月10日[日]
13:30開場/14:00開演
ひの煉瓦ホール(日野市民会館)大ホール
入場無料

 
>>harmonize





シェアする