下中商会『魔法を信じるかい?』+アートワーク解説

中川ひろたか&下中薫のユニット下中商会の3rdアルバム『魔法を信じるかい?』がリリースされました。今回はジャケットデザインのほかにイラストレーターとしてもクレジットされています。

下中商会・三部作 CD/DVD PACKAGE

 
1年3か月で3枚という驚異的なリリースペース。1st制作の時点で既に30曲を超えるストックが出来ていたという下中商会のプロジェクトも、本作でひとまず三部作が完結です。ビートルズやストーンズなどの邦題からイメージを広げて作った楽曲と同じように、ブックレットのアートワークも、収録曲やアルバムタイトルから連想した内容になってます。3作とも使用できる写真の点数が少なかったため、ブックレットについては写真とは別にヴィジュアル要素を自分で作ろうと考えたのがはじまりでした。下中商会の熱烈な“株主”の方々には既にアルバムが行き渡っていると思うので、ここで1stから3rdまでのアートワーク/イラストレーションのライナーノーツを公開します。
 
shimo-notes
 

1st『恋を抱きしめよう!』(2012/7)

1stはタイトルが表すように「恋」が重要なテーマになっていたので、男女の愛をモチーフに、イラストとアートワークのちょうど中間くらいの図案を作ることにしました。ハイヒール〜サドルシューズ(ダンス/50’s)、朝日〜湖の波紋、鍵と錠前……など歌詞に微妙に絡めつつ、色(男=水色、女=ピンク)と相まって男女の関係を表しています。
 

2nd『Kiss_and_Cry』(2012/12)

タイトルの『キス・アンド・クライ』は、フィギュアスケートで競技を終えた選手が採点を待つ小さなスペースのこと。それにちなんで、歌詞の背景にスケートリンクの軌跡(トレースという)を表すアートワークを手描きで入れました。女=ゴールド、男=シルバー(メダルの色)の線がページをめくるたびに、出会い、交差し、時にすれ違い、平行線を辿り、最後には男に抱きかかえられてゴールする。……知らなければただの落書きの線、かもしれません。
 

3rd『魔法を信じるかい?』(2013/3)

1st〜2ndのような全体を貫くモチーフがギリギリまで見つからず、結局各ページに挿絵(アートワークではなくイラストレーション)を描くことにしました。歌詞によって意味を強く近づけたり、逆にわざとずらしたりして、なるべく歌詞の説明にならないよう心がけました。以下は、特に意味が伝わりにくいと思われる数点についての解説です。
 
2:朝からゴキゲン……オカモトのOKマーク。
5:拝啓 I Love You……見返り美人の切手と消印。歌詞は現代の出来事だが、挿絵はあえて古い時代設定にしている(昭和30〜40年代頃)。
6:ひとりぼっちのあいつ……映画『イエローサブマリン』に登場するNowhere Man(ビートルズ「ひとりぼっちのあいつ」の原題)。オリジナルではタイプライターを叩いているが、ここではパソコンのキーボードに向かわせ、現代の孤独を描いた。
10:恋のアドバイス……映画『HELP』で「You’re Going To Lose That Girl」(ビートルズ「恋のアドバイス」の原題)が流れたシーンで、リンゴ・スターがはめていた指輪。リンゴは指輪コレクターで、Ringが転じて芸名になったといわれる。この歌詞では、先輩から後輩への恋のアドバイスを歌っているが、ここでは“女の子に指輪でも買ってあげて”と強引にこじつけた。
12:恋に落ちたら……だじゃれ。
 
あとはノーヒントで。曲を聴きながら考えてみてください。





シェアする