からだ絵本『ほね・ホネ・がいこつ!』

人間のからだをテーマにした、中川ひろたかさんの絵本「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズの第三弾『ほね・ホネ・がいこつ!』が発売されました。今回もブックデザインを担当しています。

[2013/10/29追記]Works追加しました。

ほね・ホネ・がいこつ! BOOK/BOOKLET
 

ほね・ホネ・がいこつ!(→Amazon.co.jp
中川ひろたか・文 スズキコージ・絵
保育社
2013年9月25日発売
1200円+税(定価)
 

hone-honmon
 
絵は、スズキコージさん。コージさんと中川さんのコラボは、意外にもこれが初めてとのこと。今作のテーマはタイトルの通り「骨(ほね)」。鉄棒から落ちた男の子が、病院で自分のあたまはガイコツだった、と発見するところから始まるお話です。カラフルでシュールなスズキコージ・ワールド全開の絵が、ページをめくるたび心に残像のように焼き付きます。作者の投げたボールが、絵描きさんそれぞれの解釈によって違った方向に飛んで行くこと(=アウトプット)が、シリーズを通して面白く感じられます。
 
 

次回の、大島妙子さんが描く「足」がテーマの絵本『あしってエラい!』も現在制作進行中です。
 
 

絵本「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズ|パラグラフ(第一弾、第二弾の仕事について)
http://paragraph.jp/2013/07/sugoizo-bokura-no-karada/

「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズ 中川ひろたかさんインタビュー|絵本ナビ
http://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=63

すごいぞ!ぼくらのからだシリーズ特設サイト|保育社
http://www.hoikusha.co.jp/bokuranokarada/

同シリーズの2作品が、紀伊國屋書店の絵本ランキングで1位を獲得したそうです。
http://www.medica.co.jp/information/cate_detail/2085





シェアする