これから行くかもしれない展覧会[2014・3~]

光るグラフィック展
2014年2月21日[金]ー3月31日[月]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
同一サイズのディスプレイを用いたCMYK/RGB作品の競演。

minä perhonen 2014SS「紋黄蝶」展
2014年2月24日[月]―3月1日[土]
森岡書店(東京・茅場町)
撮影=市橋織江、原田郁子さんがモデルの新しい「紋黄蝶」からの写真と映像。

山﨑美帆個展「みずうみの屈折率」
2014年2月28日[金]―3月5日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
現在は長野を中心に活動するイラストレーター。久しぶりの東京展。

POSTERS ~ OTOMO KATSUHIRO×GRAPHIC DESIGN ~
2014年2月28日[金]―3月16日[日]
AL(東京・代官山)
大友克洋の過去の映画作品のポスターを収録した作品集からの展示。

DRIVE~川元陽子展~
2014年3月4日[火]―3月23日[日]
蔦屋書店2号館 1階 ギャラリースペース(東京・代官山)
2年振りの個展。ゴムやエンジンルームの焼ける匂いが伝わってくる。

山田花子日記展
2014年3月5日[水]―3月10日[月]
アップリンク・ギャラリー(東京・渋谷)
よしもとの人、ではなく漫画家。自殺直前まで書かれた直筆の日記原本を展示。

タカノ綾|すべてが至福の海にとけますように
2014年3月6日[木]―4月2日[日]
Kaikai Kiki Gallery(東京・広尾)
3.11東日本大震災をテーマにした6mの大作など。表参道NADiffで観て以来。

佐藤直樹と伊藤桂司の反展
2014年3月11日[火]―3月30日[日]
タンバリンギャラリー(東京・外苑前)
伊藤桂司、ASYL佐藤直樹の二人展。どんなだろう?

アンディ・ウォーホルとポップ・アート展
2014年3月19日[水]―3月30日[日]
Bunkamura Gallery(東京・渋谷)
ウォーホル、リキテンスタイン、ウェッセルマンなどポップアートの名作を展示。

バルテュス展
2014年4月19日[土]―6月22日[日]
東京都美術館(東京・上野)
少女を描いた室内画で知られる画家の大回顧展。ロリ的視線を感じる。

こども展 名画にみるこどもと画家の絆
2014年4月19日[土]―6月29日[日]
森アーツセンターギャラリー(東京・六本木)
フランス革命以降に描かれた、子どもをモデルにした絵の展覧会。

ヤンキー人類学
2014年4月26日[土]―7月21日[月・祝](月火休)
鞆の津ミュージアム(福山・鞆の浦)
福山のおもしろ美術館。70~80年代のヤンキー文化を回顧する。紹介記事はこちら

>>これから行くかもしれない展覧会[2014・2~]





シェアする

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です