絵本『いしをつんだおとこ』、産経児童出版文化賞美術賞受賞のお知らせ

あきやまただしさんの絵本『いしをつんだおとこ』(ハッピーオウル社)が、2015年の産経児童出版文化賞「美術賞」を受賞しました。これまでに『はなかっぱ』『パンツぱんくろう』『たまごにいちゃん』など児童向けエンタテインメント絵本を数多く著してきたあきやまさんが、いつもとは全く異なるタッチで描いたシリアスな内容の絵本です。

家をなくした貧しい男が、街の真ん中に石を積み始めます。何度かの挫折と研究を経て、それは次第にひとつの大きな塔となっていきます。人生を賭けて努力を重ね、成果を求めず目標に無心で向かっていく男の姿は、同じように絵本制作に取り組んできた、作者のあきやまさんの姿勢と重なります。

普段の絵本とは違ったテイストにふさわしいデザインを、ということで、「すごいぞ!ぼくらのからだシリーズ」などでご一緒してきた編集の東沢亜紀子さんから依頼を受けました。石が積み重なる様子をイメージしたタイトルなど、絵柄や作者のメッセージの根底にある無骨さと調和するデザインを心がけたつもりです。あきやまさんの新しいチャレンジがこのような形で高く評価されたことをうれしく思います。

6月3日、産経児童出版文化賞贈賞式が、元赤坂の明治記念館で秋篠宮妃紀子さまを迎えて開かれました。残念ながらあきやまさんは遠方在住のため出席は叶いませんでしたが、招待を頂いて式に出席してきました。絵本や児童文学を次の世代に伝えようという強い意思が伝わってくる賞であり、それは端的には、大賞の「きみは知らないほうがいい」の著者・岩瀬成子さんの受賞コメントに表れていたと思います。マスコミへの警鐘的な内容をも含むスピーチが、あのような場で発せられそして受け止められたこと、それを直接耳で聞くことができたのは、本当に有意義なことでした。
 

>>産経児童出版文化賞、明治記念館で贈賞式|産経ニュース
>>産経児童出版文化賞|いべさん (2015年受賞作品一覧)
>>いしをつんだおとこ|ハッピーオウル社

いしをつんだおとこ
6月3日産経新聞広告(ハッピーオウル社制作/HPより転載)。
塔を見上げるいしをつんだおとこと、はなかっぱ。

0




シェアする