よめる よめる もじの えほん

ご紹介が遅くなりましたが、久々に絵本の仕事です。

あかね書房から8月に発売された絵本『よめる よめる もじの えほん』のデザインを担当しました。初めて「デザイン」として著者名に名前を加えてもらっています。

「もじ」と出会って興味を持ち、やがて自分で読んだり書いたりし始める年頃の幼児に向けて書かれた絵本です。いわゆる学習絵本とは違ったアプローチで、文字を読む喜びを伝えてくれます。鏡文字や似た形の文字、はねる音のばす音、ひらがなからカタカナ、そして漢字……もじと共に子どもたちの目の前にある世界がどんどん広がっていきます。

『九九をとなえる王子さま』(はまのゆか・作、あかね書房)の編集・木内さんから投げかけられた提案に対し、こくぼみゆきさんが詩のような言葉を付けてくれました。イラストレーター・画家のしもだいらあきのり(下平晃道/murgraph)さんの、ふわふわと風のように自由な発想で描かれた絵が各方面でとても好評です。11月頃、展示や絵本に関連した企画がありそうなので、決まったら改めてお伝えします。新しいお知らせはこの下に追加していきます。

帯の推薦文は、詩人のくどうなおこさんに書いていただきました。

[16/9/5追記]
『よめる よめる もじの えほん』重版が決定しました(二刷)! ありがとうございました。
 
[15/10/14追記]*終了しました。
しもだいらあきのり(Murgraph)個展「よめる よめる もじの えほん の えのてんじ」
2015年11月5日[木]―11月17日[火] *11/11水休
にじ画廊(東京・吉祥寺)

今回の絵を描いてくれたしもだいらさんによる、絵本原画を中心とした新作の展示が開かれます。
11月14日(15:00〜)、絵本に関わった三人+あかね書房の編集・木内麻紀子さんによる、絵本の制作過程を語るトークショーも行われる予定です。その他にも人気企画の似顔絵大会や、オリジナルグッズの販売なども。詳しくは下記のリンク先をご覧ください。

http://nijigaro.com/news.htm

 
よめるよめるもじのえほん
 
よめるよめるもじのえほん

 
よめる よめる もじの えほん(→絵本ナビ
こくぼみゆき・さく しもだいらあきのり・え 下山ワタル・デザイン
あかね書房
発売中
1200円+税(定価)

 
>>わかる わかる じかんの えほん|パラグラフ (2016年3月末に刊行された第二弾)





シェアする