これから行くかもしれない展覧会[2016・9~]

童画の国から-物語・子ども・夢
2016年7月16日[土]―9月4日[日]
目黒区美術館(東京・目黒)
武井武雄と初山滋と、目黒区美術館ではおなじみの秋岡芳夫が開いた児童画の世界。

James Rizzi|RIZZI STARDUST
2016年8月13日[土]―9月17日[土]
sansiao gallery(東京・日本橋)
TOM TOM CLUBを手がけたイラストレーターの最新作。

臼井良平「Objects on a table」
2016年8月23日[火]―9月4日[日]
ユトレヒト(東京・原宿)
日常にあるごくありふれた物を作品化したオブジェ。涼しげ。

ハダタカヒト個展「懐郷」
2016年9月1日[木]―9月7日[水]
ブックギャラリーポポタム(東京・目白)
らくご絵本『ろじうらの伝説』の不思議な絵が気になった新人画家。

平岡 瞳 版画展「海と街」
2016年9月2日[金]―9月13日[火]
okeba gallery&shop(神奈川・香川)〈茅ヶ崎〉
茅ヶ崎らしく海と街がテーマ。桶場(倉庫)を改装した独特の店舗も見所。

長友啓典「『翼の王国』のおみやげ」 原画展
2016年9月2日[金]―9月16日[金]
ギャラリー山陽堂(東京・表参道)
機内誌に連載した各地のおみやげのイラスト。リアル感とほのぼのが同居。

田名網敬一「BRIDGE」展
2016年9月2日[金]―9月24日[土]
コートヤードHIROO(東京・広尾)
異界との接点を表す「橋」をモチーフに。仕事場の近くなので散歩がてら行こうかと。

SAGAN GA 展
2016年9月2日[金]―10月14日[金]
竹尾 見本帖本店(東京・新御茶ノ水)
グルーヴィジョンズが新発売の紙「サガンGA」を使って展開する架空のショップ空間。

杉本博司 ロスト・ヒューマン
2016年9月3日[土]―11月13日[日]
東京都写真美術館(東京・恵比寿)
リニューアル第一弾展示。世界の創造から終焉まで…想像力そのものが作品。

「シーモアグラス 20」展
2016年9月4日[日]―9月30日[金]※16~18休
シーモアグラス(東京・原宿)
開店20周年をお祝いし、縁のある作家50名以上が寄せたろうそくの絵を展示。

未来の発見の仕方:フルクサスの場合
2016年9月6日[火]―9月25日[日]
うらわ美術館(埼玉・浦和)
恐れ多くも、特殊パッケージやグッズを作る時参考にさせてもらったことがあった。

仲條正義「2016年、仲條」展
2016年9月9日[金]―9月14日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
これが噂のベジェ曲線による新作か。

ポーランド最新のグラフィック・デザイン展「EYE ON POLAND」
2016年9月9日[金]―9月20日[火]
3331 Arts Chiyoda(東京・末広町)
アーティストによる作品や、アイデアあふれるポスター、書籍の装幀など。

網中いづる ストロール
2016年9月16日[金]―9月28日[水]
GALLERY SPEAK FOR(東京・代官山)
仕事も含めた近作50点。どこかにありそうでなさそうな不思議な世界。

ノザイナー かたちと理由
2016年9月16日[金]―10月31日[月]
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京・銀座)
防災マニュアルの「東京防災」など、社会事象に関する解決策を提示するデザインチーム。

逆柱いみり凱旋個展「逆柱的福爾摩沙遊記 Imiri’s Formosa travel」
2016年9月24日[土]―10月10日[月・祝]
タコシェ(東京・中野)
展示のために訪れた台北を描いた新作など。久々の画集の販売も。造本が良い。

株式会社カラー10周年記念展
2016年11月23日[水・祝]―11月30日[水]
ラフォーレミュージアム原宿(東京・原宿)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズの原画や設定資料など。2ヶ月後だけど楽しみ。
 

[メモ]

10年振りに北海道のライジング・サン・ロック・フェスに行きました。

>>2016/08/12〜13:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO|パラグラフ

9月4日は、初めてのハロプロ研修生発表会に行きます。振り幅が大事。

メモ用に書き留めていたネタをこれからいくつか記事にします。
春から夏にかけての仕事も紹介しようと思ってます。
原宿のカフェシーモアグラスが20周年を迎え、そのCDをデザインしました。
参加者の顔ぶれがすごいです。こちらも追ってお知らせします。
>>特設サイト
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2016・8~]

[2016/09/05追記]

9月の研修生発表会〈SINGING〉昼に行ってきました。置き場が決まるまでここにルポを載せます。
▼握手会で何話そうかみたいな細かい事を全く気にせず、純粋に競技としてパフォーマンスを楽しめた。
▼端的に言って全員良かった。モーニング娘。’16が野球としたら、研修生はサッカー位の違いがある。
▼歌で印象に残った(こぶ除く)=堀江、井上ひ、清野、米村、段原、秋山
▼ダンス&存在として印象に残った(同)=前ここ、堀江、清野、高瀬、加賀、一岡、小野瑞、野口
▼現場でひと際人気が高く声援が大きかったのが小野田紗栞さん。
▼℃-ute9/10土の研修生選抜(加賀、一岡、堀江、前田、金津)はポスト℃-uteとしてデビュー可。
▼個人技として前に出ていなくても影で支える層も含めると、2、3組はデビュー可能なレベル。
▼川村文乃ちゃんは写真がいち早く完売し、人気の高さを感じさせた。
 新人6人の中でもダンスレベルは高かったが、6人全員の力が伯仲していて見分けが付きにくいほど。
▼演者が多いので双眼鏡があると便利か。
▼エントロピー的な意味で、研修生>>つばき>>…の順に面白さを感じた。世間的な評価とは逆。
▼研修生発表会は、つんく曲の良さを再認識できる場でもあった(つばき「独り占め」含む)。





シェアする