Dear アッコちゃん展

矢野顕子さんのレコードデビュー40周年にちなみ、原宿のカフェシーモアグラスで2017年1月3日まで開催されている「Dear アッコちゃん展」に、矢野顕子さんにまつわる資料と15年ほど前に描いた小さな絵を展示させてもらってます。

1998年から2006年までの間にデザイン企画編集として関わったさとがえるコンサートのパンフレット。2000年に、HMVのフリーペーパー誌上で一年間限定で連載された「月刊アッコちゃん・HMV the music master版」全12回分の誌面デザイン(店内で自由に閲覧できます)。そして、イラストレーターを目指してパレットクラブスクールで学んでいた2001年に、講師だったイラストレーター上田三根子さんへのトリビュート作品として、さとがえるコンサートパンフの絵本『わたしはラーラ』をモチーフに描いた小さな作品「わたしとラーラ」(+参加作家によるアッコちゃんへのファンレター)を展示しています。

そのほかにも、デビュー当初からのレコードジャケット、宣材、ポスター(『JAPANESE GIRL』からMIDI時代の貴重な資料)、田村セツコさんほかの作家による矢野さんをイメージした絵や雑貨などが店内に所狭しと並び、期間中のシーモアグラスはアッコちゃん一色に彩られています。初期のジャケットや宣材のデザインはどれも尖っていて、現役のデザイナーやイラストレーターにとっても大きな刺激となるに違いありません(展示設計は沢田節子さん)。店内では記念本『やのぴあ』も販売しています。

矢野顕子さんのマネージャーから当時勤めていた会社(音楽プロダクション内の編集セクション)に、さとがえるコンサートパンフの制作依頼をいただいたのは、1998年の秋でした。ぼくがゼロからデザインの道に入って社内の仕事を細々と始めるようになってからまだ間もない頃で、さとがえるパンフの仕事がほとんど初めての外部からの大きな依頼でした。コンサートパンフレットでありながら本格的な絵本(朗読CD付)として制作された1999年の『わたしはラーラ』(矢野顕子・作/上田三根子・絵)は、翌年に続編(『はたらくラーラ』)も作られるなど好評を得て、いまの自分の絵本仕事の礎にもなっています。矢野さんの仕事を基点としてぼくの仕事上の人脈や経験は大きく広がっていきました。矢野さんの40年間の中でもほんの小さなご縁ではありますが……本当に感謝しかありません。
 

 
Dear アッコちゃん展
2016年12月12日[月]─2017年1月3日[火] *毎週土+元旦休
カフェシーモアグラス (東京・原宿)

参加作家:安食史子、unpeu、Salam×2 愛甲恵子、沢田藍子、下山ワタル、田村セツコ
協力:下山ワタル、ブルース・オズボーン、MIDI INC.、茂木忠和(Green House)、山本ひろみ(新宿文化センター)
企画:シーモアグラス「Dear アッコちゃん展」実行委員会 坂本織衣/沢田節子/石黒由紀子

 
>>「Dear アッコちゃん展」はじまりました。|カフェシーモアグラス ブログ

>>わたしはラーラ|Works|パラグラフ
>>はたらくラーラ|Works|パラグラフ
>>Akiko Yano Songbook|Works|パラグラフ

0




シェアする