これから行くかもしれない展覧会[2017・8~]

これから行くかもしれない展覧会[2017・8~]

『いのちのたべもの』絵本原画展
2017年7月19日[水]~8月20日[日]
ブックハウスカフェ(東京・神保町)
中川ひろたか・文、加藤休ミ・絵の食育絵本原画展。東京3回めの巡回。

池田学展「誕生」
2017年7月26日[水]~9月9日[土]
ミヅマアートギャラリー(東京・市ヶ谷)
東日本大震災がきっかけで生まれた「誕生」を中心に。必見。

YUGO.「GIRLS」
2017年7月28日[金]~8月16日[水]
トーキョー カルチャート by ビームス(東京・原宿)
Suchmosのライブグッズなどを手がけるアーティスト。

Chim↑Pom「Sukurappu ando Birudo プロジェクト 道が拓ける」
2017年7月29日[土]~8月27日[日]
キタコレビル(東京・高円寺)
新宿歌舞伎町の「また明日も観てくれるかな?」の続編。Chim↑Pom通りを公開。

陶芸↔現代美術の関係性ってどうなってんだろう?~現代美術の系譜に陶芸の文脈も入れ込んで
2017年8月3日[木]~8月30日[水] *日月祝休
カイカイキキギャラリー(東京・広尾)
村上隆キュレーションにより、もの派からスーパーフラットまでの美術史を陶芸を軸に読み解く。

梶井基次郎 檸檬 装丁展
2017年8月4日[金]―8月9日[水]
オーパ・ギャラリー(東京・表参道)
シライケン君の檸檬、いいですねー。

ひろせべにミニ作品展「プカポンの思い出」
2017年8月4日[金]~8月19日[土] *日月火休
喫茶橙灯(神奈川・青葉台)
小さな作品を10点ほど展示。シーモアグラスでおなじみの画家さん。

おなみだぽいぽいと後藤美月装画原画展
2017年8月9日[水]~8月22日[火]
青山ブックセンター本店(東京・表参道)
新作絵本『おなみだぽいぽい』と仕事で取り組んだ装画の原画展。必見です。

石川直樹 写真展「いつでもどこでも写ルンです」
2017年8月11日[金・祝]~8月24日[木]
FUJIFILM SQUARE(東京・六本木)
手持ちのカメラが全て壊れ、残った防水の写ルンですで撮れた写真ってすごいな。

三人の装丁
2017年8月18日[金]~9月18日[月・祝] *月火休(祝日除く)
OFS Gallery(東京・広尾)
菊地敦己、服部一成、葛西薫の装丁。こりゃ見ないわけにはいかないです。

[メモ]

4月ごろから(あるいは昨年末くらいから)続いてきたトンネルの中の日々。結局、8月まで全力で走り続けてきて、ようやく遠くに明かりの気配が見えてきたような……。あまりトンネルとか良くないたとえに自分の状況を重ねるのもいけないと思いつつ、そういう意味でもやっと客観性が出てきた気もします。

最近の政治の世界を象徴として、「えっ!?」と驚くような、それまでの常識が通用しない不条理な出来事が世の中にも自分の身辺にもたくさん起こっていて、時々めげそうになります。条理、道理、常識……それらを強くするためには、自分にとっての「正しさ」を大事にするだけではなく、言葉を媒介にして思いを自分の外側へと解き放つことが必要です。忙しい中でも小さな対話ができると、心に共感という名の細い通路が生まれたように感じられてホッとします。……なんだか数か月後に読み返してみたら、この時期弱っていたんだなあと思えるような文章でした 🙂

>>これから行くかもしれない展覧会[2017・7~]

これから行くかもしれない展覧会[2017・7~]

これから行くかもしれない展覧会[2017・7~]

奈良美智がつくる 茂田井武展 夢の旅人
2017年5月19日[金]~8月20日[日]
ちひろ美術館・東京(東京・上井草)
奈良美智が“今も「新しい」と感じる”茂田井武のセレクション。

Andy Warhol
2017年6月23日[金]~7月11日[火]
日動画廊本店(東京・銀座)
有名な長谷川智恵子氏の自画像3種と、マリリン、キャンベルスープなど30点。

ハイレッド・センター
前期:2017年6月23日[金]―7月13日[木]
後期:2017年7月15日[土]―8月5日[土]
ユミコチバアソシエイツ(東京・新宿)
人生で最初に影響を受けたアーティスト。これもアート、という驚き。

川内倫子「Halo」
2017年6月30日[金]―7月23日[日]
POST(東京・恵比寿)
オールデジタル。渡り鳥や祭りの幻想的な映像。森岡書店での展示も。

無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ
2017年6月30日[金]~8月27日[日]
無印良品 有楽町 ATELIER MUJI(東京・有楽町)
先日はフライングタイガーとくらべていた😁。今回は適法な企画。

登山博文 「部屋|光」
2017年7月1日[土]~7月29日[土]
タカ・イシイギャラリー東京(東京・六本木)
要素を極限まで減らしていった先に見える光景。

2017 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
2017年7月1日[土]~8月13日[日]
板橋区立美術館(東京・西高島平)
絵本のイメージをはるかに超えた自由な絵に出会える場。

『いのちのたべもの』絵本原画展@よもぎBOOKS
2017年7月5日[水]~7月17日[月・祝]
よもぎBOOKS(東京・三鷹)
中川ひろたか・文、加藤休ミ・絵の食育絵本原画展。一度行ってみたかったお店。

特別賞展 特別賞6人によるグループ展
2017年7月7日[金]~7月12日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
各賞より注目している画家が何名かいます。

ウィスット・ポンニミット「LR展」
2017年7月7日[金]~7月30日[日]
六本木ヒルズA/Dギャラリー(東京・六本木)
アニメーション作品のインスタレーションとドローイング。左か右か。

中林忠良×CORNELIUS Mellow Waves展
2017年7月8日[土]~7月15日[日]
KATA(東京・恵比寿)
コーネリアス『Mellow Waves』のジャケット原画と新作版画、グッズの販売など。

荒木経惟 写狂老人A
2017年7月8日[土]~9月3日[日]
東京オペラシティアートギャラリー(東京・初台)
この展示のための最新作を中心に1000点以上。旺盛な写真欲。

ヨーロッパの木の玩具(おもちゃ)―ドイツ・スイス、北欧を中心に
2017年7月8日[土]―9月3日[日]
目黒区美術館(東京・目黒)
ネフ社のシンプルな積木から、工芸品レベルのクラフト玩具まで。

AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展
2017年7月8日[土]~10月1日[日]
パナソニック 汐留ミュージアム(東京・新橋)
国内初個展。展示タイトルが深澤さんのデザインの本質を言い当てている。

SQUAD presents「SCENES」
2017年7月12日[水]~7月17日[月]
Basement GINZA(東京・銀座)
岸田哲平と三島タカユキによるZINEの先行企画展。がんに見舞われた三島さんへのドネーションも。

KIGI WORK & FREE
2017年7月16日[日]~9月24日[日]
宇都宮美術館(栃木・宇都宮)
KIGI(植原亮輔・渡邉良重)のコマーシャルワークとプライベートワークを紹介。

長谷川 朗 個展 スペースワールド vol.2
2017年7月18日[火]~7月31日[月]
月光荘サロン 月のはなれ(東京・銀座)
色と面と、一貫した世界観。絵本やアニメにも向いてそう。

日本の家 1945年以降の建築と暮らし
2017年7月19日[水]~10月29日[日]
東京国立近代美術館(東京・竹橋)
安藤忠雄、伊東豊雄、隈研吾など多数の建築家による、日本の住宅建築を紹介する展示。

総合開館20周年記念 荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-
2017年7月25日[火]~9月24日[日]
東京都写真美術館(東京・恵比寿)
過去から現在へ、また未来へも続く、妻・陽子とのセンチメンタルな旅。

[メモ]

仕事に長期間“囚われる”経験を久々にしました。数年に一度か二度そういう仕事に遭遇することがあり、それはフリーランスとして働く以上必ず織り込むべきリスクなのかもしれません。でも、時に後々まで尾を引いて心身両面の不調につながったりすることもあるので、油断は禁物です。

デザインの仕事を長く続けていると、時々“ミスマッチ”ということがあります。たとえば、(自分の例ではありませんが)ロゴデザインが本職ではないのに頼まれる、とか、違う業種の方から仕事の依頼が来る、とか。いわゆる「守備範囲外」の仕事は大変なこともたくさんあるけど、それまで気づかなかった自分の新しい扉が外側から開かれるチャンスといえます。自分自身も積極的に引き受けることによって得難い経験を重ねたり、ある意味ミスマッチを“マッチ”に替え、ここまで守備範囲を少しずつ広げていくことができました。

その一方で、本当に残念な意味でのミスマッチも度々あります。仕事相手に敬意を払えていない(実質的に誰でもよかった)状態での依頼はお互いにとって不幸であるうえに、デザインのゴール共有という最大の目標達成すら難しくなってしまいます。

やりたいことだけをやり、やりたくないことは決してやらない。職務としての毅然とした姿勢や一貫性を徹底して保つことにより、他者とマッチする部分が研ぎ澄まされ(狭くなり)、悪い意味でのミスマッチな仕事を寄せ付けなくなるということは確かにあるだろうと思います。それで仮に一時的に仕事量が減ったとしても、やがて自分の考えやテイストに近い仕事が集まってくるようになるはずです。

もうひとつは冒頭にも記したように、長く仕事を続けていく上でのリスクと割り切って、トラブルに負けない交渉力やタフな精神を準備しておくとか、ストレスに流されて夜更かしや暴飲暴食をしないといった自己管理を普段から心がけること。……当たり前のことですが、これは自分自身の経験にもとづく痛切な反省でもあります。いざとなれば、自分が困るだけではなく家族も悲しみます。おかげで、いまではどんなに忙しくても、突然体調を崩したりするようなことはなくなりました。

6月30日の嗣永桃子ラストライブの感想は、いずれまたの機会に(只今執筆中)。

>>これから行くかもしれない展覧会[2017・6~]

これから行くかもしれない展覧会[2017・6~]

これから行くかもしれない展覧会[2017・6~]

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展
2017年4月29日[土・祝]―6月25日[日]
Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)
やはり観に行かなきゃ。盗み撮り的な視点と構図がおしゃれ。

佐藤直樹展「秘境の東京、そこで生えている。」
2017年4月30日[日]―6月11日[日]
3331 Arts Chiyoda(東京・末広町)
やはり観に行かなきゃ。デザインじゃなくなる/止まらなくなる、の2つが興味深い。

磯崎新 一本の線
2017年5月19日[金]~7月8日[土]
MISA SHIN GALLERY(東京・白金高輪)
建築家が描く、イメージを掻き立てるドローイング。

奈良美智がつくる 茂田井武展 夢の旅人
2017年5月19日[金]~8月20日[日]
ちひろ美術館・東京(東京・上井草)
奈良美智が“今も「新しい」と感じる”茂田井武のセレクション。

須藤由希子 一戸建て展
2017年5月20日[土]~7月1日[土]
TAKE NINAGAWA(東京・麻布十番)
久々の個展。家を描いた新作10点。⇒美術手帖

荒木経惟「写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写」
2017年5月25日[木]~7月1日[土]
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(東京・六本木)
デス・スターに向かって全力で疾走する後期高齢写の旺盛な創作欲。

林 青那 個展「点点」
2017年5月26日[金]~6月11日[日] *火曜休
dessin(東京・中目黒)
東京での個展は久しぶり。実験的小冊子「点点」の販売など。

「俺節」原画展(土田世紀)
2017年5月26日[金]~6月18日[日]
akasakaSacas サカス広場内 赤坂ギャラリー(東京・赤坂)
なぜ今「俺節」?と思ったら、関ジャニ∞の“やしゅだしゃん”主演で舞台化。原画300点以上。

Mogu Takahashi exhibition「Little Tiny」
2017年5月27日[土]~6月2日[金]
あお山ヒュッテ(東京・表参道)
東京では久しぶりの個展。カードやZineも販売。

中原昌也 個展
2017年5月27日[土]―6月25日[日]
WAITINGROOM(東京・恵比寿)
コラージュとペインティング、ドローイングを駆使した新作。

ヴァージニア・リー・バートンの「ちいさいおうち」―時代を超えて生き続けるメッセージ―
2017年6月1日[木]~8月9日[水]
ギャラリーA4(エークワッド)(東京・東陽町)
ちいさいおうち、だから竹中工務店系列のギャラリーA4で、なのか。

I WANT TO SEE THIS MODERN WORLD. TOKYO PHOTOS BY MIKE MILLS
2017年6月2日[金]~6月14日[水]
トーキョー カルチャート by ビームス(東京・原宿)
来日時に撮った東京の風景写真。映画「20センチュリー・ウーマン」にちなんだ企画。

田中偉一郎 連載個展 1st「僕の芸術は君の芸術と同じ芸術だ」
2017年6月2日[金]~6月25日[日]*金土日のみ
TS4312(東京・四谷三丁目)
個展タイトルにノックアウトされた。本当にそのとおりだと思う。

後藤美月 個展「あるいみなくある」
2017年6月3日[土]~6月14日[水]
メリーゴーランド京都(京都・河原町)
新作と絵本『おなみだぽいぽい』の販売。西に向かって赤いペンライトで応援。

はらぺこめがね展覧会「おいしいふうけい」
2017年6月7日[水]―6月18日[日]
QuantumGallery&Studio(東京・都立大学)
去年は娘と娘の友だちと観に行った。つまんで食べたくなる絵。

荒木経惟「花遊園」
2017年6月10日[土]~6月29日[木]
エプソンイメージングギャラリー エプサイト(東京・新宿)
夏までに多数開かれるアラーキーの展示のひとつ。花と人形のシリーズ。

「アミ」展 網中いづる+別府竹工芸研究所
2017年6月12日[月]~6月24日[土]
ピンポイントギャラリー(東京・表参道)
ドローイングと別府の竹カゴとの共作。面白い。

村尾 亘/作・絵 『空をつくる』原画展
2017年6月15日[木]~7月5日[水]
ギャラリー山陽堂(東京・表参道)
細かく緻密に描かれているのにゆるさも感じる絵。小さい書房の新刊。

柏田テツヲ写真展「MOTEL」
2017年6月16日[金]~6月25日[日]
AL(東京・恵比寿)
1969年に切らしたはずのスピリットがまだここにある感じ。作者のサイトの写真が良い。

馬場わかな写真展「人と料理」
2017年6月21日[水]~6月27日[火]
ニーディ・ギャラリー(東京・渋谷)
新刊『人と料理』からのプリント60点。

『いのちのたべもの』絵本原画展
2017年6月22日[木]~7月4日[火]
Mucchi’s Cafe(東京・高円寺)
「食」をテーマにした、中川ひろたか・文、加藤休ミ・絵の新刊絵本原画展。

荒木経惟「東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館」
2017年6月22日[木]~7月23日[日]
シャネル・ネクサス・ホール(東京・銀座)
史上最高に美しい死ぬ死ぬ詐欺。ギメ東洋美術館のコレクションとともに。

AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展
2017年7月8日[土]~10月1日[日]
パナソニック 汐留ミュージアム(東京・新橋)
国内初個展。ある時期以降の日本のデザインに大きな影響を与えた人。

[メモ]

新しい仕事のお知らせを2件更新しました。

中川ひろたか・文、加藤休ミ・絵。「食」の大切さをテーマにした、親子で読む食育絵本。
>>絵本『いのちのたべもの』|パラグラフ

鈴木翼、ロケットくれよんほか5組が作るあそびうたや体操を収録した、CD+振付+楽譜集。
>>HoickCDブック ちょっとだけ体操|パラグラフ

あと、随分時間が経ちましたが、ハロプロ研修生の2017公開実力診断テストの感想を書きました。
>>Hello! Project 研修生発表会2017 〜春の公開実力診断テスト〜 に行ってきた|パラグラフ

HELLO!という新しいカテゴリーを設けました。

それと、昨年9月に浮かんで以来、この欄で匂わせている「夢」の話ですが、3歩くらい進みました。着想の時点からかなり前に進んだ実感があります。まだ大分先になりそうですが、いいお知らせができれば、と……。

5月15日のアンジュルムと26日のモーニング娘。’17、2つの武道館公演の感想は、いずれまたの機会に。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2017・5~]

これから行くかもしれない展覧会[2017・5~]

これから行くかもしれない展覧会[2017・5~]

坂本龍一|async|設置音楽展
2017年4月4日[火]―5月28日[日]
ワタリウム美術館(東京・外苑前)
ダムタイプ高谷史郎と共同で、新作および教授の音世界を展開するインスタレーション。

ロジャー・ディーン/Dean Family Exhibition 「アニマ・ムンディ」
2017年4月7日[金]〜5月19日[金]
コートヤードHIROO(東京・広尾)
あのイエスのジャケット画家がテトリスのロゴデザインを手がけていた事実にまず驚いた。

猪熊弦一郎|WALLS IN N.Y.C.
2017年4月18日[火]〜4月30日[日]
ユトレヒト(東京・原宿)
初の写真集より。NYの「グラフィティ・アート」以前の壁の落書き。興味深い。

鬼頭祈 STRAWBERRY FIELDS FOREVER
2017年4月21日[金]〜4月30日[日]
ブックギャラリーポポタム(東京・目白)
日本画の技法で、いちごと小人を描く。人のデフォルメがいい。

「水の三部作 2」アブラハム・クルズヴィエイガス展
2017年4月21日[金]〜7月2日[日]
銀座メゾンエルメス フォーラム(東京・銀座)
日常のものを素材にしたランダムでありつつ統制された色彩感覚が面白い。

濱田英明写真展「ONE DAY – LIFE WITH A DOG – 」
2017年4月22日[土]〜5月14日[日]
BOOK AND SONS(東京・学芸大学)
犬との暮らし、を捉えた写真集からの展示。前作『ハルとミナ』も大好きだった。

横尾忠則 HANGA JUNGLE
2017年4月22日[土]〜6月18日[日]
町田市立国際版画美術館(東京・町田)
過去に制作したほぼすべての版画作品約250点を展示。

Penguin’s Vacation Restaurant 2017 “T・R・O・P・I・C・A・L-L・A・N・D・S・C・A・P・E”
2017年4月23日[日]〜6月26日[月]
CAY(東京・表参道)
永井博作品のうちトロピカルなイメージのものを集めた原画展。

創作あーちすと NON 展覧会
2017年4月24日[月]
3331 Arts Chiyoda B104(東京・末広町)
情報が不確定なのでしばらく載せてなかったけど、本当に一日だけの展示だった。

『雪は西からやって来る』(東出昌大・町口覚・田附勝)
2017年4月24日[月]〜5月21日[日]:後編
VACANT/GALERY(東京・原宿)
俳優、デザイナー、写真家、三者の旅から生まれた写真集からの展示。

奥山由之写真展「君の住む街」
2017年4月27日[木]〜5月7日[日]
表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー(東京・表参道)
女優35人をポラロイドで撮影。広瀬すずってポラでも可愛いんだな、とか。デザインを服部一成が担当。

多田玲子個展「あかるい闇 はなしかけやすい雲」
2017年4月27日[木]〜5月9日[火]
にじ画廊(東京・吉祥寺)
多忙玲子こと多田さんの久々の個展。牧子かあさんの組紐ワークショップも。

柳本浩市展「アーキヴィスト ー 柳本さんが残してくれたもの」
2017年4月29日[土・祝]―6月4日[日]
six factory(東京・自由が丘)
Glyph名義でコレクター精神を生かした多数のプロジェクトに関わり、昨年急逝。

平岡瞳 版画展 「銀座」
2017年5月1日[月]〜5月16日[木]
K.Itoya B1(東京・銀座)
銀座をテーマにした版画作品。

なかのひとよ BLACK BOX
2017年5月6日[土]〜6月10日[土]
art & science gallery lab AXIOM(東京・六本木)
[追記]展示と手法が問題視されているそうです。閉鎖空間での痴漢などの事例も。

こうの史代「この世界の片隅に」原画展
2017年5月13日[土]〜5月30日[火]
タワーレコード渋谷店8F SpaceHACHIKAI(東京・渋谷)
東京ではなかなか開かれなかった待望の「この世界」展。原画と多数の資料とともに展示。

総合開館20周年記念 TOPコレクション「いま、ここにいる」 平成をスクロールする 春期
2017年5月13日[土]〜7月9日[日]
東京都写真美術館(東京・恵比寿)
佐内正史「生きている」、ホンマタカシなど、ぼくが写真に興味を抱いた平成以降の作品。

嶽 まいこ展『よる め が さめたら』
2017年5月17日[水]〜6月4日[日]
ヨロコビtoギャラリー(東京・西荻窪)
コミックの分野で活動しつつ絵本にも通じる豊かな絵の世界を展開している、と個人的に思う。

吉田昌平「新宿(コラージュ)」展
2017年5月19日[金]〜6月4日[日]
B GALLERY(東京・新宿)
森山大道「新宿」をカットアップ/コラージュ。元の作品の猥雑さがより強烈に。

HITO個展「はっとする、ほっとした、物いろいろ」
2017年5月19日[金]〜5月24日[水]
オーパ・ギャラリー(東京・表参道)
色鉛筆で描かれた、余白のあるほっとする絵。

開館40周年記念Ⅱ 企画展「奈良美智がつくる 茂田井武展 夢の旅人」
2017年5月19日[金]〜8月20日[日]
ちひろ美術館・東京(東京・上石神井)
奈良美智のセレクトによる茂田井武。必見。高畑勲セレクトのいわさきちひろ展も同時開催。

林 青那 個展「点点」
2017年5月26日[金]〜6月11日[日] *火曜休
dessin(東京・中目黒)
東京での個展は久しぶり。実験的小冊子「点点」の販売など。

Picasso Ceramics 不変の色彩を求めて
2017年6月8日[木]〜6月29日[木]
NUKAGA GALLERY(東京・銀座)
ピカソが晩年、60歳台から始めた陶芸の世界。

[メモ]

4月は本当に忙しくて、観たかった展示がほとんど見られていません。5月はどうかな…。
前ここに書いた「夢」の話に事実上のゴーサインが出ましたが、企画書をまとめる時間もなく…。
落ち着いたら、また追記します。
(実力診断テスト、2階席……それでも一票は一票)
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2017・3/4~]

これから行くかもしれない展覧会[2017・3/4~]

これから行くかもしれない展覧会[2017・3/4~]

花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼
2017年2月11日[土・祝]―4月9日[日]
世田谷美術館(東京・用賀)
『暮しの手帖』や装幀など、花森安治の生涯とその仕事を振り返る大規模回顧展。

草間彌生 わが永遠の魂
2017年2月22日[水]―5月22日[月]
国立新美術館(東京・乃木坂)
「わが永遠の魂」シリーズを中心に130点。2011年に松本市で観て以来。

安食史子個展「おめでとう、まあたらしい はる の あじ」
2017年2月26日[水]―3月5日[日]
シーモアグラス(東京・原宿)
シーモアグラスのメニューの手描き文字を担当している画家さん。絵も素晴らしいです。

坂崎千春展 ペンギン百態Ⅱ
2017年3月1日[水]―3月7日[火]
新宿伊勢丹本館 5階=アートギャラリー(東京・新宿)
Suicaでおなじみのペンギン+いきものをモチーフにした100点の新作。

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び
2017年3月3日[金]―3月31日[金]
見本帖本店(東京・神保町)
スイス・グラフィックデザインの神。2期に分けて25点のポスターを展示。

宮島達男 「LIFE (complex system)」
2017年3月3日[金]―4月22日[土]
SCAI THE BATHHOUSE(東京・根津)
テレ朝の作品が消えてから、観るのは久しぶり。

荒井良二「See More Glass もっと かがみ みてちゃん」
2017年3月8日[水]―3月24日[金]
シーモアグラス(東京・原宿)
荒井さんがシーモアグラスのために描いた絵と、ほぼ日「やさしいタオル」原画など。

「窓に明りがともる。」出版記念展示〜川上尚見・小西康陽・真舘嘉浩
2017年3月10日[金]―3月12日[日]
kit gallery(東京・原宿)
写真ととデザインと小西さんの言葉。数年前に好評だった展示作品の出版記念展。

五木田智央 「Holy Cow」
2017年3月18日[土]―4月15日[土]
タカ・イシイギャラリー 東京(東京・六本木)
META FIVE〜TOWA TEI作品で再び多くの人の知るところとなった作家の最新作。

パウロ・モンテイロ展 「The outside of distance」
2017年3月18日[土]―4月22日[土]
小山登美夫ギャラリー(東京・六本木)
2017年3月18日[土]―4月23日[日]
MISAKO & ROSEN(東京・大塚)
ブラジルのアーティスト。色彩と余白の感覚が心地よい。

横山裕一「火山」
2017年3月22日[水]―4月7日[金]
ユトレヒト(東京・原宿)
立石大河亞の絵画を模写引用して作られた漫画作品。ガラクタオタカラ市も開催。

それで君を呼んだのに 忌野清志郎を想う
2017年4月2日[日]―5月2日[火]
シーモアグラス(東京・原宿)
今年で4回目。新参加のアーティストは後藤美月、細馬宏通、角田光代。ほかにも新作多数。

第19回 亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」
2017年4月4日[火]―5月20日[土]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
日本橋高島屋のAUDREY、一度行ってみたいです。白金のOFS Galleryでも原画展を同時開催。

本多康司写真展 madori
2017年4月1日[土]―4月14日[金]
HIKE(東京・中目黒)
新作写真集からの展示。無条件に好きなタイプの写真。

坂本龍一|async|設置音楽展
2017年4月4日[火]―5月28日[日]
ワタリウム美術館(東京・外苑前)
ダムタイプ高谷史郎と共同で、新作および教授の音世界を展開するインスタレーション。

『写狂老人A』アラーキー @ISETAN 後期高齢書
2017年4月5日[水]―4月11日[火]
伊勢丹新宿店5Fアートギャラリー(東京・新宿)
時々個展や写真集でも見られるアラーキーの書の展示。

宮島達男 “Counter Drawing”
2017年4月8日[土]―5月21日[日]*土日のみ
CAPSULE(東京・池尻大橋)
タイトル通りの数字が飛び交うドローイング作品。

片山正通的百科全書 Life is hard… Let’s go shopping.
2017年4月8日[土]―6月25日[日]
東京オペラシティ アートギャラリー(東京・初台)
あの村上隆@横浜美術館を彷彿させるようなクリエイティブの源泉を開示するコレクション。

石塚元太良|パノラマ
2017年4月11日[火]―4月16日[日]
スパイラル(東京・表参道)
DMのポストカードが物凄い。ぜひ手に取って見てほしいです。

宮沢和史 詩写真展『琉宮百景』~りゅうぐうひゃっけい~
2017年4月14日[金]―4月23日[日]
Island Gallery(東京・京橋)
この世にある竜宮城のような「琉宮」(りゅうぐう)を捉えた写真と琉球形式の詩の展示。

ライゾマティクス創設10周年記念展 Rhizomatiks 10
2017年4月19日[水]―4月30日[日]
スパイラルガーデン(東京・表参道)
新体制に突入したライゾマティクスの10年記念展。新しい姿を見せてくれるはず。

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展
2017年4月19日[水]―5月8日[月]
松屋銀座8階イベントスクエア(東京・銀座)
先日逝去したブルーナのデザイナーとしての側面に光を当てた展示。

坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス
2017年4月19日[水]―7月16日[日]
TOTOギャラリー・間(東京・乃木坂)
「逆・逆さ富士」の富士山世界遺産センターなど、世界で制作中の建築を紹介。

篠山紀信写真展 LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN
2017年4月29日[土]―5月14日[日]
アツコバルー(東京・渋谷)
着眼点が見事。《本展には、性的な表現が含まれておりますので……》。

柳本浩市展「アーキヴィスト ー 柳本さんが残してくれたもの」
2017年4月29日[土]―6月4日[日]
six factory(東京・自由が丘)
Glyph名義でコレクター精神を生かした多数のプロジェクトに関わり、昨年急逝。

[メモ]

4月始まりの展示にも観たいものが多かったので、今回だけ3・4月分を一気に紹介します。
随時追加していきますし、先月紹介した分もあわせてチェックしてみてください。

2月のカントリー・ガールズ小関舞バースデーライブとモーニング娘。13期イベント、
どちらも最前中央で観ることができて、今年の運を早くも使い果たした話は、いずれまたの機会に。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2017・2~]