わかったさんとおかしをつくろう!

お菓子作りをテーマにしたあかね書房の人気童話「わかったさんのおかしシリーズ」。その30周年を記念した26年ぶりの新刊となるレシピ集+絵本『わかったさんとおかしをつくろう!』(寺村輝夫・永井郁子、あかね書房・刊、全3巻)のブックデザインを担当しています。
 


 


 


 

クリーニング屋の女の子“わかったさん”が行く先々で不思議な世界に巻き込まれるたびに、ケーキやお菓子を作ってピンチを切り抜けるお話。とくに女性の方には、下は現役小学生から上はかつて小学生だった方々まで、姉妹本の「こまったさん」シリーズを含めてとても愛されているようで、うちの娘に至っては、今度わかったさんの仕事をするよ、という話をしたら「パパ、これから有名になるよ」という謎の預言が返ってきたほどでした…)。「わかったさん」から印象的なエピソードをピックアップした絵本パートと、新たに考案されたものも多数含むレシピパートからなるオールカラーの楽しい本になりました。

キャリア等を考えると信じられない話ですが、作画の永井郁子さんはすごいPhotoshopの使い手で、今回の絵も、過去の原画と手描きで新しく描いた絵をAdobe Photoshop上で再構成して着色したものだそうです。素材や基本的なアイデアについては永井さんと編集部にお任せし、こちらでは全体のデザインと表紙タイトル回りの設計などを行いました。タイトルの飾り罫は、それぞれのお話の内容をモチーフにイラストとグラフィックの中間のアートワークを制作しました。また、タイトルや見出しの文字に、前から使いたかったタイプバンクのかな書体「TBかナ-白のアリス」を使用しています。
 

 
わかったさんの こんがりおやつ(→Amazon.co.jp
わかったさんの ひんやりスイーツ(→Amazon.co.jp
わかったさんの ふんわりケーキ(→Amazon.co.jp
寺村輝夫/原文 永井郁子/企画・構成・絵
あかね書房
発売中
各1200円+税(定価)

春休みと重なる期間に、東京では初めてとなる原画展が開催されることになりました。永井郁子さんのサイン会も開かれます。

「わかったさんと おかしをつくろう!」原画展
2018年3月16日[金]─4月16日[月]
丸善 丸の内本店 児童書売り場 (東京・東京)

[2018/5/11追記]

東京では2回目の原画展が三鷹のよもぎBOOKSで開かれます。
最終日には永井郁子さんのサイン会・おはなし会と手づくりお菓子の販売(みたかおかしまつり)も。

「わかったさんと おかしをつくろう!」原画展 in よもぎBOOKS
2018年5月13日[日]─5月27日[日]
よもぎBOOKS (東京・三鷹)

 
関連記事

>>あかね書房の「わかったさんと おかしをつくろう!」特集ページ。

>>あかね書房の書籍紹介ページ(こんがりおやつ)。イベントへのリンクも。

>>わかったさん公式ツイッター

>>著者の永井郁子さんのホームページの特設サイト。3巻セットのボックスの画像も。

>>【懐かしい!】あの『わかったさん』に26年ぶりの新刊が出てたぞ~ッ / 総集編&新作レシピもいっぱい! 大人が読んでもワクワクが止まらない!!|ロケットニュース24

沢井メグさんによる紹介記事。
ツイッターにはなんと1666RT!





シェアする