第10回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート

毎年チラシ等のお手伝いをしている吹奏楽団harmonize(ハーモナイズ)のコンサート。今年でついに10回目を迎えます。

 
実は、前回の第9回をもって、チラシやプログラムその他のデザイン担当から降ろさせていただこうと考えていました。主催の藤井君にもその旨をお伝えし、第9回の本番で配られたプログラムにも送別の言葉まで頂いたほどでした。後任のイラストレーター/デザイナーについても、アートワークをお願いするにふさわしい方を指名し(竹内巧さんです。この場を借りて改めてありがとう)、実際に引き継ぎのための打ち合わせまでしていました。

 
にもかかわらず寸前で撤回させていただいたのには、ごく個人的な理由がありました。

 
去年のチラシを制作する時期、もう描くということへの喜びが見いだせなくなってしまい、自分はこれからデザインの仕事に徹しようと思ったのでした。描くことにまつわる行為を全て切り離そうと考え、少ない仕事もほかの人に譲ろうとしました。そうやって一旦描くことを全部断つと決めてから季節がひとつ過ぎたある日、ふとハードディスクに保存された過去の作品を先入観なく眺めるうち、これは案外悪くないかも、という感覚が訪れたのです(詳しくは、instagramアカウントのお知らせ|パラグラフ を参照)。

描くことは自分にとってのひとつの財産だから、決して手放してはいけない、と程なくして気付き、吹奏楽のバンマス藤井君や後任に予定していた竹内さんにも、お詫びの気持ちを伝えて復帰することになり、再び「描くこととデザインの中間地点」を目指して制作したのが第10回のアートワークです。

 
今回は、楽譜や楽器などの音楽的な符牒から離れて、harmonizeという楽団が10年続いたことを花束でお祝いしました。10年続いたって簡単に言うけど、本当にすごいことなんです。プロフェッショナルではない楽団員ひとりひとりが、それぞれの仕事や学業に占有された日常の中でなんとか時間を作って練習を重ねて、ここまで続けてこれたこと。そのことを心から祝福したいと思いました。

それと、上に添えた「We are harmonize」のキャッチコピー。この仕事を再開するにあたっての藤井君とのミーティングの中で「10年も続いたらその場所は、家・家族のようなものだね」と話したことをヒントに、ぼくのほうで発案しました。普段は学生、会社員、親、先生……いろんな役割を演じて忙しく働く人々が、ここに来ればハーモナイズの一員になれる。そんな、帰属する場所、いつでも帰れるところ、の意味を、この短いコピーの中に込めました。

こんなふうに、描くことだけでなく、デザインすること、コピーなどのテキストや全体の構成までを、ひとつのかたまりとして表現する力が、これからの自分にとって他者と換えがたい固有の力になっていくのかもしれないな、と作りながら思ったりもしました。そういう力を長い間育て、自由に発揮させてくれたharmonizeという楽団とバンマスの藤井君には、感謝の気持ちで一杯です。

 
harmonize(ハーモナイズ)は東京都日野市を拠点に活動する吹奏楽団で、リーダーで指揮者の、中学や高校で音楽教師を務める藤井和夫君の教え子が中心となって集まり、演奏を続けています。毎年初夏にチャリティーコンサートを開き、児童養護施設出身の子どもたちをサポートする「NPO法人日向ぼっこ」への募金を行なっています。
 
コンサートは入場無料です。
お近くの方、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。
取材や問い合わせについては、彼らのウェブサイトをご覧になってください。

 
第10回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート
2018年7月1日[日]
13:30開場/14:00開演
ひの煉瓦ホール(日野市民会館)大ホール
入場無料
 

 

harmonize吹奏楽チャリティーコンサート FLYER/LEAFLET

>>harmonizeに関するブログ記事の一覧

harmonize公式ブログ
http://harmonize2008.blogspot.jp/

 
「元・丁稚」藤井和夫インタビュー|INTERVIEWS for land of music “the Rising”
http://d.hatena.ne.jp/theRising/20090618
――指揮の藤井君はかつて、ロックバンドHEATWAVEの伝説の「丁稚」でした。





シェアする