これから行くかもしれない展覧会[2018・4〜]

青木陵子: 三者面談で忘れてるNOTEBOOK
2018年3月17日[土]―4月28日[土]
TAKE NINAGAWA(東京・麻布十番)
好きな画家。前とだいぶ画風が変わった。生活や日常を感じる絵。

ハービー・山口写真展 TIMELESS IN LUXEMBOURG 1999
2018年3月21日[水・祝]―4月15日[日]*月火休
Books and Modern(東京・乃木坂)
1999年と、昨年2017年に再訪したルクセンブルクの街の風景と人の表情。

トヤマタクロウ「sight」
2018年3月22日[木]―6月22日[金]
テラススクエア(東京・神保町)
ミツメの仕事などで活躍する写真家。ハワイで撮影した大判写真からの展示。

それで君を呼んだのに 忌野清志郎を想う 2018
2018年4月2日[月]―5月2日[水]
カフェ シーモアグラス(東京・原宿)
今年で5回目の、清志郎を静かに想う作品展。

柚木沙弥郎の染色 もようと色彩
2018年4月3日[火]―6月24日[日]
日本民藝館(東京・駒場東大前)
これは素晴らしい。グラフィックそのものだと思う。

#Why Dig
2018年4月6日[金]―4月8日[日]
BY PARCO SHOP&GALLERY(東京・表参道)
ステッカー貼り放題のイベント。表参道のパルコ、通勤圏なのに行ったことがなかった。

第20回亀倉雄策賞受賞記念 「中村至男展2018」
2018年4月6日[金]―5月16日[水]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
シンプルを極めると強くなり、綺麗さとは異質なメッセージを放ち出す。

蓮沼執太: ~ ing
2018年4月6日[金]―6月3日[日]
資生堂ギャラリー(東京・銀座)
部分的には観て(聴いて)きたものの、まだ全体像が把握できてないアーティスト。

福田利之展|吉祥寺の森
2018年4月7日[土]―5月20日[日]
武蔵野市立吉祥寺美術館(東京・吉祥寺)
吉祥寺の「森」を描いた新作とこれまでの原画。イベントも目白押し。

原田治のイラストレーション展
2018年4月7日[土]―5月20日[日]
パレットクラブ・スクール(東京・築地市場)
故・原田治の功績を珍しい原画やグッズなどとともに振り返る企画展。

ブルーノ・ムナーリ こどもの心をもちつづけるということ
2018年4月7日[土]―6月10日[日]
神奈川県立近代美術館 葉山(神奈川・逗子)
ブルーノ・ムナーリ日本最大の回顧展、ということで遠いけど行きたいなあ。

秋永悠個展「ちいさなまち -My Little Town-」
2018年4月13日[金]~4月18日[水]
オーパ・ギャラリー(東京・表参道)
大人と子ども、ファンタジーとメルヘンが同居する不思議な世界を描くイラストレーター。

坂内拓個展「東京 tokyo」
2018年4月13日[金]~4月18日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
様々な媒体で活躍するイラストレーター。自分の昔の絵と近いセンスを持つ。

没後50年 藤田嗣治 本のしごと 〜 文字を装う絵の世界
2018年4月14日[土]~6月10日[日]
目黒区美術館(東京・目黒)
装画・挿画を手掛けた本の仕事と、絵画作品、ほっこりする書簡の絵など。

イチハラヒロコ「王子さまが来てくれたのに、留守にしていてすみません。」
2018年4月14日[土]~6月16日[土]
鎌倉画廊(神奈川・大船)
活動30周年記念。初期からずっと知っていたけど、展示は観たことがない。

五木田智央 PEEKABOO
2018年4月14日[土]~6月24日[日]
東京オペラシティ アートギャラリー(東京・初台)
小品を1点にまとめたインスタレーションや新作など。東京で観られる数少ない大規模展。

RiekoののLIFE展《ハルモニア》
2018年4月17日[火]~4月30日[月・祝]
クワランカ カフェ 吉祥寺(東京・吉祥寺)
安曇野在住の友人・桑はら理恵子さんが描く、ハート型の世界。

‘のん’ひとり展 -女の子は牙をむく-
2018年4月19日[木]~5月8日[火]
GALLERY X BY PARCO(東京・渋谷)
ちゃんとした規模の展覧会はたぶん初。図録も販売。

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然
2018年4月20日[金]~6月28日[木]
EYE OF GYRE(東京・明治神宮前)
綺麗。自分が最近絵で表現したいことと意外と通じるのかも。

チャン・ディック「Chai Wan Fire Station」
2018年4月21日[木]~5月12日[土]
CASE TOKYO(東京・渋谷)
上層階から覗いたミニマルな消防署の風景。最近知りすごく観たかった展示。

[メモ]

先月以降に更新した仕事のお知らせです。
佐藤剛さんの新刊『ウェルカム!ビートルズ』のブックデザイン。

>>ウェルカム!ビートルズ|パラグラフ

発売は昨年ですが、あかね書房『わかったさんとおかしをつくろう!』のデザイン。
元になったシリーズは30周年になる大ロングセラーで、現在も女性を中心にファンが多く、そのシリーズを未来につなぐような本になったと思ってます。

>>わかったさんとおかしをつくろう!|パラグラフ

 
いま、描くことを主体とした活動についてのプロジェクトをじっくりと進めているところです。そんな中で自分にとっての関心は、描くことだけでなく、そこで作ったものをどうやって届けるか、にも寄せられています。せっかく制作した作品がとても良いものだったとしても、見てくれる人のところにまで届かなければ、それは何もしてないのと同じだと個人的には思っています。

時間と才能と活動意欲がありあまるほどあって……という人ならば何も考えず、描くことにまっすぐ向かうべきです。でも、デザインの仕事と並行しながら、長い間のブランクを経て久しぶりに描くことに向かい合おうと決心し、創作のための残り時間はこれからの人に比べたら短い……しかもほとんど無名である自分のような特殊な作り手にとって、活動のスタートポイントをどこに設定するかは重要なことです。

幸いにも昔と違って、いまは表現にまつわる広報や販売を手助けしてくれる手段もいろいろあります。それらをうまく活用して様々なハンデを補いながら、たんぽぽの綿毛のように自分の作品を未知の場所へと広げていけないだろうか、とあれこれ考えています。そういうことについて考えるのは、絵を描くことと同じくらい、あるいはもしかしたらそれ以上に、楽しいことなのです。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2018・3~]





シェアする