これから行くかもしれない展覧会[2018・10〜]

阪本トクロウ「偽の真空」
2018年9月14日[金]―10月14日[日]
アートフロントギャラリー(東京・代官山)
口を酸っぱくして「この人スゴイ! 観たほうがいい」と言い続けて18年。

カメラを止めま展!
2018年9月28日[金]―10月6日[土]
GALLERY X BY PARCO SHIBUYA(東京・渋谷)
カメラを止めるな!の展示。グッズが充実。

荒木経惟「片目」
2018年9月29日[金]―12月16日[日]
ラットホールギャラリー(東京・表参道)
色々問題にはなったけど倫理や道徳とは別に、芸術としては最期まで見届けたい心境。

マルセル・デュシャンと日本美術
2018年10月2日[火]―12月9日[日]
東京国立博物館(東京・上野)
2部構成ですが、1部のデュシャンの初期作だけでも価値あると思う。

フェルメール展
2018年10月5日[金]―2019年2月3日[日]
上野の森美術館(東京・上野)
行かないかもしれないけど、入場料一般2500円という値段に注目した。予約制。

船津真琴個展「Moment」
2018年10月12日[金]―10月17日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
グループ展で見かけてとても上手いなと思ったイラストレーター。

キム・テクサン「時の皮膚」
2018年10月13日[土]―12月25日[火]
タグチファインアート(東京・三越前)
韓国の単色画。水に溶いたアクリル絵の具をひたすら重ねる技法。

ひろせべに作品展「全部」
2018年10月19日[金]―10月31日[水]
カフェシーモアグラス(東京・原宿)
世界観含めとても好きなイラストレーター。

生誕110年 東山魁夷展
2018年10月24日[水]―12月3日[月]
国立新美術館 企画展示室2E(東京・乃木坂)
この写真でも伝わってくる美しい〈青〉を原画で観たい。

民藝 MINGEI -Another Kind of Art 展
2018年11月2日[金]―2019年2月24日[日]
21_21 DESIGN SIGHT(東京・乃木坂)
日本民藝館館長の深澤直人がディレクションする民藝展。

[メモ]

今週末、10月6日(土)に開かれる音楽イベント「-shin-音祭」のロゴデザインほかを担当しています。

>>新宿フィールドミュージアム2018 -shin-音祭|パラグラフ

https://shin-onsai.com/
 
それと、準備期間も含めて2014年から2018年までの約5年間関わった、生活クラブのデザイン全般についてまとめているところです(完成度60%)。以下の記事から各リンクに飛ぶことができます。

>>生活クラブのデザイン まとめ|Works|パラグラフ
 

台風24号の影響で、静岡の実家が停電してしまいました。これを書いている時点で昨日の夜、約3日振りにようやく復旧しました。

先月の北海道の停電は、地震により震源近くの火力発電所が不全になり、それが道内全体に波及したのが原因と言われていましたが、今回の静岡〜愛知(中部電力管内)の大規模停電は、台風24号がもたらした強風のありえない強さにより、広範囲で同時多発的に送電線が切断されてしまったのが原因のようです。中には、台風による倒壊ですぐに現場には立ち入れなかったり、電気を通すと感電の恐れがあったりして、それが復旧を遅らせる要因になったとのことでした。

>><台風24号大規模停電>飛来物や倒木が主原因、広域で同時多発|静岡新聞

また、送電線は町単位で配線されているわけではないので、同じ町内でも場所によって復旧のタイミングに差があったり、なかなか正確な時間が出なかったりしたことも、(直接被災したわけではない自分も含め)不安につながりました。実家の方面は電気だけでなく水も出ず、なかなかの苦労を強いられたようです。とりあえずガスが通っていたこと、飲料水と食料の備蓄はあったこと、車での移動が可能だったことなどが幸いしました。

静岡県西部〜中部、愛知〜三重〜長野の中部地方、和歌山県を中心とした近畿圏、北海道にもいまだ停電から復旧していない世帯があるようです。一刻も早い復旧を祈ります。

北海道地震の停電での経験をまとめてくれたライターの小娘(乗田綾子)さんの記事は参考になります。

>>「日本初のブラックアウト(大規模停電)体験談と備えておいてほしいもの」 #北海道地震|小娘のつれづれ

とりあえず「ポータブルラジオ(音・情報)」「LEDランタン/懐中電灯(光)」「モバイル用小型バッテリー(当座の電源)」の3つは必須ではないかと。小娘さんのブログにもあるように、人は心(精神)から先にやられるのだと思います。うちも早速、自宅用にスマートフォンに20回充電できるという小型非常用電源を買いました(FlashFish 家庭用蓄電池)。

地震や台風による直接的で甚大な被害に比べたら数日間の停電なんて……と思われるかもしれませんが、その時間を耐える苦しさはどんな場合でも同じです。今回たまたま実家が被害にあったことにより、やがて来るかもしれない大きな災害への心構えができた気がします。あとは、情報をひとりの中でとどめておかず、どんな形でも共有してみんなで使えるようにしておくこと、など。
 

>>これから行くかもしれない展覧会[2018・9~]





シェアする