これから行くかもしれない展覧会[2018・12~]

全員巨匠!フィリップス・コレクション展
2018年10月17日[水]―2019年2月11日[月・祝]
三菱一号館美術館(東京・有楽町)
時間や気持ちに囚われず、こういう絵とじっくり向き合いたい。

トーマス・ドイル「HOLD YOUR FIRE」
2018年11月23日[金・祝]―2019年2月13日[水]
DIESEL ART GALLERY(東京・渋谷)
災害や惨事と常に隣り合わせの場所にある「家」「家庭」を描くミニチュア作品。

PASTAで描く by Yoshie Watanabe
2018年11月29日[木]―12月11日[火]
THINK OF THINGS(東京・原宿)
コクヨの新しいマーカー「PASTA」で描かれた、パッケージの原画を展示。きれい。

富士屋ホテルの営繕さん -建築の守り人-
2018年12月6日[木]―2019年2月23日[土]
LIXILギャラリー(東京・銀座)
富士屋ホテル。入口までは行ったことがありました。

「タータン 伝統と革新のデザイン」展
2018年12月8日[土]―2019年2月17日[日]
三鷹市美術ギャラリー(東京・三鷹)
ぜひ観たい展示。福音館書店「すてきなタータンチェック」とともに楽しみたい。

[メモ]

準備期間も含めて約5年間携わった、生活クラブ生協でのデザイン仕事についてまとめています。
(現在制作途中)

>>生活クラブのデザイン まとめ|Works|パラグラフ
 
今月は数が少ないので、先月の記事もあわせてご覧ください。

毎月同じソースから情報を得ているのにもかかわらず、この展示は観なくてもいいや、とせっかくの興味に蓋をしてしまうことが最近になって増えてきました。月々の営み(=情報収集)にマンネリを感じてしまっているのも事実です。しかし、アンテナがすり減ったと考えるには少し早く、ほぼ毎月続けてきたこのシリーズも今年で13年、こういう時期もあるのかなという感じです。

思い当たる理由はいくつかありますが、仕事のネタ探しや人材探しのような目的を一旦忘れて、映画を観るみたいに、絵や美術そのものの世界に深く沈み込む必要を強く感じているところです。発想転換のための「休暇」がそろそろ必要な時期なのかもしれないな、とも。
 
話は変わりますが、偶然目にしたヒカキンのインタビュー(番組書き起こし)、とても面白かったです。

伸びるユーチューバーは実は「編集」を頑張っている!(ゲスト:ヒカキン)【前編】
草彅剛さんとコラボして「この人は只者ではない」と思った(ゲスト:ヒカキン)【後編】

うちの娘(10歳)が世の小学生のご多分に漏れずヒカキン大好きで、Nintendo Switchのマリオオデッセイ実況Youtubeを夢中になって見ています。先日一緒に見てみたら編集も内容もめちゃくちゃ面白くて、これは子どもたちが熱狂するのも当然だなと。昔のドリフみたいなポジションをこのまだ20代の若い兄ちゃんがひとりで担って、しかも再生数という形での正当な評価を得ていて、世の中もまだ捨てたもんじゃないと思ったわけです。もし自分のやっていることに面白さが感じられなくなったとしたら、自分をとりまく環境を疑ってみるのもひとつの手かと。楽しい手の鳴る方向に行ってみたいと、ヒカキンを見て素直に感じました。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2018・11~]





シェアする