これから行くかもしれない展覧会[2019・2〜]

絵本にみる日本画
2019年1月8日[火]―3月3日[日]
佐藤美術館(東京・千駄ヶ谷)
日本画家が描いた絵本。現代では実現は難しいだろうけど、後世まで残るものになるはず。

乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展
2019年1月11日[金]―5月12日[日]
ソニーミュージック六本木ミュージアム(東京・六本木)
普段はハロプロ好きですが、アイドルグッズのあり方として興味あり。倉庫がモチーフ。

子どものための建築と空間展
2019年1月12日[土]―3月24日[日](前後期)
パナソニック汐留ミュージアム(東京・汐留)
ふじようちえん、自由学園明日館など、児童のための建築・空間を紹介。必見。

『はたらく細胞』展 in 有楽町マルイ
2019年1月19日[土]―2月17日[日]
有楽町マルイ(東京・有楽町)
去年の暮れに見て感銘を受けたアニメ。グッズは少し高いか?(子ども基準で考えると)

ヒグチユウコ 展 CIRCUS[サーカス]
2019年1月19日[土]―3月31日[日]
世田谷文学館(東京・芦花公園)
宇野亜喜良さんに匹敵するようなパワーを持ちつつある画家さん。

ペーパーゲームキッサ
2019年2月8日[金]―2月14日[木]
Book & Design(東京・浅草)
紙を生かしたゲーム。児童学習雑誌のふろく感覚。

松本大洋原画展 絵本『こんとん』(夢枕獏・文)刊行記念
2019年2月19日[火]―3月15日[金]
青山ブックセンター本店・ギャラリースペース(東京・表参道)
帯のシルエットだけで、松本大洋の気配が……。

エキソニモ『LO』
2019年2月23日[土]―3月24日[日]
WAITINGROOM(東京・江戸川橋)
インターネットから垣間見える隠しきれない感情。KIRINJI「AIの逃避行」に通じるような。

ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ -ユニマットコレクション-
2019年2月24日[日]―4月21日[日]
練馬区立美術館(東京・中村橋)
平日にほとんど人のいない静かな空間でじっくり観たい。

(タイトル未定)
2019年2月26日[火]―3月12日[火](予定)
シーモアグラス(東京・原宿)
前に好評を博した企画展の続編+絵本原画展。情報入り次第更新。

[メモ]

2月1日。知人など身の回りの人々にとっての、大きな挑戦や晴れの舞台がなぜか集中する日。実はぼくにとっても2月1日はそんな大事な一日にあたります。もしこれを見てくださった人がいらしたら、ぼくやみんなの挑戦が上手くいくよう、小さく念を送っていただけるとうれしいです(約一週間後まで有効)。
 

平日毎日更新されている、音楽ライター松永良平さんの個人的平成史を記したnote「ぼくの平成パンツ・ソックス・シューズ・ソングブック」。1989年(平成元年)から一年ごとに綴られ、ヘヴィーな状況がありつつも、SAKEROCKや星野源、cero、スカートなどカクバリズム周辺の音楽的人脈が次々と登場する展開が面白く、個人的にも時間の流れに感じ入るところもあり、毎日興味深く読ませてもらっています。

>>ぼくの平成パンツ・ソックス・シューズ・ソングブック 1|note

個人的に松永さんとは面識はありませんでしたが、松永さんが1999年に編集・発行した雑誌『リズム&ペンシル』のジョナサン・リッチマン特集号は、その印刷を担当した会社と仕事をしていた縁があって、当時1部譲ってもらった記憶があります。大変なことも沢山あったけど、つぎ込んだ分だけの労力が違った形でもあとでちゃんと戻ってくる、幸福な時代でした。平成前半。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2019・1~]





シェアする