これから行くかもしれない展覧会[2019・5~]

BOUM! BOUM! BOUM! 香取慎吾NIPPON初個展
2019年3月15日[金]―6月16日[日]
IHIステージアラウンド東京(東京・市場前)
仕事が空いた日にフラっと食べられに行くかも。

大日本タイポ組合展「文ッ字 いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも」
2019年4月20日[土]―6月30日[日]
町田市民文学館ことばらんど(東京・町田)
文字と文学。タイトルが秀逸。トークやワークショップも多数。

クリムト展 ウィーンと日本 1900
2019年4月23日[金]―7月10日[水]
東京都美術館(東京・上野)
人生で最初に好きになった画家がクリムト。なるべく空いてる日に行く。

大宮エリー|スピリットチャージ写真展
2019年4月26日[金]―5月8日[水]
トーキョー カルチャート by ビームス(東京・原宿)
パワースポットは結構好き。問題は、写真にまでそのパワーが宿るのか。

Fermentation Tourism Nippon ~発酵から再発見する日本の旅~
2019年4月26日[金]―7月8日[月]
d47 MUSEUM(渋谷ヒカリエ 8F)(東京・渋谷)
小倉ヒラクがキュレーションする、日本における発酵の全てを紹介する展示。楽しみ。

BONE MUSIC展 ~僕らはレコードを聴きたかった~
2019年4月27日[土]―5月12日[日]
BA-TSU ART GALLERY(東京・明治神宮前)
昨今の販売停止問題ともリンクする展示、主催がソニー(SME)というところで乾いた笑いが。

シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019
2019年4月27日[土]―6月2日[日]
アーツ千代田 3331/1Fメインギャラリー(東京・末広町)
ブレードランナー、∀ガンダムのデザイン画、初期作品から新作まで多数展示。

ルート・ブリュック 蝶の軌跡
2019年4月27日[土]―6月16日[日]
東京ステーションギャラリー(東京・東京)
フィンランドのセラミックアーティストの日本初個展。クートラスを思い出す。公式サイトはこちら

“Express More with Less” by Yu Nagaba
2019年5月1日[水]―5月17日[金]
GALLERY TARGET(東京・原宿)
長場雄の代表作ACE HOTELのメモ描きを大判に拡大。グッズ販売も。

THE SMITHS Promotional Posters Exhibition
2019年5月3日[金・祝]―5月12日[日]
THE BEACH GALLERY/Grand Gallery(東京・代々木八幡)
ザ・スミスのプロモーション用ポスターの展示。ファンにはたまらない。

ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ
2019年5月11日[土]―7月28日[日]
ちひろ美術館・東京(東京・上井草)
待ちに待った日本初の大規模個展。広松さんの数年越しの悲願でもあったかも。

中川ひろたか|糸のこアラカルト
2019年6月3日[月]―6月15日[土]
ピンポイントギャラリー(東京・表参道)
一時期突然始めた糸のこ作品を展示。「一時期突然」が中川さんの面白み。

[メモ]

絵本『ねずみのシーモア』の原画展が各地を巡回しています。今度は京都。
各地の原画展・イベント情報もわかり次第追記します。

>>絵本『ねずみのシーモア』|パラグラフ

GW前半は静岡に帰りました。いつも立ち寄る雑貨店で見つけた、缶詰などをリサイクルして作られたミニチュア自転車について調べてみました。

>>マダガスカルのミニチュア自転車|パラグラフ

かなり前から慢性的な高コレステロール体質でしたが、先日の健康診断で数値がとんでもなく高かったため、かかりつけの医者から薬物療法を勧められ、4月からコレステロール降下剤を飲み始めました。先生曰く、コレステロール降下剤の結果は割とすぐ反映されるそう。もっと早く飲めばよかったかな…。

そしてこの機に、これまで毎日と言っても過言ではないほど食べていたスナック菓子からもきっぱり足を洗いました。ポテチの新製品が出ると欠かさず買うような、長年の反健康的な食生活とも永遠にお別れ。とはいえ、いきなり間食を断つのも寂しいかと思い、しばらくおなかが空いたときポテチの代わりにある物を食べることにしました。それがこちらです。

コレステロールを下げる食品といえば、大豆が有名。納豆や豆腐よりも気軽に食べられる大豆を探していて、たまたまスーパーで見つけたのが「蒸し大豆」でした。サラダなどに使うやつ。「そのまま食べられる!」と書いてあったので、試しに買ってそのまま食べてみたら、程よい味でとても美味しい。なので、これをしばらくスナック菓子の代わりに、おなかが空いたときの友にすることにしました。ものすごくおなかが空いているときはひと袋丸ごと、そうでもないときは半分食べます。ひと袋100gなので、丸ごとだと一食分に相当するほど、空腹がかなり満たされます。少量になってしまった最近のポテチ(55~60g)とは満足度も桁違い。

ポテチとの違いを強く感じたのは、原材料表示でした。

以前はよく食べていたカルビーのポテトチップス(コンソメパンチ味)

原材料名:じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、チキンコンソメパウダー(小麦・大豆・豚肉を含む)、砂糖、食塩、デキストリン、コーンスターチ、粉末しょうゆ、粉末ソース(りんごを含む)、オニオンエキスパウダー、香辛料、ビーフコンソメパウダー、トマトパウダー、発酵トマトエキスパウダー、キャロットパウダー、調味動物油脂、梅肉パウダー/調味料(アミノ酸等)、香料(ごまを含む)、カラメル色素、酸味料、パプリカ色素、甘味料(ステビア)、香辛料抽出物、ベニコウジ色素

(参考:食品情報館

こちらは蒸し大豆でNo.1といわれるマルヤナギの蒸し大豆

原材料名:大豆(北海道産、遺伝子組み換えでない)、食塩、醸造酢

これだけです。コレステロールに悪そうな油類その他を摂らずに済むのがやはり大きい。そして、身体に悪いと知りつつ食べる、から、身体に良いものを積極的に摂取する、への変化。

金銭的にもコンビニで買うポテチ(140円)に比べて、100gで約100円という値段は非常にお得で、一度こちらを知ってしまうともうポテチには戻れなくなります。健康な人のお酒のおつまみなどにも適しているのではないでしょうか。うちでは同じ原材料の、マルヤナギかフジッコのどちらかを買ってます。

先月に続いて健康の話題でした。身体はコンピュータより大切なツールだと日々実感しています。

──補足です。大豆は「水煮」ではなく「蒸し大豆」ですのでお間違いなく。水煮は液体に浸した状態でパックされているので、汚れたりしてスナック的用途には難しいです。一応「そのまま食べられます」と書いてあるものの、豆自体の味は蒸し大豆に比べてかなり薄く、料理に使ったほうが無難だと思います。

>>これから行くかもしれない展覧会[2019・4~]