鈴木翼10周年記念コンサートに行ってきた

9月23日(月・祝)、有楽町朝日ホールで開かれた、あそびうた作家の鈴木翼10周年記念コンサート「こころがおどる」に行ってきた。この日のために、チラシや、Tシャツなどのグッズ、来場者に配布されるパンフレットのデザインをお手伝いした。10周年の記念Tシャツは大好評で、開場早々にたちまち売り切れてしまった。

鈴木翼(すずきつばさ)と言っても知らない人にとっては知らない名前だろう。NHKの「どーもくん」などの番組で自作のあそびうたを紹介したり、保育士さんや家族向けのライブで日本中を飛び回っている。30代までの子育て中のファミリーにはなじみ深いかもしれない。まだ保育士だった頃、絵本作家・シンガーソングライターの中川ひろたかさんに見出され、あそびうた作家が多数在籍するソングブックカフェの所属アーティストとなってから、あそびうたやオリジナルソング、絵本執筆など、活動の領域(=翼)を大きく広げてきた。今年がそんな彼のデビュー10周年にあたるというわけだ。

コンサートはバンドをバックに代表的なあそびうたと絵本・ミュージックパネルの実演などで構成された前半のソロパートと、これまで活動を共にしてきたアーティストとのコラボを中心とした後半に分かれ、トータルで2時間半以上に及んだ。優しさや誠実さの中に子どものようにピュアな精神も伺えて、笑いあり涙ありと人間味にあふれる内容で、翼くんの10年間の全てを出し切ったコンサートになっていたと思う。

入場時に配られたパンフレットに掲載されている、翼くんの自筆による「鈴木翼セルフライナーノーツ2008-2019」。事務所所属前にリリースされた1stミニアルバム『こころがおどる』(今回のコンサートのタイトルにもなった)から、2019年の最新作までの全52作品について、ひとつひとつに丁寧に心のこもったエピソードと関わった人々への謝辞が述べられている。これを読んだ誰もが、翼くんがこれほどまでに丁寧に作品づくりに取り組んできたことに驚くに違いない。実際ぼくもぎりぎりに届いた原稿を読ませてもらって非常に驚いた。翼くん(の作品)と、いつどのようにして出会ったか、ライナーノーツを読みながら記憶をプレイバックするのも楽しい。

自分でもおぼろげな記憶をたどっていくと、2012年頃、ケロポンズのポンちゃんに誘われて、安曇野の友人家族と一緒に、長野のどこかでソロライブを観たのが最初だったと思う。それまでも中川ひろたかさんの野球チームで出会っていたはずだったが、ソロアーティストとしてはっきりと認識したのはそれが初めて。あそびうただけでなく、育児に日々悩むお母さんや保育士さんに向けて作られた弾き語りのオリジナル曲に心が癒やされ、終演後「ライブすごく良かったね」と言葉を交わしたのだった。

その曲はこの日のコンサートの最後の方でも披露された。実は、翼くんの印象は7~8年前に初めて出会った時とほとんど変わっていない。初々しさと謙虚さをデビュー当時から大切に持ちづづけている。きっと10年後、20年後も翼くんはこのままずっと翼くんであり続けるだろう。


中央の翼くんが手に持っているのがパンフレット


会場スタッフに頼んで撮らせてもらった

>>ちょっとだけ体操 ~Hoick CDブック~|パラグラフ|下山ワタル