音楽は自由をめざす vol.6「艶歌と艶話」

せたがや音楽プロジェクトのシリーズ公演「音楽は自由をめざす」のフライヤーを、前回に続いてデザインしました(昨年は、高山広の「アレサ・フランクリン物語」)。

今度のタイトルは「艶歌と艶話」。演歌と落語というふたつの芸能の世界で色事をテーマとして扱い、時代によっては禁止されながらも大衆に広まっていった「艶歌」と「艶話」の魅力を、今後大きな活躍が期待される若手の演者とともに紹介するイベントです。

寄席のイメージを引用しつつも、音楽プロジェクトであることを重視し(ストレートな寄席文字ではなく勘亭流を使って)、演芸の楽しさやフレッシュさが伝わるよう心がけました。

フライヤーは世田谷区の施設で配布されています。
チケット販売など、詳しくは〈せたおん〉ホームページをご覧ください。

音楽は自由をめざす Vol.6
「艶歌と艶話」
2020年2月11日(火・祝)成城ホール

[出演]演歌:杜このみ、中澤卓也、落語:瀧川鯉斗、三遊亭わん丈

>>イベント詳細|せたおん

>>高山広の「アレサ・フランクリン物語」|Works|パラグラフ