新装版・保育記録のとり方・生かし方

2021年前半の仕事です。

1997年に鈴木出版から初版が刊行され、その後改訂しながら版を重ねてきたロングセラーの保育書を、現在の保育指針に即した内容に改めつつ、今年「新装版」として装いも新たに再出版することになり、そのリニューアルデザイン(表紙デザインと本文のディレクション)を担当しました。

新装版・保育記録のとり方・生かし方
關 章信 兵頭惠子 髙橋かほる/監修
公益財団法人 幼少年教育研究所/編著
鈴木出版
2021年6月18日発売
定価(税込):2420円(本体2200円)
 


 

表紙の絵は、イラストレーターの秋永悠さんにお願いしました。秋永さんのイラストを最初に知ったのは、2018年頃だったと思います。初めて見た時から、絵の可愛さと才能を感じてずっとご一緒したいと、知り合いの編集者の方々にアピールしてきたのですが、今回ようやくその夢が叶いました。

秋永さんには、園児たちの様々な表情+行動と、本書の目指すステップを「島」に例え、園児たちが成長していく姿を描いてもらいました。想像していた通り+それ以上の仕上がりになって大満足です。

刊行後、キャッチーな表紙の絵のおかげで、保育書・専門書的な内容にもかかわらず、各地の書店で面陳していただいたようで、とてもうれしく思っています。
 

>>新装版・保育記録のとり方・生かし方|honto