これから行くかもしれない展覧会[2022・2/3~]

グラフィックデザイナーの目線で主に東京近郊の「行くかもしれない」、気になる作家の個展や企画展を毎回ピックアップしています。今回は、2022年2〜3月に開催予定の展示をまとめました。会場により、事前予約や休業日などの決まり事が設けられている場合があるのでご注意ください。なお、表示されている最寄駅は、筆者の自宅からのアクセスのしやすさに基づいて選ばれています。記事末尾の[メモ]は、あまり日記を残さない筆者の月々の日常の記録や備忘録、エッセイです。今月は、近況について。

 
オルタナティブ! 小池一子展 アートとデザインのやわらかな運動
2022年1⽉22⽇[土]―3月21日[月・祝]
アーツ千代田 3331(東京・末広町)
編集・広告の世界から、アートへ。過去の仕事と、彼女が支えた作家の作品も展示。

楳図かずお大美術展
2022年1月28日[金]―3月25日[金]
東京シティビュー(東京・六本木)
『わたしは真悟』を再読しておいたほうがいい、という情報をどこかで聞いた。

はまのゆか 絵本『すくすくいのち』原画展
2022年2月2日[水]―2月28日[月]
子どもの本 青猫書房(東京・赤羽)
エレカシの街で開かれる絵本原画展。会場の、青猫書房のエピソードも必読。

ミロコマチコ いきものたちはわたしのかがみ
2022年2月11日[金・祝]―4月10日[日]
横須賀美術館(横須賀・浦賀)
新作、絵本原画のほか、書籍やCDの装画など多角的に紹介。

石川直樹 「MOMENTUM」
2022年2月12日[土]―3月12日[土]
タカ・イシイギャラリー(東京・六本木)
香川県高松市のプールで飛び込み台の練習を行う地元の子どもたちを撮影。

石川直樹 「まれびと Wearing a spirit like a cloak」
2022年2月12日[土]―3月19日[土]
amanaTIGP(AXISビル2F)(東京・六本木)
来訪神行事を記録したフィールドワークのシリーズより。

上野リチ ウィーンからきたデザイン・ファンタジー展
2022年2⽉18⽇[金]―5月15日[日]
三菱⼀号館美術館(東京・二重橋前)
ウィーンから京都に移り住んだテキスタイルデザイナー。可愛い。

Chim↑Pom展:ハッピースプリング
2022年2月18日[金]―5月29日[日]
森美術館(東京・六本木)
《待ちわびた春が逆境のさなかにあっても想像力を持ち続けたい。》大回顧展。

坂内拓 Meet up
2022年2⽉19⽇[土]―2月27日[日]
Firsthand RAYARD MIYASHITA PARK(東京・渋谷)
ヌケの良い絵。みやしたぱーくの屋上からの風景はとても好き。

浅田政志 だれかのベストアルバム
2022年2月19日[土]―5月8日[日]
水戸芸術館現代美術ギャラリー(茨城・水戸)
これまでに発表した全シリーズと、写真返却活動、来場者と作る『私の家族』。

江口寿史 RECORD展
2022年3月16日[水]―3月31日[木]
Bunkamura Gallery(東京・渋谷)
ジャケットアートを集めた画集からの作品と、アウトテイクなど約200点。作家毎日在廊。

ダミアン・ハースト 桜
2022年3月22日[火]―5月23日[月]
国立新美術館(東京・乃木坂)
やっぱね、発想がすごいと思う。発想と美しさ。
 

[メモ]

年末くらいから少し忙しくなってきて、家に籠もる時間が増え……年明け以降はオミクロンの流行とともに外に出る機会も極端に減りました。とはいえ、2月から3月にかけて(行けなそうな遠方も含め)面白そうな催しが目白押しなので、まだアンテナ全開とは言えないけど、行きたい展示をピックアップしてみました。

実際に行けない場所もまだまだ多いものの、現在進行形のアートに思いを馳せるのは楽しい。昔話ばかりする人にならないよう、新しい事象に関心を持ち続けていたいです。

最近の取り組みや関連リンクを一覧できる、プロフィールページを設けました。
このところ実感するのは、仕事は多ければ多いほど楽しいということです。もっともっと仕事を。

プロフィールページ(POTOFU):
https://potofu.me/cinnamon
 

>>これから行くかもしれない展覧会[2021・10~]