これから行くかもしれない展覧会[2022・4/5~]

グラフィックデザイナーの目線で主に東京近郊の「行くかもしれない」、気になる作家の個展や企画展を毎回ピックアップしています。今回は、2022年4〜5月に開催予定の展示をまとめました。会場により、事前予約や休業日などの決まり事が設けられている場合があるのでご注意ください。なお、表示されている最寄駅は、筆者の自宅からのアクセスのしやすさに基づいて選ばれています。記事末尾の[メモ]は、あまり日記を残さない筆者の月々の日常の記録や備忘録、エッセイです。今月は、「終わらない」ということについて。

 
福原優太個展「ガーデン」
2022年4月1日[金]―5月8日[日]
下北沢アーツ(東京・下北沢)
下北沢に初の現代美術ギャラリー開設。東京多摩や下北沢の緑を描く画家の展示。

ミロコマチコ展「うみまとう」
2022年4月5日[火]―5月23日[月]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
横須賀美術館までは行けなかったけど、こちらはなんとか。

新納翔写真展「PETALOPOLIS」
2022年4月9日[土]―4月26日[火]
BOOK AND SON(東京・学芸大学)
写真による都市の解釈が面白い。『async』やTDRに通じる感覚も。

ヨシタケシンスケ展かもしれない
2022年4月9日[土]―7月3日[日]
世田谷文学館(東京・芦花公園)
佐藤雅彦以降の図解感覚が面白いと思う。初の大規模個展。

オサムグッズ45周年展
2022年4月12日[火]―5月22日[日]
パレットクラブ(東京・築地)
原田治さんの絵はデザインだということが改めて伝わる展示。昔の雑誌記事も。

Life in Art フィリップ・ワイズベッカー「HANDMADE ハンドメイド」展
2022年4月22日[金]―6月26日[日]
ATELIER MUJI GINZA(東京・銀座)
5月から全国のMUJI BOOKSで販売される作品集『ホモ・ファーベル』からの展示。

コジコジ万博
2022年4月23日[土]―7月10日[日]
PLAY! MUSEUM(東京・立川)
PLAY!MUSEUM、あれだけ話題なのにまだ行ったことがなかった。

チャンジンウェン「記憶容器」
2022年4月26日[火]―5月1日[日]
Spiral Garden(スパイラル)(東京・表参道)
台湾出身の作家。家族や親しい人から遠ざけられた孤独感・疎外感を表現。

Chim↑Pom from Smappa!Group 個展「Chim↑Pom from Smappa!Group」
2022年4月27日[水]―6月4日[土]
ANOMALY(東京・天王洲アイル)
改名のお知らせ後、初の個展。スーパーラット、《性欲電気変換装置エロキテル》の新作など。

ゴールデンカムイ展
2022年4月28日[木]―6月26日[日]
Gallery AaMo(東京・水道橋)
物語完結のこのタイミングで。イラストのほか、作中に登場した民具なども展示。

写真と絵画−セザンヌより 柴田敏雄と鈴木理策
2022年4月29日[金・祝]―7月10日[日]
アーティゾン美術館(東京・東京)
近代絵画に共通する造形思考を持つ二人の写真家の展示。これは観たい。

Chim↑Pom from Smappa!Group「いつのことだか思いだしてごらん」
2022年4月30日[土]―5月29日[日]
無人島プロダクション(東京・菊川)
未完の作品、未見の作品、制作素材などを集めた回顧展。

ミロコマチコ個展「波めくり」
2022年5月13日[金]―5月18日[水]
HB Gallery(東京・表参道)
HBでは観たことなかった気がするミロコさんの展示。
 

[メモ]

最近、「終わらない」ということについてよく考えます。

今年で3年目に突入したコロナ禍は、ひとつのウイルスが廃れても新たな変異株が出現し、このまま終わらずに続いていくのではないか。緊急事態宣言やまん延防止措置が終わっても、完全にコロナが明けたといえるタイミングは来ない。子どもたちはこのまま学校や日常でマスクを装着し続ける。自分も含む多くの貧しい人々は外出の意欲を失い、消費意欲は下がり、収入も以前の状況までには戻らず、このままコロナの世界にずっと取り残されてしまうのではないだろうか、とか。「失われた20年(改め30年)」もこのまま無期限に延長され、政権の長期化により悪事は常に見逃され続け、ウクライナとロシアの戦争もいつまでも終わらない。……悪いことばかり考えてしまいます。

「コロナが落ち着いたら(なくなったら)ゆっくり会おうね」──2年前くらいまで、電話やメールでしかやりとりできない人との別れの挨拶の常套句でした。でも、いまになって思うのです。コロナが落ち着く(なくなる)ことなんて、当分、いや、下手するとぼくが生きている間、もうずっと来ないのではないか、とも。

悲しんでいるばかりではなく、もうこの「終わらない」世界に自分なりの何かを見つけて生きていくしかないな、と。そう思いながら、毎日新しいことに向かって少しずつコマを進めています。それはそうと、BTSのニューアルバムといい、小沢健二の2年越しの大型コンサートといい、今年の6月は面白そうなイベントが集中していますよね〜……。
 

久しぶりにこのサイトのトップページの構成を少しだけ見直して、これまでの仕事にアクセスしやすくしました(ずっと止まったままだったスライダーも復活)。最近の仕事もWorksに追加しました。
 

>>これから行くかもしれない展覧会[2022・2/3~]