絵本『つくろう!ピザ』

ピザづくりの楽しさを表現した、イラストレーター秋永悠さんの初めての絵本『つくろう!ピザ』のデザインを担当しました。ご覧のとおり「丸い」形の絵本です。
 
つくろう!ピザ
秋永 悠/作・絵
世界文化社
2022年4月29日発売
定価(税込):1430円(本体1300円)
 


  
丸いページをめくるたび、小さなコックさんがピザ生地を塗り、コーンや玉ねぎなどいろんな材料を上にのせていく。そして最後に、熱々のおいしいピザができあがり、というお話です。実際に親子でピザを作ったり、紙を材料の形に切ってピザごっこがしたくなるような絵本です。ピザの素材の絵は、基本的に切り紙を使ったコラージュで作られていて、ページをめくるごとに素材が重なっていく表現が素敵です。
  

今回の「丸い絵本」はぼくの発案ではなく、秋永さんの「丸い判型でピザづくりの過程を見せたい」というアイデアを、担当編集者が各所に掛け合って最終的に実現にこぎつけたものでした。小さなお子さんや親子が、園や家庭でピザごっこをして楽しんでいる様子を思い浮かべ、ほんの少し切り紙や工作をイメージさせるようなタイトルを、秋永さんの手書き文字を借りて作りました。
 
秋永さん自身が既にブルーナや原田治のようなデザイン感覚を持ったイラストレーターなので、本文のデザインでは過度の主張を控え、代わりに読者の立場でこの本がさらに面白くなるようなアイデアをいくつか提供しました。この仕事をしていていつも思うのは、ブックデザインにおいてデザイナーは「2人目の読者」だということです(1人目の読者は編集者)。保守性と革新性と、両方の目を持ったひとりの読者として、楽しみながらユニークな絵本に関わることができて満足しています。
 

最後に、秋永悠さんご本人について。秋永さんとは2017年の終わり頃に、Instagramがきっかけで知り合いました。ぼくは、当時始めたばかりのInstagramで、イラストレーター時代に描いた作品を毎日投稿するかたわら、国内外のセンスあるイラストレーター/アーティストを片っ端からフォローしていました(>>instagramアカウントのお知らせ|パラグラフ)。秋永さんは、新しいセンスを感じさせる世界のイラストレーターの中のひとりでした。ちょうど個展が開かれるということで会いに行き、昔通っていたパレットクラブの卒業生であること、ぼくが以前デザインに関わっていた中村一義など、90年代後半のロックバンドやアーティストが好き、といった話で盛り上がりました。
 
仕事をご一緒できたらと願いつつもなかなかチャンスがなく、昨年(2021)、鈴木出版から刊行された保育書『新装版・保育記録のとり方・生かし方』で、ようやくその夢が実現したところでした。今回は初めて出す絵本のデザインを、ということでご指名いただきました。
 
秋永さんは絵が魅力的なだけでなく、展示などでも独特のサービス感覚やプレゼンテーション能力を発揮する作家さんなので、今後開かれる絵本出版にまつわるイベントがとても楽しみです。情報が入ったら、こちらでもご紹介します。 
 

>>つくろう!ピザ|PR TIMES