かしこい脳が育つ!おんどく名作1〜3年生

脳科学者の加藤俊徳さんが監修する、小学生のためのおんどく本シリーズ「かしこい脳が育つ!」(世界文化社)の第2弾『1話5分 おんどく名作』1年生〜3年生が発売されました。今回もカバーデザインを担当しました。

かしこい脳が育つ!シリーズ
1話5分 おんどく名作1年生  文・北川チハル
1話5分 おんどく名作2年生  文・安原里佳
1話5分 おんどく名作3年生  文・藤波 潤
監修/加藤俊徳(脳科学者)
世界文化社
2022年8月3日発売
定価:各1100円(税込)
 


 

装画は、児童小説などの分野でお仕事をされているイラストレーターの酒井以(さかいさね)さん。「名作+おんどく」をテーマに、編集部とディレクションしました。シリーズ総計200万部を記念する赤い新帯が目印です。
 


 

ここで、脳科学者の加藤さんが提唱する「脳活性おんどく法」について。声に出して短いお話を読むこと、その声を自分で聞くことにより脳を活性化するという効果と、もうひとつ、お話の助詞や大事な名詞などにつけられた「おんどくマーク」を強調して読むと、文節や指示関係をはっきり意識できるようになるという効果があります。これ、実際に親子で読み合いっこしてみると楽しいです、きっと。

下のリンク(PR TIMES)に詳しい説明が載っているので、ぜひご覧ください!
 

>>かしこい脳が育つ!おんどく伝記|Works

>>【読みが苦手な子に】ベストセラー脳科学者が教える〈本当に効果的な音読法〉でスラスラ読めるようになる!「おんどく名作」シリーズ発売|PR TIMES