instagramアカウントのお知らせ

instagramアカウントのお知らせ

過去(1990年代終盤から2000年代前半頃)にCinnamon(しなもん)名義で制作していたイラストレーション作品を公開するためのInstagramアカウントを開設しました。

instagram: @cinnamon_tokyo

もはや知らない方がほとんどだと思いますが、グラフィックデザインの仕事と並行して、マウスを使ったAdobe Illustratorのベジェ曲線によるイラストを描いていた時期がありました。活動のピークは、築地のパレットクラブスクールで学んだのをきっかけに、ペーターズギャラリーコンペで入賞した2000年からの約5年位でした。その後も細々と仕事や制作をしていましたが、デザインの仕事のほうが忙しい状況に変わりはなく、イラストレーターと名乗ることに関しては2015年頃を境にリタイアしています。

イラストレーターだった時期は、なかなか自分の画風が定まらなかったりして、喜びより苦しみのほうが常に勝っていたような状態でした。しかし先日、ふとUSBに保存された過去の作品を眺めていて、これはこれで悪くないかもと思える瞬間がありました。最近共感したミュージシャンの高野寛さんのツイートに《古い曲と新曲の境界がますます曖昧になってきた》という発言があり、たとえばこの手元にある結構な点数の作品も、まだ見たことのない多くの人々にとっては「新作」なのかもしれない、と思ったりしています。失敗作かもと思えるものも含めて、少しずつなるべく多く放出していくつもりです(新しい活動はしていないので、純粋な意味での新作はありませんが…)。

Instagramを本格的に始めようと思ったもうひとつの目的は、イラストレーターやアーティストの活動についての情報収集です。気になっているアーティストやギャラリー、出版社などのアカウントを、国内外問わずフォローしていきます。

[2017/11/01追記]

これからの大まかな公開予定です。
・Girlsシリーズ(2000〜)
・線画シリーズ(2000〜)
・雑誌その他の仕事/レアリティーズ(2001〜)
・のはらうた第一期(2001〜)
・リアリズムの時代(2002〜)
・モノローグ(2004)
・のはらうた第二期(2006〜)
etc……
 

Cinnamon 名刺(2000) #cinnamon #しなもん #illustration #vectorart #イラスト #2000

Cinnamon|しなもんさん(@cinnamon_tokyo)がシェアした投稿 –

これから行くかもしれない展覧会[2017・10~]

これから行くかもしれない展覧会[2017・10~]

ウィンザーチェア - 日本人が愛した英国の椅子
2017年9月7日[木]―11月23日[木・祝]
日本民藝館(東京・駒場東大前)
行った人からよかったと聞いたので。実物に触れる・座ることが大事。

フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展
2017年9月9日[土]―10月22日[日]
府中市美術館(東京・府中)
これも行った人からよかったと聞いて。東府中から歩くと近いかな。

髙田唯展「遊泳グラフィック」
2017年9月19日[火]―10月19日[木]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
デザインの背後にある発想・遊び心が面白い。

ペットショップにいくまえに展 2017
2017年9月21日[木]―10月9日[月]*火水休
ウレシカ(東京・西荻窪)
長く続く素敵な展示。後藤美月、水沢そら、どいかやほか参加画家多数。

上田三根子「Always beside me!」
2017年9月26日[火]―10月8日[日]
タンバリンギャラリー(東京・外苑前)
犬と女のコの生活を描いた新作。上田先生は犬が大好き。

池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―
2017年9月27日[水]―10月9日[月・祝]
日本橋高島屋8階ホール(東京・日本橋)
待望のThe Pen東京巡回。会期が短いので、いつ行くか迷う間に終わってしまうおそれも…。

安藤忠雄展 ―挑戦―
2017年9月27日[水]―12月18日[月]
国立新美術館(東京・乃木坂)
本当に挑戦の連続だった経歴。余白の作り方など学ぶところも大きい。

ミロコマチコの世界 いきものまもり展
2017年9月29日[金]―10月29日[日]
JIKE STUDIO(神奈川・柿生)
新作。何度も行ってみたいと思いつつ、なかなか足を運べず。

KAKUBARHYTHM 15th Anniversary Exhibition.
YOSHIZAWA MASATOMO and OHARA DAIJIRO “NEW co.”
– KAKUBARHYTHM Graphic Archives and NEW combination Works –

2017年10月3日[火]~10月11日[水]
トーキョー カルチャート by ビームス(東京・原宿)
大原大次郎とユアソン吉澤”モーリス”成友による、カクバリズムのグラフィックワークの集大成。

加藤休ミ・クレヨン画展 Allora, buon viaggio!
2017年10月4日[水]~10月15日[火]
キチム(東京・吉祥寺)
食べ物ではない新作。イタリア・ボローニャの想い出でしょうか。

アラン・ビルテレースト “HOW AND ABOUT WHAT”
2017年10月7日[土]~11月19日[日]
ハギワラプロジェクツ(東京・初台)
日常のモチーフを解体再構築してグラフィック化。かなり魅惑的。

オットー・ネーベル展
2017年10月7日[土]~12月17日[日]
Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)
バウハウスにて学び、色面構成による作品を多数残した画家の日本初回顧展。

芳野 リトグラフ展「イロトリドリ」
2017年10月12日[木]―10月23日[月]*火水休
ウレシカ(東京・西荻窪)
新作を中心に、20年分の作品を展示。久しぶりです。

Saul Leiter by François Halard
2017年10月12日[木]~10月29日[日]
POST(東京・恵比寿)
仏写真家フランソワ・アラールが撮影した、写真家ソウル・ライターのアトリエ。

FLAME / SURFACE 瀧本幹也写真展
2017年10月12日[木]~11月27日[月]
キャノンギャラリーS(東京・品川)
宇宙や地球などスケールの大きな対象に関心を持ち続けてきた写真家の新作。

MAMAK illustration exhibition
2017年10月13日[金]~10月18日[水]
ペーターズギャラリー(東京・原宿)
ゆるくアンテナを立てていたらなんとなくひっかかったグループ展。

Le Corbusier / Photographs by Mikiya Takimoto
2017年10月14日[土]~11月4日[土]
MA2 Gallery(東京・恵比寿)
写真家・瀧本幹也によるル・コルビジェ建築の(少し変わった切り口の)写真。

よシまるシン 第1回個展『山田川_1710』
2017年10月17日[火]~10月24日[火]*金休
FAITH(東京・高円寺)
天久聖一とのロゴゴ展が記憶に新しい。危険な天才。

アイスクリームが溶けてしまう前に ~小沢健二と日本恐怖学会のTOKYO解放区~
2017年10月18日[水]~10月31日[火]
伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区(東京・新宿)
絵本を再現するディスプレイ空間と、ハロウィーン期間限定ショップ。

阿部海太 絵本『めざめる』原画展|みんな めざめる まえのこと
2017年10月21日[土]~11月5日[日]
Quantum Gallery & Studio(東京・都立大学)
美しい絵だよなあ。Kiteというブックレーベルのことも気になる。

中林忠良銅版画展―腐蝕の海/地より光へ
2017年10月28日[土]~12月10日[日]
川越市立美術館(埼玉・川越)
小山田圭吾の叔父にあたり、Mellow Wavesのジャケットにも作品が使われた銅版画家の大回顧展。

[メモ]

「2017年6月9日以降のハロー!プロジェクトについて」……こんなタイトルの文章を書いては消し、書いては消し。結局まとまらず、そのままにしています…。

映画『ぐるりのこと。』の結末のように、手も足も出なかった状態から脱出して次の新しいことが考えられるようになりました。昔の仲間や思いもよらなかった人との出会いに単純に救われたり、それまで行き詰まっていた話を根底から捉え直すヒントを与えてもらったり……。とりあえず、前を向いてます。

>>ぐるりのこと。|パラグラフ
 

>>これから行くかもしれない展覧会[2017・9~]

おなみだ的◯◯点

おなみだ的◯◯点

原宿のカフェシーモアグラスの21周年と、各所で絶賛の絵本『おなみだぽいぽい』(ミシマ社・刊)の出版を記念して9月11日(月)より、イラストレーター後藤美月さんの企画展「おなみだ的◯◯点」が開かれます。下山もゲストのひとりとして、この企画展に参加させてもらってます。

ゲストの役割について簡単に説明しますと……絵本『おなみだぽいぽい』にまつわるあるピースが、後藤さんと関わりのあるゲストに渡され、各自が与えられたお題に沿ったなんらかの表現を施し、返送する。場合によっては後藤さんがゲストの作品に対して、さらに何か手を加えることもある、というような流れです(おそらく)。何が起こるか、何が飛び出すか……びっくり箱であり、玉手箱です。ぼくのは、作品というよりは私信であり、あとから見返すのが恥ずかしくなるような手紙でもあります。ホントに恥ずかしい💦 見ないで!とは、プロの端くれなので言えません。それ以前に、作品自体が目に「見えない」可能性も考えられます。錚々たる皆さんの中に混ぜてもらって、ただただ恐縮です。

最後に、後藤美月さんについて。絵本専門店メリーゴーランド四日市店に勤務後、フリーランスのイラストレーターとして上京。雑誌『イラストレーション』のザ・チョイスに複数回入選、などの受賞の傍ら、装画や挿絵、店舗ロゴなど様々な分野で活躍。そして、2017年、初の自作絵本『おなみだぽいぽい』を上梓。……こんなに華々しい活動をされていたのにもかかわらず、お名前を知ったのはごく最近、2016年のOPAギャラリーでの個展のときでした。かなり衝撃的で不思議な出会いだったと思います。いまでは、人形操演のはるかちゃんと同じ、大事な仲間です。

そうそう、シーモアグラス21周年おめでとうございます! 今回の企画展では、昨年の20周年記念展に寄せられたろうそくの絵も再び飾られますよ。


 
シーモアグラス21周年記念&後藤美月「おなみだぽいぽい」出版記念
おなみだ的◯◯点

2017年9月11日[月]~9月29日[金]*毎週土・9/17休
カフェシーモアグラス(東京・原宿)

【参加ゲスト】浅野萌/安食史子/石井聖岳/おくはらゆめ/おざわよしひさ/下山ワタル/つつみあれい/扉野良人/長谷川実央/南谷佳世/モノポリーズ があこ
 

>>今日でシーモアグラスは21才になりました。ありがとうございました。|シーモアグラス

これから行くかもしれない展覧会[2017・9~]

これから行くかもしれない展覧会[2017・9~]

池田晶紀展「SUN」
2017年8月29日[火]~9月10日[日]
スパイラルガーデン(東京・表参道)
陽光に照らされた海や川や空の写真。サウナの窓から見える風景。

美味しいテキスタイル gochisou のルヴァン展
2017年9月1日[金]~9月10日[日]
CASE GALLERY(東京・代々木八幡)
ルヴァンのパンをテキスタイルにして、バッグやキッチンクロスを制作。

MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界
2017年9月1日[金]~9月12日[火]
新宿高島屋11F特設会場(東京・新宿)
朝ドラ「ひよっこ」のタイトルバックの作者。見逃してしまうところだった。

大山エンリコイサム個展「ファウンド・オブジェクト」
2017年9月1日[金]~9月30日[土]
コートヤード広尾(東京・広尾)
仕事場に割と近いので行ってみたい。既存のアートにグラフィティを上書きした作品。

阪本トクロウ「アウトライン」
2017年9月2日[土]~10月8日[日]
キドプレス(東京・末広町)
銅版画とリトグラフを併用した、新しい世界。

亀倉雄策没後20年 亀倉雄策のポスター
2017年9月4日[月]~9月30日[土]:前期
2017年10月2日[月]~11月2日[木]:後期
ノエビア銀座ギャラリー(東京・銀座)
没後20年の節目に、前後期に分けてポスターの代表作を展示。

junaida 最新画集出版記念展 THE ENDLESS WITH THE BEGINNINGLESS
2017年9月7日[木]~9月18日[月・祝]
TOBICHI2(東京・表参道)
Twitterで回ってきた画像を見て気になった作品。

竹内巧個展「BASKETBALL DAYS」
2017年9月8日[金]~9月13日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
ずっと続けてきたバスケットボールをテーマに描いた作品。必見。

野口里佳 「海底」
2017年9月9日[土]~10月7日[土]
タカ・イシイギャラリー東京(東京・六本木)
水中写真とモノクロ作品集より。モノクロのイメージがない作家。

#QOL collaboration with KINFOLK japan
2017年9月9日[土]~10月9日[月・祝] *土日のみ一般公開
artless appointment gallery(東京・中目黒)
KINFOLK JAPANから食・ファッション・アートを融合した写真作品を展示。

和田誠と日本のイラストレーション
2017年9月9日[土]~10月22日[日]
たばこと塩の博物館(東京・押上)
同館が渋谷にあった頃以来の展示。みんなに力を与えてきた偉大な先輩。

大塚いちお個展「DIG THE WILDSIDE」
2017年9月11日[月]~9月23日[土]
ピンポイントギャラリー(東京・表参道)
モノクロの画を元に手を加えた作品。28年前初個展を開いたピンポイントで原点に還る展示。

後藤美月「おなみだぽいぽい」出版記念「おなみだ的◯◯点」
2017年9月11日[月]~10月13日[金]
カフェシーモアグラス(東京・原宿)
後藤美月さんの企画展。ぼくもゲストで参加。会期延長しました。

北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展
2017年9月13日[水]~9月25日[月]
松屋銀座8階イベントスクエア(東京・銀座)
最新作含む約190点。人物も可愛い。ネコのマイがほしいな。名前もいい。

TAKAIYAMA inc. EXHIBITION「3F/B.C.G」
2017年9月16日[土]~10月1日[日]
DESIGN小石川(東京・後楽園)
15年間の仕事を10のカテゴリーに分けて展示。新作も。

池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―
2017年9月27日[水]―10月9日[月・祝]
日本橋高島屋8階ホール(東京・日本橋)
待望のThe Pen東京巡回。しかし会期が短い…。

安藤忠雄展 ―挑戦―
2017年9月27日[水]―12月18日[月]
国立新美術館(東京・乃木坂)
本当に挑戦の連続だった経歴。余白の作り方など学ぶところも大きい。

長島有里枝 そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。
2017年9月30日[土]―11月26日[日]
東京都写真美術館(東京・恵比寿)
彼女の写真に「生々しい」という印象をずっと持っている。久々の大型展。

草間彌生美術館開館記念展 創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき
2017年10月1日[日]~2018年2月25日[日] *月火水休
草間彌生美術館(東京・牛込柳町)
個人美術館の存在は尊く、嬉しいもの。しかも草間彌生。時間予約定員制。

オットー・ネーベル展
2017年10月7日[土]~12月17日[日]
Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)
バウハウスにて学び、色面構成による作品を多数残した画家の日本初回顧展。

[メモ]

のちほどなにか追記します。トンネルはなんとか抜けたものの、映画『ゼロ・グラビティ』のラストシーンのような状況。

>>これから行くかもしれない展覧会[2017・8~]

これから行くかもしれない展覧会[2017・8~]

これから行くかもしれない展覧会[2017・8~]

『いのちのたべもの』絵本原画展
2017年7月19日[水]~8月20日[日]
ブックハウスカフェ(東京・神保町)
中川ひろたか・文、加藤休ミ・絵の食育絵本原画展。東京3回めの巡回。

池田学展「誕生」
2017年7月26日[水]~9月9日[土]
ミヅマアートギャラリー(東京・市ヶ谷)
東日本大震災がきっかけで生まれた「誕生」を中心に。必見。

YUGO.「GIRLS」
2017年7月28日[金]~8月16日[水]
トーキョー カルチャート by ビームス(東京・原宿)
Suchmosのライブグッズなどを手がけるアーティスト。

Chim↑Pom「Sukurappu ando Birudo プロジェクト 道が拓ける」
2017年7月29日[土]~8月27日[日]
キタコレビル(東京・高円寺)
新宿歌舞伎町の「また明日も観てくれるかな?」の続編。Chim↑Pom通りを公開。

陶芸↔現代美術の関係性ってどうなってんだろう?~現代美術の系譜に陶芸の文脈も入れ込んで
2017年8月3日[木]~8月30日[水] *日月祝休
カイカイキキギャラリー(東京・広尾)
村上隆キュレーションにより、もの派からスーパーフラットまでの美術史を陶芸を軸に読み解く。

梶井基次郎 檸檬 装丁展
2017年8月4日[金]―8月9日[水]
オーパ・ギャラリー(東京・表参道)
シライケン君の檸檬、いいですねー。

ひろせべにミニ作品展「プカポンの思い出」
2017年8月4日[金]~8月19日[土] *日月火休
喫茶橙灯(神奈川・青葉台)
小さな作品を10点ほど展示。シーモアグラスでおなじみの画家さん。

おなみだぽいぽいと後藤美月装画原画展
2017年8月9日[水]~8月22日[火]
青山ブックセンター本店(東京・表参道)
新作絵本『おなみだぽいぽい』と仕事で取り組んだ装画の原画展。必見です。

石川直樹 写真展「いつでもどこでも写ルンです」
2017年8月11日[金・祝]~8月24日[木]
FUJIFILM SQUARE(東京・六本木)
手持ちのカメラが全て壊れ、残った防水の写ルンですで撮れた写真ってすごいな。

三人の装丁
2017年8月18日[金]~9月18日[月・祝] *月火休(祝日除く)
OFS Gallery(東京・広尾)
菊地敦己、服部一成、葛西薫の装丁。こりゃ見ないわけにはいかないです。

[メモ]

4月ごろから(あるいは昨年末くらいから)続いてきたトンネルの中の日々。結局、8月まで全力で走り続けてきて、ようやく遠くに明かりの気配が見えてきたような……。あまりトンネルとか良くないたとえに自分の状況を重ねるのもいけないと思いつつ、そういう意味でもやっと客観性が出てきた気もします。

最近の政治の世界を象徴として、「えっ!?」と驚くような、それまでの常識が通用しない不条理な出来事が世の中にも自分の身辺にもたくさん起こっていて、時々めげそうになります。条理、道理、常識……それらを強くするためには、自分にとっての「正しさ」を大事にするだけではなく、言葉を媒介にして思いを自分の外側へと解き放つことが必要です。忙しい中でも小さな対話ができると、心に共感という名の細い通路が生まれたように感じられてホッとします。……なんだか数か月後に読み返してみたら、この時期弱っていたんだなあと思えるような文章でした 🙂

>>これから行くかもしれない展覧会[2017・7~]