これから行くかもしれない展覧会[2021・3/4~]

これから行くかもしれない展覧会[2021・3/4~]

小村雪岱スタイル ─江戸の粋から東京モダンへ
2021年2月6日[土]―4月18日[日] 日時指定予約制
三井記念美術館(東京・三越前)
版画・装幀本・工芸と雪岱の作品を多角的に紹介。原田治先生の勧めで好きになった。

STEPS AHEAD: Recent Acquisitions 新収蔵作品展示
2021年2月13日[土]―9月5日[日] 日時指定予約制
アーティゾン美術館(東京・東京)
近現代を中心に膨大な物量の収蔵品展。>>和田彩花と行く…(CINRA)

高田理香
2021年3月1日[月]―4月30日[金]
BAR アルクール(東京・渋谷)
宮益坂の先にある西麻布のバーで、近作10点を展示。

Mogu Takahashi exhibition ばらばらのあしなみで
2021年3月10日[水]―5月10日[月]
SFTギャラリー(国立新美術館)(東京・乃木坂)
日本での3年ぶりの展示。ドローイングで一杯のほぼ日手帳、前に見せてもらった。

LOUIS VUITTON &
2021年3月19日[金]―5月16日[日] 日時指定予約制
jing(東京・原宿)
ルイ・ヴィトンの歴代コラボを展示。ボウイ=寛斎のジャンプスーツも。>>VOGUE JAPAN

カワダクニコ 絵本『おばけえん』原画展
2020年3月20日[土・祝]―4月11日[日]
にこにこ書店(東京・目白)
絵本画家で、ペーターズギャラリーコンペの受賞同期。ミニ原画や陶芸作品も。>>Instagram

はるやまひろし個展 『あおときいろはならんでおどる』
2020年3月20日[土・祝]―4月11日[日]
PARK GALLERY(東京・秋葉原)
あおときいろで描かれた作品。グラフィカルなセンスを感じる。>>Instagram

アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド―建築・デザインの神話
2021年3月20日[土・祝]―6月20日[日] 日時指定予約制・当日券あり
世田谷美術館(東京・用賀)
家具と建築に大きな功績を残したアアルト夫妻。スケッチとプロダクトの展示など。

ライゾマティクス_マルティプレックス
2021年3月20日[土・祝]―6月20日[日]日時指定予約制
HBギャラリー(東京・表参道)
ライゾマの美術館における初の大規模個展。Perfume、SquarepusherのMVも。

木村裕治展「落穂を拾う」
2021年3月23日[火]―4月24日[土]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
終わった仕事を「落穂」と表現するの、共感できる。それを拾って新しい形に。

生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて
2021年3月23日[火]―6月6日[日] 日時指定予約制
SOMPO美術館(東京・新宿)
何度も見ていた気がするけど、日本では23年ぶりとなる大規模個展。

高橋祐次展「島の行方」
2020年3月25日[木]―4月9日[金]
新生堂(東京・表参道)
絵本的な感覚を持ちながら活動している画家の新作。ユニーク。

エヴァンゲリオン展VISUAL WORKS in秋葉原
2020年3月26日[金]―5月9日[日] ローソンほかで販売
ラオックス秋葉原本店 3F・4F展示ホール(東京・秋葉原)
劇場版最新作を含む製作資料&イラスト300点超を展示。

姜美善「事実の選択 “사실의 선택”」
2021年3月30日[火]―4月11日[日]
トーテムポールフォトギャラリー(東京・新宿御苑前)
強い写真が目に刺さったので。

いけずみひろこ絵本原画展「こぶたはなこさんと仲間たち」
2021年3月31日[火]―4月25日[日]
TEAL GREEN in Seed Village(東京・武蔵新田)
こぶたはなこさんの絵本が元になって『のはらうた』の詩が生まれた。

「それで君を呼んだのに」忌野清志郎を想う小さな展覧会 2021
2021年4月2日[金]―6月11日[金]火土休
シーモアグラス(東京・原宿)
リンク先の店主からのメッセージをごらんください。

仲條正義作品集出版記念展「仲條 NAKAJO」
2021年4月6日[火]―4月18日[日]
ユトレヒト(東京・明治神宮前)
「仲條のフジノヤマイ」シリーズからリプリントした作品を展示。

後藤美月 個展「わたしの空におなみだとぼく」
2021年4月15日[木]―4月26日[月]
ウレシカ(東京・西荻窪)
『おなみだぽいぽい』『空よ』2冊の原画展と新作。

[メモ]

これから行くかもしれない展覧会を今月から再開します。公式サイトのURLで内容が確認できる展示からとりいそぎ並べました。

コロナ以降、電車にもほとんど乗らず、基本的に外に出ることをずっと我慢してきました。1月に予定していたしなもん名義での個展も延期となりました。でも、そういう形で愚直に自粛を続けることが、ここにきてなんだか馬鹿らしくなってきたのも事実です。いまは待つこと、控えること、人に会えないことのデメリットを強く感じてます。

マスクの着用、社会的距離、手指の洗浄、換気が十分でない密集した場所を避ける、といったごく基本的な感染対策を守って、映画鑑賞や本屋巡り、美術鑑賞などをこれから再開していこうと思っています。

個展も、新たな再開の道を模索しているところです。しなもんの公式ストア(品門堂本舗)のオープンに先駆けて、一般店舗や通販サイトなどでの販売も少しずつ広がっています。最新情報は公式サイトでご覧ください。

https://www.cinnamon.buzz

 
>>これから行くかもしれない展覧会[2020・8~]

絵本『あらいくん』&イベントのお知らせ

絵本『あらいくん』&イベントのお知らせ

デザインに携わった新刊絵本『あらいくん』が1月に発売されました。

あらいくん
中川ひろたか/文 Serico/絵
世界文化社
2021年1月19日発売
定価(税込):1320円(本体1200円)
 


 
目に見えないウイルスの危険から自分を守るという、現代的なテーマの絵本です。
でも、基本は絵本らしく。
主人公は、手洗いが大好きな「あらいくん」。
歌って楽しく、ウイルスとバイバイしましょう。

作者は、ずっと前から一緒にお仕事している中川ひろたかさん、
絵は、グッズなどの仕事もされているイラストレーターserico(せりこ)さん。

いつも最新の仕事が自信作になるように、と願ってデザインをしていますが、
今回は帯も含めて隅々までアイデアを出し、かなり良い外観になったと思ってます。

 
イベントのお知らせです。
 
2月11日(木・祝)に絵本の刊行を記念して、作者の中川ひろたかさんによる
オンライントーク&サイン会が開かれます。
なんと、ぼくもゲストとして参加し、制作に関わったみなさんと一緒に、絵本制作のエピソードについてお話しする予定です。

参加申込と詳細はこちらからどうぞ。只今受付中です。

>>絵本『あらいくん』発売記念 中川ひろたか オンライントーク&サイン会

2021年2月11日(木・祝)14:00〜
*見逃し配信1週間あり

 
>>絵本『あらいくん』の紹介(PRTIMES)

>>わたしのやま|Works (世界文化社での最初の仕事)

のびるちぢむくん 〜Hoick CDブック4~

2020年末に制作した、Hoick CDブックシリーズの第4弾です。

のびるちぢむくん ~Hoick CDブック4~(→Hoick
中川ひろたか・鈴木翼・ロケットくれよん・福田翔・gaagaaS
ソングブックカフェ
発売中
定価(税込):3300円(本体3000円)
 


 
例年、6月に発売されていたこのシリーズ。今回はコロナにより夏に向けての制作・販売が難しく、半年後の12月、Hoick主催のクリスマスコンサートのオンラインライブに合わせて刊行される運びとなりました。

スポーツ用品メーカーのミズノとのコラボにより制作された「運動あそびうた」が、全体の約3分の1を占める構成となっています。ソングブックカフェメンバーが、ユニフォームやジャージに着替えて撮影した写真もみどころ。この時期、子どもたちの運動不足が懸念されていますが、運動に配慮したあそびはきっとご家庭でも楽しんでもらえるのではないかと思います。
 

>>のびるちぢむくん紹介ページ(Hoick)

絵本『のらねこバルとあひるのアヒージョ  ふたりはいつもはらぺこ』

絵本『のらねこバルとあひるのアヒージョ ふたりはいつもはらぺこ』

ご紹介が大変遅くなりましたが、2020年にブックデザインに関わった絵本です。

のらねこバルとあひるのアヒージョ ふたりはいつもはらぺこ
うえのよし/作 田中チズコ/絵
教育画劇
2020年9月18日発売
定価(税込):1320円(本体1200円)
 

おいしいものが大好きなのらねことあひるのコンビが、旅先のあちこちでお店を開く楽しいお話です。

絵を担当した田中チズコさんは、今作が初の絵本。数年前にデザインに関わった科学実験の本で漫画を担当していたのが田中さんで、いつか仕事がご一緒できたら、と思っていました。夢が叶ってよかったです。2020年に、フリー時代からたくさんの絵本を作ってきた教育画劇の編集者が担当、という画家さんと立て続けに3人も出会いました。田中さんもそうですが、こどもの絵本の画家として才能を感じる方々ばかりなので、いつかご一緒できればと思ってます。夢を口にしておくといつか叶うと思うので。

>>TANAKA CHIZUKO(画家さんのサイト)
>>商品紹介ページ(教育画劇)

>>かんたん!たのしい理科実験・工作シリーズ|パラグラフ

2020年最も印象に残った××××

2020年最も印象に残った××××

:::アート:::
 
Chim↑Pom「May, 2020, Tokyo / A Drunk Pandemic」 (東品川=ANOMALY)
おさなごころを、きみに (清澄白河=東京都現代美術館)
藤原さくらZine展「Pilot」 (原宿=国立新美術館)

「生で体験すること」が命を賭けるほどのイベントになってしまった2020年に観たものから。

マンチェスターで100年前に起こったコレラ禍を題材にした(着想はコロナ以前)Chim↑Pomのインスタレーションは、コロナ禍で最も辛くめげていた時期に観て、歴史は何度も繰り返すこと、辛い出来事が起こった時は歴史を参照すればよいことを教えてくれた。年の後半は個展の計画や作品集の制作準備と重なり、ほかの人の展示を観ている場合ではなくなったけど、ZINEやグッズの参考にいくつかの展示を回った中で印象に残ったのが、藤原さくらのZineでした。
 
2020年に観た展示の全記録です。>> twilog#gbiyori
 
 

:::音楽:::
 

*アーティスト名/タイトルのリンクはSpotify

 
香取慎吾『20200101』
 

 
2020年は、このアルバムに作り手が込めようとした期待とは180°違う年になってしまったかもしれない。でも、だからといって、この作品の価値が目減りした、とか、お祭り騒ぎのから騒ぎで終わってしまったということは全然なくて、むしろこんな苦しい時代だからこそ人々の心に響く作品になっていた。

それはやはり、慎吾くんがSMAP解散以前から感じてきた窮屈さと、それを乗り越えてきたからこそ響く言葉の数々が、コラボで関わったアーティストたちの言葉を通して、楽しげなアルバムの影にそっと込められているからだと思います。
 

それでも僕なら Be okay
何が起きてても Be okay
心配いらない Be okay
Let me see your gloom ye

──OKAY(feat. SALU)

悲しい何かを見るより
楽しい何かを Looking for Looking for

──Trap

通りに出れば強い向かい風
踵を返せばハイ追い風

──ビジネスはパーフェクト(feat. スチャダラパー)

どんな苦悩も全部耐えながら
どんな未来が待っているかな?
自分主義見せる生き様
そうさ今から楽になるから
NEXT FOR THE FUTURE WORLD

──FUTURE WORLD(feat. BiSH)

 
コラボの人選も含め、先進的で自由。同時期にリリースされた木村拓哉のソロが、SMAPの跡地に残されたファンを包むようなイメージ通りのポップロックだったのに対し、こちらはSMAPのチャレンジングな側面の集大成になっていた。SMAPがその後もずっと活動を続けていたら、こういう風になっていたかもしれないと感じさせてくれるようなアルバム。

 
YUKIKA『SOUL LADY』
 

2019年からK-POPを聴いてきた中で最大の収穫がYUKIKA(ユキカ/寺本來可)。日本から単身韓国に渡って、現地のミュージシャンとともにオリジナルで制作した80年代風のシティポップを歌い、世界的なミームとなる。昨年末に事務所を移籍したのにともない、シティポップのプロジェクトも終了とのことで、どうなるのか今後に注目。

>>世界注目のYUKIKA 韓国・ソウルで日本生まれのシティーポップを歌うわけ|& M

 
963『tick tock』
 

「カノン」進行、「丸の内」進行などポップスで特徴的なコード進行がある中で、ぼくの耳に心地よいのは「水星」進行、「YES-NO」進行と「Computer Love」進行(適当)。これらがエレクトロニックな要素の中にふんだんに取り入れられていた。ラップを前面に出さなくして正解。

 
ITZY『Not Shy』
 

K-POPを聴き始めた去年から好きだったTWICEの妹分。今作はミニアルバム全編通してのクオリティの高さを感じた。ITZYのアメリカン・ロックけっこう好き。

 
ニガミ17才『ニガミ17才o』
 

バンド形態なのに既にバンドではないサウンドへ。MELON(元プラスチックスの)を想い出す。ここからどこに向かっていくのか。

 
藤井風『HELP EVER HURT NEVER』
 

去年の年明けに「何なんw」「もうええわ」を聴いて、ヤバいぞと。中村一義のデビュー年に出生、中村一義と同じ22歳でデビュー。アルバムは名曲渋滞状態だけど、もし中村一義『金字塔』のような構成力が働いていたら、もっと揺るぎない大名盤になってたと思う。

 
iri『Sparkle』
 

日本の女性R&Bでいま現在最も注目しているシンガー。声質もアレンジも。

 
瑛人「香水」
 

「香水」のシングルに収録の3曲が良かった。なんでもない日常を描くラブソングを今後も作り続けてほしい。ちなみに「香水」の良さを教えてくれたのは、しんごちんと清野桃々姫。

 
Ado『レディメイド』
 

最近歌い手系の曲に詳しい娘(小6)から教えてもらった。大ヒットした「うっせえわ」もピアノアレンジで改めて良さを感じた。チャート構造が変わって、良曲がちゃんと上位に上がってくるようになった。

 
2020年リリース以外でよく聴いた作品:

Tommy Guerrero『Living Dirt』(2010)
中森明菜『不思議』(1986)
official髭男dism『Traveler』(2019)
Edwin Birdsong『Edwin Birdsong』(1979)

 
::LIVE::

official髭男dism ONLINE LIVE 2020 – Arena Travelers –
Ayaka Wada Virtual Live 2020

 
 
:::メディア:::
 

 
::本::

生きる はたらく つくる 皆川明(つるとはな)
追憶の泰安洋行 長谷川博一(ミュージック・マガジン)
苦しい時は電話して 坂口恭平(講談社現代新書)
方丈記 鴨長明 蜂飼耳・訳 (光文社古典新訳文庫)
 
::映画・ドラマ::

のぼる小寺さん
浅田家
梨泰院クラス
 (Netflix)

イラストレーター時代に描いた作品集と、初めての個展のタイトルを「ぼくは ぼく」にしたんだけど、そのタイトルに込めた意図(自分は自分。自分自身が責任を持って決断すること etc…)とシンクロするような表現が多かったのに驚いた。とくに「梨泰院クラス」はその最たるものでした。

 
 
:::ハロプロ楽曲大賞’20:::
 

 
1位|ビタミンME BEYOOOOONDS
2位|ミラー・ミラー アンジュルム
3位|ホットラテ Hot latte 和田彩花
4位|初めてのハッピーバースディ!(2015 カントリー・ガールズ Ver.) カントリー・ガールズ
5位|ポップミュージック Juice=Juice
 
次点|なし
(リンクはすべてYouTube)
  

推しメン部門|小関舞

元気そうで良かった! 現メンでは松本わかなちゃん(アンジュルム)。モーニングの赤い人が自分の中で遠くに行ってしまい、代わりに元・赤い人が帰ってきた。「COVERS」公演は2回観たけどすごく良かった。「お家でびよんず学校」が不安な頃の心の支えでした。
 
>>第19回ハロプロ楽曲大賞’20
 

>>>2019年最も印象に残った××××