みんなともだちカロム、GOOD TOY 2019を受賞

みんなともだちカロム、GOOD TOY 2019を受賞

2011年にデザインに関わったみんなともだちカロムグッド・トイ・アワード2019を受賞しました。
2019年5月25日(土)、四谷の東京おもちゃ美術館で開かれた授賞式に参加してきました。

>>GOOD TOY AWARD 2019
 

グッド・トイ・アワード(GOOD TOY AWARD)について

人々に長く愛され、楽しんでもらえるおもちゃを表彰する目的で設けられた賞で、全国のおもちゃコンサルタント約2000名の投票により、毎年50~60点が受賞作(グッド・トイ)に選ばれています。

受賞作は、東京おもちゃ美術館での一年間の常設展示のほか、ミュージアムショップや公式サイト上での紹介および販売、全国200ヵ所に設置された子育てサロン「おもちゃのひろば」の公認玩具としての活用など、様々な特典・恩恵が受けられます。

>>GOOD TOY(公式サイト)
>>グッド・トイとは?|GOOD TOY(選考基準など)

同年度発売のおもちゃといった縛りはなく、おもちゃコンサルタントたちが自分の目で見て今こそ勧めたいと考えるおもちゃが審査によって選ばれます。「みんなともだちカロム」についても作り手からの働きかけとかは一切なく、主催者側からエントリーを勧める連絡が昨年あって、何回かの審査を経て今回の受賞に至ったそうです(今年の林野庁長官賞は発売から40年、グッド・トイ大賞は10年)。

授賞式では、賞の授与のほか、今年度の受賞作約50点のブースが設置され、受賞したおもちゃに実際に触ることのできる交流会の時間も設けられました。作者(または輸入販売者)のみなさんは、それぞれの場所でただ無心におもちゃと向き合ってきた人たちばかり。

そんな中でとりわけ目立ったのは、おもちゃの特徴や操作方法について熱心に質問する、おもちゃコンサルタントや美術館スタッフたちの姿でした。来館者や一般の方におもちゃの魅力を自分の言葉で伝えられるよう、メモを片手に問いかける様子が印象に残りました。


 

みんなともだちカロムについて

東日本大震災の直後、絵本作家(シンガーソング絵本ライター)の中川ひろたかさんの提唱により作られたゲーム盤です。福島県いわき市在住の原田由香さん(みんなともだちSHOP)の働きかけで同市の複数の業者が製造に参加し、その収益が地元の産業に還元されて、被災した地域の復興を支えるしくみとなっています。

カロム(carrom)はインド発祥といわれる、ビリヤードとおはじきが合体したようなボードゲームです。日本のカロムの中心地である滋賀県彦根市で使われていたカロム盤をベースに、お年寄りから子どもまで楽しめるようなアレンジを加えたデザインとなりました。盤面中央の鳥の絵は、画家の村上康成さんが描いた復興支援プロジェクト「みんなともだちプロジェクト」のシンボルマークです。盤面には、いわき市で作られた製品であることを示す「MADE IN IWAKI, FUKUSHIMA」という文字も記されています。

みんなともだちカロムを使った公式大会「C1カロムグランプリ」が全国で開かれ(シンボルマークのデザインも担当)、ゲームの普及に役立っています。

ぼくにとってはこれが初めての、木を使ったプロダクトのデザインでした。関わった仕事が長い時間をかけて人々に愛され続けるのは、作り手にとっての理想だと思います。みんなともだちカロムの製造と普及に努めた全ての方のおかげです。このような栄えある賞に選んで頂けたことに深く感謝します。


東京おもちゃ美術館館長、みんなともだちカロムのスタッフと

>>みんなともだちカロム|Works|パラグラフ
(デザインについての紹介)

>>MADE IN IWAKI, FUKUSHIMA|パラグラフ
(中川ひろたかさんと共に被災したいわき市を訪問したときのルポ)

>>みんなともだちSHOP

第11回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート

第11回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート

毎年チラシ等のお手伝いをしている吹奏楽団harmonize(ハーモナイズ)のコンサート。昨年設立10年目のコンサートを終え次の10年へ!ということでコンサートチラシのヴィジュアルを新しくしました。

これまで10年間、原則として自作のアートワークをメインに据える縛りでずっと続けてきました(写真をメインにした年もあります)。今年からは新展開として、harmonizeの世界を広げてくれるようなイラストレーターやクリエイター(自分自身も含む)の方々に都度お願いしていくことになりました。

その初回にあたる第11回のアートワークを(偶然)担当していただくことになったのは、アーティストの屋宜加奈美(やぎかなみ)さんです。hugging♡+(ハギング ラブ プラス)という名義で、カラーインクによる即興的なドローイングやワークショップなど、描くことで人の気持ちに寄り添うような活動をされています。

>>hugging♡+(ハギング ラブ プラス)

彼女は、ぼくの娘が5年ほど前に通っていた幼稚園の“ママ友”さんでした。今回の作品は、たまたま妻が購入してリビングに飾っていた小さなドローイングでした。それを何度か目にするうち、11年目を迎えたharmonizeの新しいイメージに合うのではないかと考え、ヴィジュアルとして使わせていただくことを思い付きました。このコンサートのために特別に依頼した作品というわけではなく、そんな偶然も面白く感じています。解釈については見る方に委ねたいですが、この作品が描かれた日付が今年の3月11日だったというところにも深く納得しました。

日野市など限られた場所での配布になりますが、手に取っていただけたらうれしいです。

harmonize(ハーモナイズ)は東京都日野市を拠点に活動する吹奏楽団で、リーダーで指揮者の、中学や高校で音楽教師を務める藤井和夫君の教え子が中心となって集まり、演奏を続けています。毎年初夏にチャリティーコンサートを開き、児童養護施設出身の子どもたちをサポートする「NPO法人日向ぼっこ」への募金を行なっています。

コンサートは入場無料です。
お近くの方、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。
取材や問い合わせについては、彼らのウェブサイトをご覧になってください。

第11回harmonize(ハーモナイズ)吹奏楽チャリティーコンサート
2019年7月7日[日]
13:30開場/14:00開演
ひの煉瓦ホール(日野市民会館)大ホール
入場無料

>>harmonize|Works|パラグラフ(第一回以降のフライヤー)

>>harmonizeに関するブログ記事の一覧

harmonize公式ブログ
https://harmonize2008.blogspot.jp/

「元・丁稚」藤井和夫インタビュー|INTERVIEWS for land of music “the Rising”
https://therising.hatenadiary.org/entries/2009/06/18
――指揮の藤井君はかつて、ロックバンドHEATWAVEの伝説の「丁稚」でした。

これから行くかもしれない展覧会[2019・5~]

これから行くかもしれない展覧会[2019・5~]

BOUM! BOUM! BOUM! 香取慎吾NIPPON初個展
2019年3月15日[金]―6月16日[日]
IHIステージアラウンド東京(東京・市場前)
仕事が空いた日にフラっと食べられに行くかも。

大日本タイポ組合展「文ッ字 いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも」
2019年4月20日[土]―6月30日[日]
町田市民文学館ことばらんど(東京・町田)
文字と文学。タイトルが秀逸。トークやワークショップも多数。

クリムト展 ウィーンと日本 1900
2019年4月23日[金]―7月10日[水]
東京都美術館(東京・上野)
人生で最初に好きになった画家がクリムト。なるべく空いてる日に行く。

大宮エリー|スピリットチャージ写真展
2019年4月26日[金]―5月8日[水]
トーキョー カルチャート by ビームス(東京・原宿)
パワースポットは結構好き。問題は、写真にまでそのパワーが宿るのか。

Fermentation Tourism Nippon ~発酵から再発見する日本の旅~
2019年4月26日[金]―7月8日[月]
d47 MUSEUM(渋谷ヒカリエ 8F)(東京・渋谷)
小倉ヒラクがキュレーションする、日本における発酵の全てを紹介する展示。楽しみ。

BONE MUSIC展 ~僕らはレコードを聴きたかった~
2019年4月27日[土]―5月12日[日]
BA-TSU ART GALLERY(東京・明治神宮前)
昨今の販売停止問題ともリンクする展示、主催がソニー(SME)というところで乾いた笑いが。

シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019
2019年4月27日[土]―6月2日[日]
アーツ千代田 3331/1Fメインギャラリー(東京・末広町)
ブレードランナー、∀ガンダムのデザイン画、初期作品から新作まで多数展示。

ルート・ブリュック 蝶の軌跡
2019年4月27日[土]―6月16日[日]
東京ステーションギャラリー(東京・東京)
フィンランドのセラミックアーティストの日本初個展。クートラスを思い出す。公式サイトはこちら

“Express More with Less” by Yu Nagaba
2019年5月1日[水]―5月17日[金]
GALLERY TARGET(東京・原宿)
長場雄の代表作ACE HOTELのメモ描きを大判に拡大。グッズ販売も。

THE SMITHS Promotional Posters Exhibition
2019年5月3日[金・祝]―5月12日[日]
THE BEACH GALLERY/Grand Gallery(東京・代々木八幡)
ザ・スミスのプロモーション用ポスターの展示。ファンにはたまらない。

ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ
2019年5月11日[土]―7月28日[日]
ちひろ美術館・東京(東京・上井草)
待ちに待った日本初の大規模個展。広松さんの数年越しの悲願でもあったかも。

中川ひろたか|糸のこアラカルト
2019年6月3日[月]―6月15日[土]
ピンポイントギャラリー(東京・表参道)
一時期突然始めた糸のこ作品を展示。「一時期突然」が中川さんの面白み。

[メモ]

絵本『ねずみのシーモア』の原画展が各地を巡回しています。今度は京都。
各地の原画展・イベント情報もわかり次第追記します。

>>絵本『ねずみのシーモア』|パラグラフ

GW前半は静岡に帰りました。いつも立ち寄る雑貨店で見つけた、缶詰などをリサイクルして作られたミニチュア自転車について調べてみました。

>>マダガスカルのミニチュア自転車|パラグラフ

かなり前から慢性的な高コレステロール体質でしたが、先日の健康診断で数値がとんでもなく高かったため、かかりつけの医者から薬物療法を勧められ、4月からコレステロール降下剤を飲み始めました。先生曰く、コレステロール降下剤の結果は割とすぐ反映されるそう。もっと早く飲めばよかったかな…。

そしてこの機に、これまで毎日と言っても過言ではないほど食べていたスナック菓子からもきっぱり足を洗いました。ポテチの新製品が出ると欠かさず買うような、長年の反健康的な食生活とも永遠にお別れ。とはいえ、いきなり間食を断つのも寂しいかと思い、しばらくおなかが空いたときポテチの代わりにある物を食べることにしました。それがこちらです。

コレステロールを下げる食品といえば、大豆が有名。納豆や豆腐よりも気軽に食べられる大豆を探していて、たまたまスーパーで見つけたのが「蒸し大豆」でした。サラダなどに使うやつ。「そのまま食べられる!」と書いてあったので、試しに買ってそのまま食べてみたら、程よい味でとても美味しい。なので、これをしばらくスナック菓子の代わりに、おなかが空いたときの友にすることにしました。ものすごくおなかが空いているときはひと袋丸ごと、そうでもないときは半分食べます。ひと袋100gなので、丸ごとだと一食分に相当するほど、空腹がかなり満たされます。少量になってしまった最近のポテチ(55~60g)とは満足度も桁違い。

ポテチとの違いを強く感じたのは、原材料表示でした。

以前はよく食べていたカルビーのポテトチップス(コンソメパンチ味)

原材料名:じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、チキンコンソメパウダー(小麦・大豆・豚肉を含む)、砂糖、食塩、デキストリン、コーンスターチ、粉末しょうゆ、粉末ソース(りんごを含む)、オニオンエキスパウダー、香辛料、ビーフコンソメパウダー、トマトパウダー、発酵トマトエキスパウダー、キャロットパウダー、調味動物油脂、梅肉パウダー/調味料(アミノ酸等)、香料(ごまを含む)、カラメル色素、酸味料、パプリカ色素、甘味料(ステビア)、香辛料抽出物、ベニコウジ色素

(参考:食品情報館

こちらは蒸し大豆でNo.1といわれるマルヤナギの蒸し大豆

原材料名:大豆(北海道産、遺伝子組み換えでない)、食塩、醸造酢

これだけです。コレステロールに悪そうな油類その他を摂らずに済むのがやはり大きい。そして、身体に悪いと知りつつ食べる、から、身体に良いものを積極的に摂取する、への変化。

金銭的にもコンビニで買うポテチ(140円)に比べて、100gで約100円という値段は非常にお得で、一度こちらを知ってしまうともうポテチには戻れなくなります。健康な人のお酒のおつまみなどにも適しているのではないでしょうか。うちでは同じ原材料の、マルヤナギかフジッコのどちらかを買ってます。

先月に続いて健康の話題でした。身体はコンピュータより大切なツールだと日々実感しています。

──補足です。大豆は「水煮」ではなく「蒸し大豆」ですのでお間違いなく。水煮は液体に浸した状態でパックされているので、汚れたりしてスナック的用途には難しいです。一応「そのまま食べられます」と書いてあるものの、豆自体の味は蒸し大豆に比べてかなり薄く、料理に使ったほうが無難だと思います。

>>これから行くかもしれない展覧会[2019・4~]

マダガスカルのミニチュア自転車

マダガスカルのミニチュア自転車

静岡に帰るたび必ず立ち寄る雑貨店の三保原屋LOFTで、GW3日目に偶然見つけたブリキでできたミニチュア自転車。

ブレーキワイヤーやサドル、タイヤカバー、フロント&リアライト、スポーク、チェーンカバー、荷台に至るまで、自転車のパーツが精巧な細工により再現されている様子に驚きました。両輪は固定されておらず、回す(走らせる)こともできます。

よく見ると本体やカバーの部分には、缶詰の一部がそのまま使われていました。フライターグのバッグのように元の缶の色や模様をそのまま生かした仕上がり。とてもカラフルで、見ているだけで楽しい気持ちになってきます。

しかも値札を見ると、なんと1000円+税というリーズナブルな価格。これは!と思い、気に入った2台とも買って帰ることにしました。


 

店員さんに作家について尋ねたところ、雑貨を仕入れている問屋から入ってきた品物で(つまり、作家と直取引の作品ではない)、詳しいことはわからないようでした。

缶詰の感じから見て外国産かもしれないと思い、ネットで調べてみたらやはり正解。マダガスカルで作られたクラフト製品でした。
 

マダガスカルのミニチュア自転車やクラフト作品を紹介する「Tour to Madagascar」の記事がありました。

調べてみたところ、ミニチュア自転車は、マダガスカルのアンツィラベ(Antsirabe)在住のマミーさんという男性が、缶詰や電線、瓶のフタなどの廃品をリサイクルして1990年頃から作り始めたようです。自転車のほか、現地で走る車(ルノー)、プスプスと呼ばれる人力車などが作られています。ミニチュア1台の製作にかかる時間は30分、製作費はわずか数ユーロ。彼の店(MAMY’S MINIATURES)ではミニチュア製作の様子を見学できるそうです。奥さんも刺繍アーティストであり、夫婦ともにクラフト製作に関わっているとのことでした。アンツィラベはクラフトの盛んな町で、彼らのほかにも多数の作家が活動しています。豊かな農村地帯で米の栽培や牧畜が行われ、クラフトとともに町の暮らしを支えている。人生でいつか機会があったら、マダガスカルに行ってみたいと思いました。
 

これから行くかもしれない展覧会[2019・4~]

これから行くかもしれない展覧会[2019・4~]

杉戸洋「cut and restrain」
2019年3月16日[土]―4月13日[土]
小山登美夫ギャラリー(東京・六本木)
空間と呼応する芸術。創作心を刺激してくる。

樹木希林 遊びをせんとや生まれけむ展
2019年3月19日[火]―4月7日[日]
西武渋谷店A館7F特設会場(東京・渋谷)
達観に諦観、いろんな苦さや哀しみを抱きしめながら、生きて演じた俳優だと思う。

ル・コルビュジエ – 絵と家具と
2019年3月29日[金]―5月18日[土]
MA2 Gallery(東京・恵比寿)
これまで紹介される機会の少なかった初期のピュリズム絵画や版画、オブジェ、家具など。

企画展 百年の編み手たち ─流動する日本の近現代美術─
2019年3月29日[金]―6月16日[日]
東京都現代美術館(東京・清澄白河)
いよいよ復活。奈良美智、ホンマタカシなど同館のコレクションによる展示。

ペーパーゲームキッサ巡回展@ G.Itoya
2019年4月2日[火]―4月13日[土]
銀座 伊東屋 G.Itoya B1F Inspiration Hall(東京・銀座)
紙のゲーム。一回目を見逃したので、少し近くでの巡回はありがたいです。

「それで君を呼んだのに」忌野清志郎を想う小さな展覧会 2019
2019年4月2日[火]―5月2日[土]
SEE MORE GLASS(東京・原宿)
毎年恒例の楽しい日々。植田真さん作の巨大サイズの告知フライヤーにびっくり。

佐々木マキ『いないいないばあさん』絵本原画展
2019年4月6日[土]―4月21日[日]
ビリケンギャラリー(東京・表参道)
珍しい個展。原画のほか、オリジナル新作の展示も。

萬画家・石ノ森章太郎展 ボクは、ダ・ビンチになりたかった
2019年4月20日[土]―6月30日[日]
世田谷文学館(東京・芦花公園)
手塚治虫先生より接した時期は早いかも(戦隊モノとか。幼稚園から)。

小林ラン個展「喜喜収集」
2019年4月23日[火]―4月28日[日]
L’illustre Galerie LE MONDE(東京・原宿)
偶然見かけて気になるイラストレーター。本人のサイトはこちら

手紙社の「こどもの日」
2019年4月27日[土]―4月28日[日]
東京都立産業貿易センター台東館7F展示室(東京・浅草)
絵本やワークショップなど、こどものための体験イベント。27日『ねずみのシーモア』朗読ライブも。

田村セツコのHAPPYがいっぱい!
2019年4月27日[土]―8月4日[日]
とちぎ蔵の街美術館(栃木・栃木)
蔵を利用した美術館での新作&回顧展。楽しそう。遠いけど行きたい。

[メモ]

2月に出版された絵本『ねずみのシーモア』のブックデザインを担当しました。
絵の中に隠されたあれこれや、これからの原画展巡回の予定について記しています。

>>絵本『ねずみのシーモア』|パラグラフ

桜の季節、多くの人が悩む花粉症。かくいう自分も20年前に罹患してから毎年、鼻炎=頻発するくしゃみと止まらない鼻水に苦しめられてきました。寝起きから始まって一回に5~6連発のくしゃみが、一日最低5セット。シーズン中はずっと鼻水たらたら。一旦アレルギーのスイッチが入ると、鼻の奥が炎症でちょっとした香水などの匂いにも反応してしまい、薬も民間療法もマスクも全く歯が立たないのが常でした。

しかし……今年に入ってある対策を試したところ、長年悩まされてきたアレルギー性鼻炎の症状が劇的に改善したのです。その対策とは……???

花粉から目を守ること

でした 🙂

花粉アレルギーの代表的な症状として、鼻水・くしゃみとともに、目のかゆみが挙げられます。花粉に対してダイレクトに症状が出る場所が“鼻”なので見落としがちですが、花粉は鼻と同じくらい実は目からも入ってくるのではないでしょうか。鼻や口をマスクでカバーして、それでも花粉アレルギーに悩まされるとしたら、多くの人が対策している鼻よりも、目からの花粉の侵入を防ぐことが重要なのではないか、と。花粉が到来した3月中旬後、街ですれ違う人々が厳重にマスクをしているのに、目が一様にパッチリがら空きで無防備に近かったのを見たのがヒントになりました。

そんなことを思いつつ早速始めた、目の洗浄(アイボンなどの市販の洗浄液を使用)が予想以上の効果を発揮し、信じがたいことに毎年苦しんでいたひどいくしゃみや鼻水が全く出ない日が増えました。朝晩と、外出からの帰宅時、目がかゆくなりそうだな~と感じたときに一日3回から5回、目を洗うだけ。昨年の余りの飲み薬(ベポスタチン)も症状がひどい日や、家から長時間外に出る前に飲むだけで、今シーズン飲んだのは3月中旬から数えてまだ10錠程度。今年はまだ病院に一度も行ってません。

結局、飲み薬も点鼻薬も目薬の使用もアレルギーが起こった後の対症療法でしかなく、抜本的には花粉を体内に入れないことが自分には大事だったんだと思います。

今年から、JINSで作った度付きの花粉用メガネも使っています。でも、使い始める前に目の洗浄によりアレルギー症状が大方改善してしまったため、このメガネ単体でどれほど効果的なのかは不明です。目の周囲を覆うことで、普通のメガネに比べて密閉とはいえないまでも、幾分は花粉の侵入を防げているのではないかと想像します。

人によって花粉アレルギーの症状もその対策も様々。ぼくの場合は鼻がデリケートなため、鼻うがいや鼻ワセリンはかえって炎症を刺激してしまうことにつながり逆効果でした。時々話題に上るヨーグルトなどの食品による改善も全く効果なし。それぞれの症状や体質に応じた解決策が見つかることを願ってます。

何もかもが奇跡的。鞘師里保の殺し屋の目がトラウマになりそうな、ひなフェスハロプロプレミアムの感想はまたの機会に。

[2019/6/2追記]

記事のテーマと内容を意図的に分けて検索避けを狙っているので、花粉症でここにたどりつく方は数少ないと思いますが……アレルギー対策の後日談です。

上に挙げた、花粉メガネと目の洗浄でアレルギーを防げたのは、スギ花粉が飛んでいた4月下旬まででした。多くの人がスギ花粉を感じなくなり始めた4月下旬からGW頃まで、かなりアレルギーの当たりがキツいというか、それまでの対策が通用しない時期がしばらくありました。

決定的だったのはGW前半、泊まったホテルの部屋に消臭芳香剤が散布されていて、その匂いで鼻がやられ毎日のくしゃみが止まらなくなりました。目のかゆみが全くないため、それまでの目を守る対策も無効で、花粉由来のアレルギーとは別のフェイズに突入してしまったことが感じられました。

一応この時期の主な症状は、くしゃみ(一日3セット・各4~5発)、頭皮や肌、お尻の穴等のかゆみ。5月半ばに病院でもらった薬の副作用で眠気と無気力が収まらなくなってしまい、下旬にようやく薬を元に戻して、とりあえずいまはなんとか小康状態といったところです。例年、夏までにはアレルギー症状は収まっているので、このまま薬でやり過ごすしかないかなあ、と。

GWのファ○リーズ攻撃がなかったらどうなっていたかが気になるのと、やはりアレルギー検査などで、きちんと自分のアレルギーの正体について知っておくべきだと思いました。

>>これから行くかもしれない展覧会[2019・3~]