Sing More Songs もっとうたってよちゃん

Sing More Songs もっとうたってよちゃん

原宿の「絵本の読める小さな小さな喫茶店」シーモアグラスが、2016年9月で20周年を迎えました。おめでとうございます! 20周年を記念したライブイベントや展示、グッズが作られるなど賑やかな企画が目白押しですが、そのうちのひとつ、シーモアグラスにゆかりのある作家やミュージシャンが参加して作られた記念CD『Sing More Songs もっとうたってよちゃん』にデザインで参加させていただきました。紙ジャケットとブックレットのイラストは、イラストレーター/絵本作家の荒井良二さんが、開店以来シーモアグラスのために描いた作品の中から抜粋しています。シーモアグラスのほか、通販サイト、全国の絵本専門店などで販売予定です。参加ミュージシャン、関連イベントなど詳しくは特設サイトをご覧ください。

sms-h1
 
Sing More Songs もっとうたってよちゃん(→特設サイト
シーモアグラス
2016年9月14日発売
2400円+税(定価)
 

矢野顕子さんのさとがえるコンサートパンフレットとして1999年に制作した絵本『わたしはラーラ』(矢野顕子・作、上田三根子・絵。編集/デザインで参加)を、Twitterの【店で読める本】で好意的に取り上げて頂いたのがきっかけで、シーモアグラスとのお付き合いが始まりました(お礼を言うため、約10年振りにお店を訪れた日のことが、シーモアグラスのブログに残されていました)。

個人的にはちょうど絵本の仕事がしたいと思っていた時期と重なっていて、お店に訪れるたび、絵本関係者など数々の出会いに恵まれました。いろんな方が述べられているように、店主の織衣さんの見えない力によって、沢山の才能ある人々がこのお店に結び付けられているのを感じます。

今回のアルバムもそんな20年分の出会いの賜物だと思います。デザイナーとしては、歌い手や語り手の声や姿勢を、書体とデザインに反映させることに集中し、店主の織衣さんのように多くを語らないことを心がけました。ぜひお買い求めの上、ブックレットを眺めながら、シーモアグラスにいるような気分で、聴いて楽しんでいただきたいです。
 
sms-w-obi
 

>>Café SEE MORE GLASS
>>20周年記念アルバム特設サイト
>>わたしはラーラ|Works|パラグラフ

ロケットくれよん SONG BOOK 〜咲くよ咲くよ夢の花〜

ロケットくれよん SONG BOOK 〜咲くよ咲くよ夢の花〜

鳥取をベースに活動する男性保育ソングデュオ=ロケットくれよんの楽譜集『ロケットくれよん SONG BOOK 〜咲くよ咲くよ夢の花〜』のデザインを担当しました。結成12年のキャリアを持つ二人(山口たかし・高田さとし)にとって初の楽譜集。版元のソングブックカフェにとっても、本格的な書籍としてはこれが初めてです(第一弾は、中川ひろたかさんの『あいうえほん』)。

保育の出版現場でよく見かけるファンシーな楽譜集とは全く異なる方向を目指すべく、オールカラーを活かして、ロケットくれよんの自然な姿を撮り下ろした写真(鳥取ロケ)を全編に使った、前例のない「写真集のような楽譜集」。昔懐かしいアイドルの歌本や、デザイン的には初期ビーチボーイズっぽい雰囲気も意識してます。おかげさまでファンの方や保育関係者など、各方面で好評をいただいているそうです。ソングブックカフェのオンラインショップやHoickなどで発売中です。

rockets-h1-img

rocket-crayon

rocket-crayon2

 
ロケットくれよん SONG BOOK ~咲くよ咲くよ夢の花~(→Hoick
ロケットくれよん(山口たかし・高田さとし)
ソングブックカフェ
発売中
1600円+税(定価)

>>ソングブックカフェ オンラインショップ

『おどってあそぼう!!ケロポンズBEST』MV背景

『おどってあそぼう!!ケロポンズBEST』MV背景

ケロポンズ初のメジャーデビューベストアルバム『おどってあそぼう!!ケロポンズBEST』が2016年7月にリリースされました。アルバムのDVDに収録されているミュージックビデオの背景(静止画イラスト)を担当しました。

おどってあそぼう!!ケロポンズBEST(→カエルちゃんネット
ケロポンズ
ユニバーサル・ミュージック
2016年7月13日発売
2500円+税(定価)
 

MV収録曲のうち、2012年にYouTubeで公開された「エビカニクス」「ふりかけパラパラ」「ブルブルブルドッグ」「へそへそパワー」の4曲と、今回新たに制作された3曲の新曲「チェケマッチョ!」「カエルンバ アヒルンバ」「エベレストレッチ」+既発曲の「おばけのバケちゃま」──以上8曲に背景が使われています。
 
チェケマッチョ!/ケロポンズ
 
ブルブルブルドッグ/ケロポンズ

 
エビカニクス

 
ブルブルブルドッグ

 
チェケマッチョ!(新曲)

 

エビカニクスから派生したニューコラボもYouTubeで公開されました!

エビカニクス 2016/ケロポンズ with がっちゃん・まこみな・りんか&あんな

 
「エビカニクス」英語・中国語・スペイン語ヴァージョンも公開中!
“EBI & KANI”(English/英語)”虾和蟹的健美操”(Chinese/中国語)“EBI y KANI”(Spanish/スペイン語)

ここに紹介した以外にも背景を描かせてもらったMVが、YouTubeのカエルちゃんねるに公開されています。ほかの動画も面白く、普段の生活や子育てで忙しい日々をなごませてくれるでしょう。

芸歴17年の新人、ケロポンズ、まさかの大ブレイク。エビカニクスの歌とダンスの後ろに出てくる、あのゆる〜い背景イラストを延べ1300万以上の方が見てくださっているんだと思うと、驚きと感謝の入り混じった不思議な気持ちでいっぱいです。保育現場からお茶の間へ。人間を超えた別の生き物(ゆるキャラ?そしてスター)になりつつあるケロポンズの二人を、これまでと変わらず全力で応援していきます。
 

>>ケロポンズ(カエルちゃんネット)
──ケロポンズのオフィシャルホームページ
>>「エビカニクス」人気爆発1200万再生! “保育界のアイドル”ケロポンズ|オリコンスタイル
──アルバムの詳細と、各界の反応
>>〜ケロポンズとフジロック。〜|こどもフジロック|富士祭電子瓦版
──2013年から連続出場しているフジロックについて語るロングインタビュー。面白い
 
>>ケロポンズの仕事(2012)|Cinnamon
──以前、イラストレーションサイトにアップした記事

わかる わかる じかんの えほん

わかる わかる じかんの えほん

2015年夏に発売されご好評いただいた『よめる よめる もじの えほん』と同じチームによる、第二弾絵本『わかる わかる じかんの えほん』が3月末に刊行されました。今回もデザイン(+企画)で参加しています。

今度のテーマは「時間」です。子どもたちが初めて時間を意識するのはいつでしょう。日の出と日の入り、気温や植物の変化など、自然が知らせてくれる時間。三度のごはんやおやつなどの毎日繰り返される生活習慣。時計やカレンダーによって伝えられるルールとしての時間にとどまらない、(子どもの心があるからこそ触れることのできる)多様でスケールの大きな「じかん」の姿を、ページをめくりながら一緒に体験していく絵本です。

絵を担当してくれたしもだいらあきのりさんの個展が、西荻窪の絵本店&ギャラリー「URESICA」で開かれます。(終了しました)

わかる わかる じかんの えほん 原画展
「じかんですよ」 しもだいらあきのり(MURGRAPH)個展

2016年6月2日[木]―6月12日[日] *6/7休
URESICA SHOP & GALLERY(東京・西荻窪)

『わかる わかる じかんの えほん』の原画と描き下ろしの新作を展示。下平晃道/murgraph名義によるブローチなど各種雑貨の販売も行われます。

 
わかるわかるじかんのえほん
 
わかるわかるじかんのえほん

 
わかる わかる じかんの えほん(→Amazon.co.jp
こくぼみゆき・さく しもだいらあきのり・え 下山ワタル・デザイン
あかね書房
発売中
1200円+税(定価)
 
[amazonjs asin=”4251010000″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”わかる わかる じかんの えほん”]  
>>よめる よめる もじの えほん|パラグラフ

第八回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート

第八回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート

毎年チラシ等のお手伝いをしている吹奏楽団harmonizeのコンサート。今年で八回目となります。

一昨年まで毎回もらっていたお題(テーマ)を前回からもらわず、harmonizeというバンドの特徴を思い浮かべながら勝手にアートワークを作っています。今回は線香花火のように音符が弾けるイメージです。調和しつつもどことなく均一ではない感じがハーモナイズっぽいといえばそうかもしれません。

このチラシに関わり続けることにも、このデザインという仕事自体にもいえることですが、8年、9年…とひとつのことを長く続けていると必ず鮮度が落ちてきたり、飽きてきたり、いろいろあります。その点ハーモナイズは、長い時を経ても決して円熟せず、いつも新鮮な気持ちで観ることのできる楽団だと思います。年齢のことだけに限らず、彼らと接していると「若さ」っていいなあと感じることが多いです。活動開始当初からチャリティーを掲げ、社会や世界の外側とつながろうとする姿勢にも敬服します。

harmonize(ハーモナイズ)は東京都日野市を拠点に活動する吹奏楽団で、リーダーで指揮者の、中学や高校で音楽教師を務める藤井和夫君の教え子が中心となって集まり、演奏を続けています。毎年初夏にチャリティーコンサートを開き、児童養護施設出身の子どもたちをサポートする「NPO日向ぼっこ」への募金を行なっています。
 
コンサートは入場無料です。
お近くの方、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。
取材や問い合わせについては、彼らのウェブサイトをご覧になってください。

 
第八回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート
2015年7月3日[日]
13:30開場/14:00開演
ひの煉瓦ホール(日野市民会館)大ホール
入場無料
 
hrm16
 

harmonize吹奏楽チャリティーコンサート FLYER/LEAFLET (第二回以降のチラシ)
harmonize+foglight 吹奏楽合同演奏会 FLYER/LEAFLET (第一回のチラシ)

第七回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート|パラグラフ(前回のこと)
https://paragraph.jp/2015/06/harmonize-2015/

harmonize公式ブログ
http://harmonize2008.blogspot.jp/

「元・丁稚」藤井和夫インタビュー|INTERVIEWS for land of music “the Rising”
http://d.hatena.ne.jp/theRising/20090618
――指揮の藤井君はかつて、ロックバンドHEATWAVEの伝説の「丁稚」でした。