AD/D/ED/IL=下山ワタル
ED=竹松伸子(三木鶏郎企画研究所)、杉山敦、佐々木朋子
PH=桑畑恒一郎
TX=川村恭子
CL=Five D

2005.12
 

日本のコマーシャル・ソング~ポップスの先駆けとして才能を発揮した音楽家、三木鶏郎のトリビュート・イベント「Sing with TORIRO 三木鶏郎と異才たち」(12月16日~18日/銀座・博品館劇場)会場で先行販売された公式ビジュアルブック(A4・44ページ)。アートディレクション/デザインと編集、およびフライヤーデザインを担当した。

当初は、三木鶏郎企画研究所で拝見した往時の作品や資料(レコード、楽譜、ノベルティ、新聞雑誌記事)をアートブック的に紹介するような構成を考えていた。しかし悩みながらの編集途中で読んだ自伝『三木鶏郎回想録』(平凡社)がとても面白く、三木鶏郎のユニークなセンスが幼少~青年期~繁田裕司(本名)での活動期から既に発揮されていたことや、鶏郎が一貫して持ち続けた“反骨精神”が現代にも十分通じるものであること、だからこそ、現代にあえて三木鶏郎の音楽を取り上げるのだというイベントの意図も理解できたので、同書からの引用を中心に構成していった。

イベント開催時に特集されたほぼ日刊イトイ新聞の連載座談会を、現在も読むことができる。

>>大瀧詠一さんと、トリロー先生の話を。 ─三木鶏郎を知ってるかい? PART1─(全12回)
>>細野さん・慶一さんと、トリロー先生の話を。 ─三木鶏郎を知ってるかい? PART2─(全6回)