AD/D=下山ワタル
CD=マッキャンエリクソン
CL=生活クラブ生協

2015.04
 

ビジョンフードとは、人間が暮らしていくには欠かせない「米・牛乳・鶏卵・畜肉・青果物」といった一次産品を指す、生活クラブが定めるカテゴリーである。これらを組合員がみんなで食べることで、生産者や自給率、生態系の保全につなげようという目的で、2015年にL’s(エルズ)選定消費材とともに新しく定められた。

>>こだわりの消費材|生活クラブ

生活クラブの基幹的なマークとして今後も永く使われていくことから、できる限りシンプルなデザインを目指したが、シンプル過ぎても既存のデザインと被ってしまう。何度かの試作を経て、現在の形に行き着いた。提案時の文書より、制作意図を下に引用しておく。

《前回の案の「ハート」と「V」を残しつつ、そこに「しずく」のモチーフを加えました。「しずく」は「自然のめぐみ」、様々なかたちで自然がもたらしてくれるもの、を意味します。牛のお乳からいただく牛乳、卵、米、肉──そのような「自然のめぐみ」を、両手を差し出して手のひらで受け止めるイメージにもなっています。》
《文字の輪郭が一筆書きのループになっているのは「永続性」「持続性」の象徴です。生産者(作る人)と組合員(買う人)の関係が末永く循環していってほしい、という願いも込めました。》

カタログのほか、米や卵、肉類など、生活クラブの商品パッケージに表示されている。

 
>>生活クラブのデザイン まとめ|Works|パラグラフ
──生活クラブ ブランディングプロジェクトで関わった仕事のリスト

>>生活クラブのリニューアルプロジェクト|パラグラフ
──生活クラブのデザインに関わることになったきっかけについて述べています



シェアする