絵本『つくろう!ピザ』

絵本『つくろう!ピザ』

ピザづくりの楽しさを表現した、イラストレーター秋永悠さんの初めての絵本『つくろう!ピザ』のデザインを担当しました。ご覧のとおり「丸い」形の絵本です。
 
つくろう!ピザ
秋永 悠/作・絵
世界文化社
2022年4月29日発売
定価(税込):1430円(本体1300円)
 


  
丸いページをめくるたび、小さなコックさんがピザ生地を塗り、コーンや玉ねぎなどいろんな材料を上にのせていく。そして最後に、熱々のおいしいピザができあがり、というお話です。実際に親子でピザを作ったり、紙を材料の形に切ってピザごっこがしたくなるような絵本です。ピザの素材の絵は、基本的に切り紙を使ったコラージュで作られていて、ページをめくるごとに素材が重なっていく表現が素敵です。
  

今回の「丸い絵本」はぼくの発案ではなく、秋永さんの「丸い判型でピザづくりの過程を見せたい」というアイデアを、担当編集者が各所に掛け合って最終的に実現にこぎつけたものでした。小さなお子さんや親子が、園や家庭でピザごっこをして楽しんでいる様子を思い浮かべ、ほんの少し切り紙や工作をイメージさせるようなタイトルを、秋永さんの手書き文字を借りて作りました。
 
秋永さん自身が既にブルーナや原田治のようなデザイン感覚を持ったイラストレーターなので、本文のデザインでは過度の主張を控え、代わりに読者の立場でこの本がさらに面白くなるようなアイデアをいくつか提供しました。この仕事をしていていつも思うのは、ブックデザインにおいてデザイナーは「2人目の読者」だということです(1人目の読者は編集者)。保守性と革新性と、両方の目を持ったひとりの読者として、楽しみながらユニークな絵本に関わることができて満足しています。
 

最後に、秋永悠さんご本人について。秋永さんとは2017年の終わり頃に、Instagramがきっかけで知り合いました。ぼくは、当時始めたばかりのInstagramで、イラストレーター時代に描いた作品を毎日投稿するかたわら、国内外のセンスあるイラストレーター/アーティストを片っ端からフォローしていました(>>instagramアカウントのお知らせ|パラグラフ)。秋永さんは、新しいセンスを感じさせる世界のイラストレーターの中のひとりでした。ちょうど個展が開かれるということで会いに行き、昔通っていたパレットクラブの卒業生であること、ぼくが以前デザインに関わっていた中村一義など、90年代後半のロックバンドやアーティストが好き、といった話で盛り上がりました。
 
仕事をご一緒できたらと願いつつもなかなかチャンスがなく、昨年(2021)、鈴木出版から刊行された保育書『新装版・保育記録のとり方・生かし方』で、ようやくその夢が実現したところでした。今回は初めて出す絵本のデザインを、ということでご指名いただきました。
 
秋永さんは絵が魅力的なだけでなく、展示などでも独特のサービス感覚やプレゼンテーション能力を発揮する作家さんなので、今後開かれる絵本出版にまつわるイベントがとても楽しみです。情報が入ったら、こちらでもご紹介します。 
 

>>つくろう!ピザ|PR TIMES

絵本『デンタウン』

絵本『デンタウン』

はみがきを題材にした、中垣ゆたかさんの新刊絵本(ユーモアせいかつ絵本シリーズ)『デンタウン』のデザインを担当しました。

デンタウン
中垣ゆたか/作・絵
世界文化社
2022年4月27日発売
定価(税込):1320円(本体1200円)
 


 

シリーズ第1弾は、ウイルスを防ぐための「てあらい」の大切さを教える『あらいくん』(中川ひろたか・文 Serico・絵)で、第2弾の今作は「はみがき」がテーマとなります。

 
簡単なあらすじを紹介すると、真っ白な大地に降り立った家族が、その土地に家を作り、やがて家々は多くのひとびとが暮らす「まち」(タウン)へと進化していきます。その白い土地やまちの正体とは??? そのことに気付いた時、(ぼく自身がそうだったように)きっと背筋に寒気が走ることでしょう。そして、すぐにはみがきがしたくなるはず。はみがきや、いわゆるしつけがテーマの絵本の中でも、この本はとても斬新だと思いました。他の人、とくに子どもたちがこの絵本を読んでどういう反応を示すか、すごく興味があります。

 
絵本作家中垣ゆたかさんの、たくさんの人を細かく描き込む絵の面白さが、今回怖いくらいハマっています。いつか仕事してみたいと思っていた作家さんだったので、今回願いがかなって嬉しかったです。
 

まちがどんどん広がっていく様子に、子どもたちも大好きな「マインクラフト」みたいなゲームの世界に通じるものを感じて、タイトル文字はゲームっぽいロゴを意識して作りました。コンパクトな絵本のサイズに大きな広がりを持たせるような文字の配置とか、めくったときの見返しの色、カバーの特色(緑色)、背の色など、仕上がりも気に入ってます。

 
巻末の「はの みがきかた」など、先生の監修によるお役立ち情報もきちんと押さえられていて、広くおすすめできる絵本です。
 

>>デンタウン|PR TIMES

絵本『ほしのおんがくかい』

絵本『ほしのおんがくかい』

絵本作家の齋藤槙さんの新作絵本『ほしのおんがくかい』(世界文化社)のデザインを担当しました。

ほしのおんがくかい
齋藤槙
世界文化社
2022年1月22日発売
定価:1540円(税込)
 


 
お茶の時間を楽しんでいた、もぐらくんとはりねずみくんのそばに突然空から落ちてきた星の子ポッチを、星の音楽会の仲間たちのいる場所に戻そうと、みんなで協力して空を目指すお話です。暗闇から明るい色へのグラデーションが美しい空の絵は、作者の齋藤さんがスウェーデンで見た白夜の様子にインスパイアされて描いたものだそうです。

タイトル文字は、作者のアイデアをヒントに、表紙に出てくるクリスタルの楽器をイメージして、ガラスのような効果を出しています。狙ったわけではありませんが、背景に置かれた絵の色に応じて輝きが微妙に違って見えるようになっていて、きれいに出来たなと思います。帯も抑えめなデザインのシルバー。書店で手にとって見てほしいです。
 
>>ほしのおんがくかい|Works

>>ほしのおんがくかい|PR TIMES

絵本『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』

絵本『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』

2021年末発売の仕事です。

絵本作家の田中六大さんが作・絵、その弟で公益財団法人日本フードバンク連盟の理事を務める田中入馬さんが監修を務めた、SDGsと食品ロスについて考える絵本『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』(佼成出版社)のデザインを担当しました。

ほうれんそうカレー ききいっぱつ!
田中六大/作
田中入馬/監修
佼成出版社
2021年12月15日発売
定価:1540円(税込)
 


 

最近、SDGsをテーマにした本が増えていて、書店の売場からも関心の高まりが伝わってきます。本書はそんな中でも、環境問題や食品ロスの問題に興味を持ち始めた子どもたちを対象にした絵本です。

工場で生産されたレトルトカレーのほうちゃん(ほうれんそうカレー)が売れ残ってしまってジタバタするも、次の新しい生きる道を見つける、というお話。巻末に食品ロスについての理解を深める解説付き。SDGs関連の児童書の中でも、ここまで絵本として成立している本も珍しいのではないでしょうか。
 

>>ほうれんそうカレー ききいっぱつ!|佼成出版社

>>日本フードバンク連盟

新装版・保育記録のとり方・生かし方

新装版・保育記録のとり方・生かし方

2021年前半の仕事です。

1997年に鈴木出版から初版が刊行され、その後改訂しながら版を重ねてきたロングセラーの保育書を、現在の保育指針に即した内容に改めつつ、今年「新装版」として装いも新たに再出版することになり、そのリニューアルデザイン(表紙デザインと本文のディレクション)を担当しました。

新装版・保育記録のとり方・生かし方
關 章信 兵頭惠子 髙橋かほる/監修
公益財団法人 幼少年教育研究所/編著
鈴木出版
2021年6月18日発売
定価(税込):2420円(本体2200円)
 


 

表紙の絵は、イラストレーターの秋永悠さんにお願いしました。秋永さんのイラストを最初に知ったのは、2018年頃だったと思います。初めて見た時から、絵の可愛さと才能を感じてずっとご一緒したいと、知り合いの編集者の方々にアピールしてきたのですが、今回ようやくその夢が叶いました。

秋永さんには、園児たちの様々な表情+行動と、本書の目指すステップを「島」に例え、園児たちが成長していく姿を描いてもらいました。想像していた通り+それ以上の仕上がりになって大満足です。

刊行後、キャッチーな表紙の絵のおかげで、保育書・専門書的な内容にもかかわらず、各地の書店で面陳していただいたようで、とてもうれしく思っています。
 

>>新装版・保育記録のとり方・生かし方|honto