これから行くかもしれない展覧会[2019・5~]

これから行くかもしれない展覧会[2019・5~]

BOUM! BOUM! BOUM! 香取慎吾NIPPON初個展
2019年3月15日[金]―6月16日[日]
IHIステージアラウンド東京(東京・市場前)
仕事が空いた日にフラっと食べられに行くかも。

大日本タイポ組合展「文ッ字 いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも」
2019年4月20日[土]―6月30日[日]
町田市民文学館ことばらんど(東京・町田)
文字と文学。タイトルが秀逸。トークやワークショップも多数。

クリムト展 ウィーンと日本 1900
2019年4月23日[金]―7月10日[水]
東京都美術館(東京・上野)
人生で最初に好きになった画家がクリムト。なるべく空いてる日に行く。

大宮エリー|スピリットチャージ写真展
2019年4月26日[金]―5月8日[水]
トーキョー カルチャート by ビームス(東京・原宿)
パワースポットは結構好き。問題は、写真にまでそのパワーが宿るのか。

Fermentation Tourism Nippon 〜発酵から再発見する日本の旅〜
2019年4月26日[金]―7月8日[月]
d47 MUSEUM(渋谷ヒカリエ 8F)(東京・渋谷)
小倉ヒラクがキュレーションする、日本における発酵の全てを紹介する展示。楽しみ。

BONE MUSIC展 ~僕らはレコードを聴きたかった~
2019年4月27日[土]―5月12日[日]
BA-TSU ART GALLERY(東京・明治神宮前)
昨今の販売停止問題ともリンクする展示、主催がソニー(SME)というところで乾いた笑いが。

シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019
2019年4月27日[土]―6月2日[日]
アーツ千代田 3331/1Fメインギャラリー(東京・末広町)
ブレードランナー、∀ガンダムのデザイン画、初期作品から新作まで多数展示。

ルート・ブリュック 蝶の軌跡
2019年4月27日[土]―6月16日[日]
東京ステーションギャラリー(東京・東京)
フィンランドのセラミックアーティストの日本初個展。クートラスを思い出す。公式サイトはこちら

“Express More with Less” by Yu Nagaba
2019年5月1日[水]―5月17日[金]
GALLERY TARGET(東京・原宿)
長場雄の代表作ACE HOTELのメモ描きを大判に拡大。グッズ販売も。

THE SMITHS Promotional Posters Exhibition
2019年5月3日[金・祝]―5月12日[日]
THE BEACH GALLERY/Grand Gallery(東京・代々木八幡)
ザ・スミスのプロモーション用ポスターの展示。ファンにはたまらない。

ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ
2019年5月11日[土]―7月28日[日]
ちひろ美術館・東京(東京・上井草)
待ちに待った日本初の大規模個展。広松さんの数年越しの悲願でもあったかも。

中川ひろたか|糸のこアラカルト
2019年6月3日[月]―6月15日[土]
ピンポイントギャラリー(東京・表参道)
一時期突然始めた糸のこ作品を展示。「一時期突然」が中川さんの面白み。

[メモ]

絵本『ねずみのシーモア』の原画展が各地を巡回しています。今度は京都。
各地の原画展・イベント情報もわかり次第追記します。

>>絵本『ねずみのシーモア』|パラグラフ

GW前半は静岡に帰りました。いつも立ち寄る雑貨店で見つけた、缶詰などをリサイクルして作られたミニチュア自転車について調べてみました。

>>マダガスカルのミニチュア自転車|パラグラフ
 

かなり前から慢性的な高コレステロール体質でしたが、先日の健康診断で数値がとんでもなく高かったため、かかりつけの医者から薬物療法を勧められ、4月からコレステロール降下剤を飲み始めました。先生曰く、コレステロール降下剤の結果は割とすぐ反映されるそう。もっと早く飲めばよかったかな…。

そしてこの機に、これまで毎日と言っても過言ではないほど食べていたスナック菓子からもきっぱり足を洗いました。ポテチの新製品が出ると欠かさず買うような、長年の反健康的な食生活とも永遠にお別れ。とはいえ、いきなり間食を断つのも寂しいかと思い、しばらくおなかが空いたときポテチの代わりにある物を食べることにしました。それがこちらです。

蒸し大豆

コレステロールを下げる食品といえば、大豆が有名。納豆や豆腐よりも気軽に食べられる大豆を探していて、たまたまスーパーで見つけたのが「蒸し大豆」でした。サラダなどに使うやつ。「そのまま食べられる!」と書いてあったので、試しに買ってそのまま食べてみたら、程よい味でとても美味しい。なので、これをしばらくスナック菓子の代わりに、おなかが空いたときの友にすることにしました。ものすごくおなかが空いているときはひと袋丸ごと、そうでもないときは半分食べます。ひと袋100gなので、丸ごとだと一食分に相当するほど、空腹がかなり満たされます。少量になってしまった最近のポテチ(55〜60g)とは満足度も桁違い。

ポテチとの違いを強く感じたのは、原材料表示でした。

以前はよく食べていたカルビーのポテトチップス(コンソメパンチ味)

原材料名:じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、チキンコンソメパウダー(小麦・大豆・豚肉を含む)、砂糖、食塩、デキストリン、コーンスターチ、粉末しょうゆ、粉末ソース(りんごを含む)、オニオンエキスパウダー、香辛料、ビーフコンソメパウダー、トマトパウダー、発酵トマトエキスパウダー、キャロットパウダー、調味動物油脂、梅肉パウダー/調味料(アミノ酸等)、香料(ごまを含む)、カラメル色素、酸味料、パプリカ色素、甘味料(ステビア)、香辛料抽出物、ベニコウジ色素

(参考:食品情報館

こちらは蒸し大豆でNo.1といわれるマルヤナギの蒸し大豆

原材料名:大豆(北海道産、遺伝子組み換えでない)、食塩、醸造酢

これだけです。コレステロールに悪そうな油類その他を摂らずに済むのがやはり大きい。そして、身体に悪いと知りつつ食べる、から、身体に良いものを積極的に摂取する、への変化。

金銭的にもコンビニで買うポテチ(140円)に比べて、100gで約100円という値段は非常にお得で、一度こちらを知ってしまうともうポテチには戻れなくなります。健康な人のお酒のおつまみなどにも適しているのではないでしょうか。うちでは同じ原材料の、マルヤナギかフジッコのどちらかを買ってます。

先月に続いて健康の話題でした。身体はコンピュータより大切なツールだと日々実感しています。
 

──補足です。大豆は「水煮」ではなく「蒸し大豆」ですのでお間違いなく。水煮は液体に浸した状態でパックされているので、汚れたりしてスナック的用途には難しいです。一応「そのまま食べられます」と書いてあるものの、豆自体の味は蒸し大豆に比べてかなり薄く、料理に使ったほうが無難だと思います。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2019・4~]

これから行くかもしれない展覧会[2019・3〜]

これから行くかもしれない展覧会[2019・3〜]

ポーラ・シェア:Serious Play
2019年2月4日[月]―3月25日[月]
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京・銀座)
既に行った展示。期待を超える圧倒的な内容だった。骨太なグラフィック。

アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
2019年2月16日[土]―4月14日[日]
東京ステーションギャラリー(東京・東京)
画像で見たらすごく気持ちよさそうな展示だったので。

絵本になった『ねずみのシーモア』原画展
2019年2月26日[火]―3月12日[火]
シーモアグラス(東京・原宿)
「みんなの人形劇展」から生まれた、シーモアグラスの絵本。デザインを担当しました。

Oh my SISTER! −広瀬姉妹・写真展−
2019年3月1日[金]―3月10日[日]
GINZA PLACE(東京・銀座)
藤代冥砂、川島小鳥がカレンダーのために撮った広瀬すず・アリス。行かなくちゃ。

エリック・カール × グラニフ展
2019年3月5日[火]―4月7日[日]
グラニフ原宿ギャラリー(東京・原宿)
きくちちき、tupera tupera、福田利之、Murgraph、ミロコマチコによるコラボ原画展

TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition at Ginza Sony Park
2019年3月8日[金]―4月7日[日]
Ginza Sony Park(東京・銀座)
ホンマタカシほかの展示と、毎週末のブックフェア。面白そう!

なかむらまふね個展「ほしのこたより」
2019年3月13日[水]―3月23日[土]
シーモアグラス(東京・原宿)
見るとほっこりする。好きな画家さんの新作展。

パレットクラブ企画展 BANANA?
2019年3月29日[金]―4月14日[日]
パレットクラブスクール(東京・築地市場)
パレットクラブ卒業生の7人による展示。すでに活躍中の方も。

はまのゆか しごとの風景展
2019年3月29日[金]―4月15日[月]
よもぎBOOKS(東京・三鷹)
新刊絵本『きょう なにしてた?』にまつわる展示。読み聞かせなどイベントも。

企画展 百年の編み手たち ─流動する日本の近現代美術─
2019年3月29日[金]―6月16日[日]
東京都現代美術館(東京・清澄白河)
いよいよ復活。奈良美智、ホンマタカシなど同館のコレクションによる展示。

[メモ]

いま身辺の見直しを色々としているところで、その一環として、このサイトのごく小さな修繕・整理を試みています。全体の見た目はこれまで通りなので、リニューアルと呼べるほどのものではありません。でも少なくとも現状よりは(とくにスマートフォンでの閲覧に関して)見やすくなるでしょう。実は既に完成している、過去の仕事のポートフォリオ(PDF)の公開と合わせてお知らせできればと思ってます。
 

こんまりメソッド(KonMari)が海外で脚光を浴びているようです。原著も読んでなかったしネトフリにも入ってない立場で、さも知ってるかのように語ると、近藤麻理恵さんの「片づけ」とは「捨てる」ことではなく「残す」ための手法なんですね。ときめかない物と別れる、という儀式を通して、自分をときめきの側に置く。そうやって自分の価値に目覚め、それ(=ときめき)を身の回りに残された物(新しい自分の分身)とともに高めていく。

どんなに「ときめかない」からといって、自分自身とはお別れできないですよね。最近そういうことをよく考えます。ちなみに、いま家の本棚にある本は全部ときめくので、たぶん捨てないはず。
 
>>KonMari – Founded by Marie Kondo.

 
>>これから行くかもしれない展覧会[2019・2~]

これから行くかもしれない展覧会[2019・2〜]

これから行くかもしれない展覧会[2019・2〜]

絵本にみる日本画
2019年1月8日[火]―3月3日[日]
佐藤美術館(東京・千駄ヶ谷)
日本画家が描いた絵本。現代では実現は難しいだろうけど、後世まで残るものになるはず。

乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展
2019年1月11日[金]―5月12日[日]
ソニーミュージック六本木ミュージアム(東京・六本木)
普段はハロプロ好きですが、アイドルグッズのあり方として興味あり。倉庫がモチーフ。

子どものための建築と空間展
2019年1月12日[土]―3月24日[日](前後期)
パナソニック汐留ミュージアム(東京・汐留)
ふじようちえん、自由学園明日館など、児童のための建築・空間を紹介。必見。

『はたらく細胞』展 in 有楽町マルイ
2019年1月19日[土]―2月17日[日]
有楽町マルイ(東京・有楽町)
去年の暮れに見て感銘を受けたアニメ。グッズは少し高いか?(子ども基準で考えると)

ヒグチユウコ 展 CIRCUS[サーカス]
2019年1月19日[土]―3月31日[日]
世田谷文学館(東京・芦花公園)
宇野亜喜良さんに匹敵するようなパワーを持ちつつある画家さん。

ペーパーゲームキッサ
2019年2月8日[金]―2月14日[木]
Book & Design(東京・浅草)
紙を生かしたゲーム。児童学習雑誌のふろく感覚。

松本大洋原画展 絵本『こんとん』(夢枕獏・文)刊行記念
2019年2月19日[火]―3月15日[金]
青山ブックセンター本店・ギャラリースペース(東京・表参道)
帯のシルエットだけで、松本大洋の気配が……。

エキソニモ『LO』
2019年2月23日[土]―3月24日[日]
WAITINGROOM(東京・江戸川橋)
インターネットから垣間見える隠しきれない感情。KIRINJI「AIの逃避行」に通じるような。

ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ -ユニマットコレクション-
2019年2月24日[日]―4月21日[日]
練馬区立美術館(東京・中村橋)
平日にほとんど人のいない静かな空間でじっくり観たい。

絵本になった『ねずみのシーモア』原画展
2019年2月26日[火]―3月12日[火]
シーモアグラス(東京・原宿)
喫茶店の本棚に住むねずみのお話。「みんなの人形劇展」から生まれた絵本の展示。

[メモ]

2月1日。知人など身の回りの人々にとっての、大きな挑戦や晴れの舞台がなぜか集中する日。実はぼくにとっても2月1日はそんな大事な一日にあたります。もしこれを見てくださった人がいらしたら、ぼくやみんなの挑戦が上手くいくよう、小さく念を送っていただけるとうれしいです(約一週間後まで有効)。
 

平日毎日更新されている、音楽ライター松永良平さんの個人的平成史を記したnote「ぼくの平成パンツ・ソックス・シューズ・ソングブック」。1989年(平成元年)から一年ごとに綴られ、ヘヴィーな状況がありつつも、SAKEROCKや星野源、cero、スカートなどカクバリズム周辺の音楽的人脈が次々と登場する展開が面白く、個人的にも時間の流れに感じ入るところもあり、毎日興味深く読ませてもらっています。

>>ぼくの平成パンツ・ソックス・シューズ・ソングブック 1|note

個人的に松永さんとは面識はありませんでしたが、松永さんが1999年に編集・発行した雑誌『リズム&ペンシル』のジョナサン・リッチマン特集号は、その印刷を担当した会社と仕事をしていた縁があって、当時1部譲ってもらった記憶があります。大変なことも沢山あったけど、つぎ込んだ分だけの労力が違った形でもあとでちゃんと戻ってくる、幸福な時代でした。平成前半。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2019・1~]

これから行くかもしれない展覧会[2019・1〜]

これから行くかもしれない展覧会[2019・1〜]

楓真知子個展「よる」
2019年1月6日[日]―1月22日[火]
ぽたかふぇ。(東京・高円寺)
おおらかで心の虚を突かれるような、いい絵だなあと思います。

荒木経惟「愛のバルコニー」
2019年1月7日[月]―2月2日[土]
JCIIフォトサロン(東京・半蔵門)
自宅バルコニーから見た定点観測写真。淡々と陽子さんへと近付いている。

平成ネット史(仮)展
2019年1月11日[金]―1月14日[月・祝]
渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホールAホワイエ(東京・渋谷)
話題になった「平成ネット史(仮)」のリアル版。トークイベントも開催。

石川直樹 この星の光の地図を写す
2019年1月12日[土]―3月24日[日]
東京オペラシティ アートギャラリー(東京・初台)
前から観たかった展示。東京巡回。石川直樹の集大成的内容。

さわ展「もりのさんとののこさん」
2019年1月15日[火]―1月31日[木]
シーモアグラス(東京・原宿)
生活を感じさせ、ほっこりとした気持ちにさせてくれる絵。

ル・コルビュジエ 絵画から建築へ― ピュリスムの時代
2019年2月19日[火]―5月19日[日]
国立西洋美術館(東京・上野)
初期の画家としての作品が新鮮。

[メモ]

今月は欲張らずこんな感じで。先月の記事も合わせてご確認ください。

 
毎年ブログで公開していた新年のご挨拶を、今年からやめてみることにしました。

年頭に目標を掲げて、その通りに叶ったことはほとんどないんですよね。とくにここ何年かは、やりたいことの約束手形ばかりが先行してしまい、実際にしていることの間に大きな乖離が生じていた。目標を掲げることをちょっと休んでみようかなと思ったわけです。

生きる上での目標や指針を掲げている人、そしてその通りに生きている人をたまに見かけることがあって、美しいなと思う一方で、新しい可能性を狭めることにつながっていないだろうかと(反面教師的に)感じたことが、昨年ありまして。

自分について誰よりもわかってなくて、未知の可能性に気付くことを阻んでしまう、自分自身にとっての最大の敵は、ほかならぬ「自分」じゃないかなと思ったのです。とくにこれだけあらゆる場所でリコメンデーションが発達してくると、外の世界と思っていたものがすべて自分の鏡だった、ということにもなりかねない。それはネットの世界を中心に既に起こっているし、とても怖いことだと思います。

ずっと続けている「これから行くかもしれない展覧会」も同じような結果に陥る可能性は承知していて、ここからこぼれた展示もできるだけ観るように心がけてます。これはこれで、多様な選択肢の中での小さな手がかり・手助けになれば幸いかと。
 

TVアニメ『はたらく細胞』、去年の暮れに教えてもらって家族でめちゃハマりました。生まれてからずっと行動を共にしているのに、どんなふうになっているのか自分ではさっぱりわからず、時には自分自身を攻撃する敵にもなり得る「自分」についての愛すべきお話です。

>>TVアニメ『はたらく細胞』

 
>>これから行くかもしれない展覧会[2018・12~]

これから行くかもしれない展覧会[2018・12~]

これから行くかもしれない展覧会[2018・12~]

全員巨匠!フィリップス・コレクション展
2018年10月17日[水]―2019年2月11日[月・祝]
三菱一号館美術館(東京・有楽町)
時間や気持ちに囚われず、こういう絵とじっくり向き合いたい。

トーマス・ドイル「HOLD YOUR FIRE」
2018年11月23日[金・祝]―2019年2月13日[水]
DIESEL ART GALLERY(東京・渋谷)
災害や惨事と常に隣り合わせの場所にある「家」「家庭」を描くミニチュア作品。

PASTAで描く by Yoshie Watanabe
2018年11月29日[木]―12月11日[火]
THINK OF THINGS(東京・原宿)
コクヨの新しいマーカー「PASTA」で描かれた、パッケージの原画を展示。きれい。

富士屋ホテルの営繕さん -建築の守り人-
2018年12月6日[木]―2019年2月23日[土]
LIXILギャラリー(東京・銀座)
富士屋ホテル。入口までは行ったことがありました。

「タータン 伝統と革新のデザイン」展
2018年12月8日[土]―2019年2月17日[日]
三鷹市美術ギャラリー(東京・三鷹)
ぜひ観たい展示。福音館書店「すてきなタータンチェック」とともに楽しみたい。

[メモ]

準備期間も含めて約5年間携わった、生活クラブ生協でのデザイン仕事についてまとめています。
(現在制作途中)

>>生活クラブのデザイン まとめ|Works|パラグラフ
 
今月は数が少ないので、先月の記事もあわせてご覧ください。

毎月同じソースから情報を得ているのにもかかわらず、この展示は観なくてもいいや、とせっかくの興味に蓋をしてしまうことが最近になって増えてきました。月々の営み(=情報収集)にマンネリを感じてしまっているのも事実です。しかし、アンテナがすり減ったと考えるには少し早く、ほぼ毎月続けてきたこのシリーズも今年で13年、こういう時期もあるのかなという感じです。

思い当たる理由はいくつかありますが、仕事のネタ探しや人材探しのような目的を一旦忘れて、映画を観るみたいに、絵や美術そのものの世界に深く沈み込む必要を強く感じているところです。発想転換のための「休暇」がそろそろ必要な時期なのかもしれないな、とも。
 
話は変わりますが、偶然目にしたヒカキンのインタビュー(番組書き起こし)、とても面白かったです。

伸びるユーチューバーは実は「編集」を頑張っている!(ゲスト:ヒカキン)【前編】
草彅剛さんとコラボして「この人は只者ではない」と思った(ゲスト:ヒカキン)【後編】

うちの娘(10歳)が世の小学生のご多分に漏れずヒカキン大好きで、Nintendo Switchのマリオオデッセイ実況Youtubeを夢中になって見ています。先日一緒に見てみたら編集も内容もめちゃくちゃ面白くて、これは子どもたちが熱狂するのも当然だなと。昔のドリフみたいなポジションをこのまだ20代の若い兄ちゃんがひとりで担って、しかも再生数という形での正当な評価を得ていて、世の中もまだ捨てたもんじゃないと思ったわけです。もし自分のやっていることに面白さが感じられなくなったとしたら、自分をとりまく環境を疑ってみるのもひとつの手かと。楽しい手の鳴る方向に行ってみたいと、ヒカキンを見て素直に感じました。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2018・11~]