これから行くかもしれない展覧会[2018・9〜]

これから行くかもしれない展覧会[2018・9〜]

PORTRAIT
2018年8月25日[土]―9月23日[日・祝]
The Mass(東京・原宿)
藤原ヒロシと学生たちによるセレクション展。

ツィジュン・ウォン個展「MASKOLOGY」
2018年9月1日[土]―9月16日[日]
Hidari Zingaro(東京・中野)
有名ブランドの素材で作ったマスク。経済成長と共に大気汚染が広がる中国社会への問題提起。

髙木大地|aspect
2018年9月1日[土]―9月30日[日]
KAYOKOYUKI(東京・駒込)
幾何学的かつカラフルな構成が面白い。2016年からのアートワークとかもろにツボ。

横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975
2018年9月5日[水]―10月20日[土]
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京・銀座)
小説挿絵原画。年代的に「うろつき夜太」と同時期か。

死後くん個展「墓と炊飯器」
2018年9月6日[木]―9月16日[日]
FAITH(東京・高円寺)
ドローイングによる新作。ZINE「SHIGOZINE」がよいです。

はまのゆか『つきみだんご しゅうくんかぞくのしあわせレシピ』絵本原画展
2018年9月8日[土]―9月24日[月・祝]
よもぎBOOKS(東京・三鷹)
「お月見をテーマとした絵本ですが、どちらかといえばお団子寄りの絵本」……気になる。

good design company 1998-2018
2018年9月12日[水]―10月18日[木]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
佐藤可士和氏ほかと並んで、ブランディング✕デザインといえば水野さんという印象。

仲條正義「暮しの手帖」表紙展2 11年~15年 54号~73号
2018年9月14日[金]―9月19日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
恥ずかしながら「暮しの手帖」の表紙絵が仲條さんと今知った……とても好き。

阪本トクロウ「偽の真空」
2018年9月14日[金]―10月14日[日]
アートフロントギャラリー(東京・代官山)
口を酸っぱくして「この人スゴイ! 観たほうがいい」と言い続けて18年。

イラストレーションフェスティバル
2018年9月15日[土]―9月16日[日]
アーツ千代田3331(東京・末広町)
あの「布博」「もみじ市」の手紙舎が主催するイラストレーションのお祭り。

生誕110年 東山魁夷展
2018年10月24日[水]―12月3日[月]
国立新美術館 企画展示室2E(東京・乃木坂)
久々に1か月以上前から万難を排して観たいと思う展示。

[メモ]

ケロポンズの新作MV「なんたるサンダルチア」背景を担当しました。
最初に背景を担当した「エビカニクス」が数年越しでの、まさかの国民的大ヒット。
ここまでいくつかのMVに関わらせてもらってます。

>>ケロポンズ「なんたるサンダルチア」MV|パラグラフ
 
それと、私事ですが、10年半振りに引っ越しました。

>>引っ越しました。 ’18|パラグラフ
 
とにかく今回の引っ越しのために、いま進めていることや、ギャラリー巡り、推しごと etc. を全て後回しにして、精神力と体力を集中させました。これからゆっくり気持ちを整えて外に向かっていきます。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2018・7/8~]

これから行くかもしれない展覧会[2018・7/8〜]

これから行くかもしれない展覧会[2018・7/8〜]

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展
2018年6月29日[金]―10月14日[日]
21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2(東京・乃木坂)
コーネリアスの新作に9組のアーティストが取り組む映像作品。

江口寿史 イラストレーション展[step]
2018年6月30日[土]―7月22日[日]
スパンアートギャラリー(東京・銀座)
前後期に分けて開かれる、新作作品集にちなんだ展示。大人気のサイン会も。

Chim↑Pom|NADiff a/p/a/r/t 10周年記念展
2018年7月6日[金]―7月22日[日]
NADiff a/p/a/r/t(東京・恵比寿)
NADiff移転後の初展示で初めてChim↑Pomを観た。いま思えば日本の未来を予見していた。

2018 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
2018年7月6日[金]―7月29日[日]
成増アートギャラリー(東京・成増)
板橋区立美術館改装中につき、今年は成増駅3分の場所で開催。前より行きやすい。

原田郁 個展
2018年7月6日[金]―7月29日[日]
アートフロントギャラリー(東京・代官山)
コンピュータの中の仮想空間から見た風景。無条件で好き。

HARUMI YAMAGUCHI×YOSHIROTTEN Harumi’s Summer
2018年7月6日[金]―8月25日[土]
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京・銀座)
山口はるみのイラストを活かしつつ再構成。これはいいかも。

奈良美智「Sixteen springs and sixteen summers gone―Take your time, it won’t be long now」
2018年7月7日[土]―8月10日[金]
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(東京・六本木)
近年の写真作品を展示。ワタリウムで観たサハリンの写真が好きでした。

かこさとしのひみつ展-だるまちゃんとさがしにいこう-
2018年7月7日[土]―9月9日[日]
川崎市市民ミュージアム(川崎・武蔵小杉)
読み聞かせ活動から物語を作り始めたらしい。7月はSHISHAMO展もあるので行きたい。

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密
2018年7月13日[金]―9月2日[日]
八王子市夢美術館(東京・八王子)
絵本・挿絵にとどまらず舞台・衣装デザインでも活躍。>MOE

巨匠たちのクレパス画展 日本近代から現代まで
岡本太郎、梅原龍三郎、小磯良平、熊谷守一、猪熊弦一郎…

2018年7月14日[土]―9月9日[日]
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(東京・新宿)
サクラクレパスのアートミュージアムが所蔵するクレパス画のコレクション。

生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。
2018年7月14日[土]―9月9日[日]
東京ステーションギャラリー(東京・東京)
珍しい初期の広告仕事や、紙芝居、油絵など。知られざる画家人生に迫る。

ビーマイベイビー 信藤三雄レトロスペクティブ
2018年7月14日[土]―9月17日[月・祝]
世田谷文学館(東京・芦花公園)
絶対行くやつ。80年代から現在まで、クリエイティビティの全貌に迫る。

モネ それからの100年
2018年7月14日[土]―9月24日[月・休]
横浜美術館(横浜・みなとみらい)
モネの絵画の魅力と、作品が後世に与えた影響も解き明かす企画展。

デザインあ展 in TOKYO
2018年7月19日[木]―10月18日[木]
日本科学未来館(東京・テレコムセンター)
家族で行きたいけど、すごく混むだろうなあ。

BENTO おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン
2018年7月21日[土]―10月8日[月・祝]
東京都美術館(東京・上野)
展示内容が予想より面白そうで……時間あれば行きたい。>箱庭

Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道
2018年8月9日[木]―8月19日[日]
表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー(東京・表参道)
数々の作品と、キース・ヘリングが表参道路上にライブペインティングしている写真など。

「たびするこども」つつみあれい個展
2018年8月9日[木]―8月22日[水]
カフェ・シーモアグラス(東京・原宿)
面白くて壮大な世界にまた出会えるのが楽しい。

[メモ]

前回以降に更新した仕事のお知らせです。
中川ひろたか・作、岡本よしろう・絵の絵本『おうち』のブックデザイン。

>>絵本『おうち』|パラグラフ

ソングブックカフェのCDブック第二弾『じゃんけんジョイ!』のブックデザイン。

>>じゃんけんジョイ! 〜Hoick CDブック2〜|パラグラフ
 

自分では頑張っているつもりなのに思うように結果が出なかったり、コミュニケーションがやたら空回りする状態がしばらく続いていました。こんな時は神頼み、とばかりに今年は何故かお参りしてなかった明治神宮に、6月の上旬、急きょ参拝してきました。まさにその直後から、身辺に大小様々な好ましい変化が次々続々と生じています。

……こんな書き出しで、参拝の当日夜に観たDA PUMPの池袋リリイベについて書こうと思ったのですが、またまた未完に終わりそうです。

ひっそりと誰にも内緒で創作を続ける時にふと思い出すのは、つんく♂が黒沢健一『Focus』の発売に寄せたコメントの一節です(全文はリンク先を参照)。

うれしくって色々言いたいけど、あえてじっとこらえて、
完成をじっと待つ。自分の中のゴールを目指して、じっと待つ。

富士登山の山頂みたいに、目の前に見えるのになかなかたどり着けない、そんなゴールです。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2018・5/6~]

これから行くかもしれない展覧会[2018・4〜]

これから行くかもしれない展覧会[2018・4〜]

青木陵子: 三者面談で忘れてるNOTEBOOK
2018年3月17日[土]―4月28日[土]
TAKE NINAGAWA(東京・麻布十番)
好きな画家。前とだいぶ画風が変わった。生活や日常を感じる絵。

ハービー・山口写真展 TIMELESS IN LUXEMBOURG 1999
2018年3月21日[水・祝]―4月15日[日]*月火休
Books and Modern(東京・乃木坂)
1999年と、昨年2017年に再訪したルクセンブルクの街の風景と人の表情。

トヤマタクロウ「sight」
2018年3月22日[木]―6月22日[金]
テラススクエア(東京・神保町)
ミツメの仕事などで活躍する写真家。ハワイで撮影した大判写真からの展示。

それで君を呼んだのに 忌野清志郎を想う 2018
2018年4月2日[月]―5月2日[水]
カフェ シーモアグラス(東京・原宿)
今年で5回目の、清志郎を静かに想う作品展。

柚木沙弥郎の染色 もようと色彩
2018年4月3日[火]―6月24日[日]
日本民藝館(東京・駒場東大前)
これは素晴らしい。グラフィックそのものだと思う。

#Why Dig
2018年4月6日[金]―4月8日[日]
BY PARCO SHOP&GALLERY(東京・表参道)
ステッカー貼り放題のイベント。表参道のパルコ、通勤圏なのに行ったことがなかった。

第20回亀倉雄策賞受賞記念 「中村至男展2018」
2018年4月6日[金]―5月16日[水]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
シンプルを極めると強くなり、綺麗さとは異質なメッセージを放ち出す。

蓮沼執太: ~ ing
2018年4月6日[金]―6月3日[日]
資生堂ギャラリー(東京・銀座)
部分的には観て(聴いて)きたものの、まだ全体像が把握できてないアーティスト。

福田利之展|吉祥寺の森
2018年4月7日[土]―5月20日[日]
武蔵野市立吉祥寺美術館(東京・吉祥寺)
吉祥寺の「森」を描いた新作とこれまでの原画。イベントも目白押し。

原田治のイラストレーション展
2018年4月7日[土]―5月20日[日]
パレットクラブ・スクール(東京・築地市場)
故・原田治の功績を珍しい原画やグッズなどとともに振り返る企画展。

ブルーノ・ムナーリ こどもの心をもちつづけるということ
2018年4月7日[土]―6月10日[日]
神奈川県立近代美術館 葉山(神奈川・逗子)
ブルーノ・ムナーリ日本最大の回顧展、ということで遠いけど行きたいなあ。

秋永悠個展「ちいさなまち -My Little Town-」
2018年4月13日[金]~4月18日[水]
オーパ・ギャラリー(東京・表参道)
大人と子ども、ファンタジーとメルヘンが同居する不思議な世界を描くイラストレーター。

坂内拓個展「東京 tokyo」
2018年4月13日[金]~4月18日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
様々な媒体で活躍するイラストレーター。自分の昔の絵と近いセンスを持つ。

没後50年 藤田嗣治 本のしごと 〜 文字を装う絵の世界
2018年4月14日[土]~6月10日[日]
目黒区美術館(東京・目黒)
装画・挿画を手掛けた本の仕事と、絵画作品、ほっこりする書簡の絵など。

イチハラヒロコ「王子さまが来てくれたのに、留守にしていてすみません。」
2018年4月14日[土]~6月16日[土]
鎌倉画廊(神奈川・大船)
活動30周年記念。初期からずっと知っていたけど、展示は観たことがない。

五木田智央 PEEKABOO
2018年4月14日[土]~6月24日[日]
東京オペラシティ アートギャラリー(東京・初台)
小品を1点にまとめたインスタレーションや新作など。東京で観られる数少ない大規模展。

RiekoののLIFE展《ハルモニア》
2018年4月17日[火]~4月30日[月・祝]
クワランカ カフェ 吉祥寺(東京・吉祥寺)
安曇野在住の友人・桑はら理恵子さんが描く、ハート型の世界。

‘のん’ひとり展 -女の子は牙をむく-
2018年4月19日[木]~5月8日[火]
GALLERY X BY PARCO(東京・渋谷)
ちゃんとした規模の展覧会はたぶん初。図録も販売。

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然
2018年4月20日[金]~6月28日[木]
EYE OF GYRE(東京・明治神宮前)
綺麗。自分が最近絵で表現したいことと意外と通じるのかも。

チャン・ディック「Chai Wan Fire Station」
2018年4月21日[木]~5月12日[土]
CASE TOKYO(東京・渋谷)
上層階から覗いたミニマルな消防署の風景。最近知りすごく観たかった展示。

[メモ]

先月以降に更新した仕事のお知らせです。
佐藤剛さんの新刊『ウェルカム!ビートルズ』のブックデザイン。

>>ウェルカム!ビートルズ|パラグラフ

発売は昨年ですが、あかね書房『わかったさんとおかしをつくろう!』のデザイン。
元になったシリーズは30周年になる大ロングセラーで、現在も女性を中心にファンが多く、そのシリーズを未来につなぐような本になったと思ってます。

>>わかったさんとおかしをつくろう!|パラグラフ

 
いま、描くことを主体とした活動についてのプロジェクトをじっくりと進めているところです。そんな中で自分にとっての関心は、描くことだけでなく、そこで作ったものをどうやって届けるか、にも寄せられています。せっかく制作した作品がとても良いものだったとしても、見てくれる人のところにまで届かなければ、それは何もしてないのと同じだと個人的には思っています。

時間と才能と活動意欲がありあまるほどあって……という人ならば何も考えず、描くことにまっすぐ向かうべきです。でも、デザインの仕事と並行しながら、長い間のブランクを経て久しぶりに描くことに向かい合おうと決心し、創作のための残り時間はこれからの人に比べたら短い……しかもほとんど無名である自分のような特殊な作り手にとって、活動のスタートポイントをどこに設定するかは重要なことです。

幸いにも昔と違って、いまは表現にまつわる広報や販売を手助けしてくれる手段もいろいろあります。それらをうまく活用して様々なハンデを補いながら、たんぽぽの綿毛のように自分の作品を未知の場所へと広げていけないだろうか、とあれこれ考えています。そういうことについて考えるのは、絵を描くことと同じくらい、あるいはもしかしたらそれ以上に、楽しいことなのです。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2018・3~]

これから行くかもしれない展覧会[2018・3〜]

これから行くかもしれない展覧会[2018・3〜]

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」映画展
2018年2月1日[木]―3月29日[木]
カナダ大使館高円宮記念ギャラリー(東京・青山一丁目)
障害をよそにカナダの日常を描き続けた画家の映画記念展。可愛い絵。>映画サイト

Drawings : 1988-2018 Last 30 years|Yoshitomo Nara
2018年2月9日[金]―3月8日[木]
Kaikai Kiki Gallery(東京・広尾)
奈良美智の核に迫るドローイング展。まもなく終了。

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
2018年2月22日[木]―4月15日[日]
練馬区立美術館(東京・中村橋)
独学でデザインを学び41歳で成功、という経歴にいつも励まされる。

前田ひさえ「IMITATIONS」
2018年2月23日[金]~3月6日[火]
ニーディ・ギャラリー(東京・恵比寿)
ギャラリー移転後初展示。可愛く印象的な人物画で知られるイラストレーターの、静物画。

瀧本幹也「CROSSOVER」
2018年2月23日[金]~3月14日[水]
ラフォーレミュージアム原宿(東京・原宿)
これまでに撮影した広告写真・CM・映画・オリジナル作品を展示。新作も。

写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−
2018年2月23日[金]~6月10日[日]
21_21 DESIGN SIGHT(東京・乃木坂)
クラインといえば「ポリー・マグー お前は誰だ?」。石川直樹ほかも参加する企画展。

本秀康展「ロックとマンガ」
2018年2月27日[火]―3月29日[木]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
ロックとマンガをテーマに、過去の作品200点を展示。

北山雅和 個展 『TYPOGRAFFITI 2 -MIRROR- “SHE=HE=YOU=ME”』
2018年3月1日[木]―3月18日[日]
VOID(東京・阿佐ヶ谷)
Help!時代と大きく印象が変わった。意志を持ったタイポグラフィの新作。

沢渡朔「跳んでごらんプルーネ | A girl at play」
2018年3月2日[金]―3月25日[日]*月火休
AKIO NAGASAWA GALLERY GINZA(東京・銀座)
1964年撮影のシリーズ。花代との共作「Tenko」が昨年強く印象に残った。

くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質
2018年3月3日[土]―5月6日[日]
東京ステーションギャラリー(東京・東京)
様々な素材に着目し感覚に語りかける、氏の「自然な建築」を振り返る。

アトリエ エナガ個展【CHAMPON DE JAPÓN】~音と絵のまぜこぜ展覧会~
2018年3月8日[木]―3月13日[火]
にじ画廊(東京・吉祥寺)
知人の、動物を描くイラストレーター宮入のあの初個展。初個展って感慨深い。

中平卓馬「氾濫」
2018年3月10日[土]―4月14日[土]
CASE TOKYO(東京・渋谷)
1974年の巨大インスタレーション作品の再現。

韓国・五人の作家 五つのヒンセク〈白〉
2018年3月10日[土]~4月28日[土]
東京画廊+BTAP(東京・銀座)
オペラシティの展覧会で知って好きになった、韓国の「単色画」。>美術手帖

Relight Days 2018
2018年3月11日14時46分[日]~3月13日[火]
六本木ヒルズけやき坂『Counter Void』前(東京・六本木)
これで最後の、六本木ヒルズ・宮島達男「Counter Void」期間限定再点灯。>美術手帖

版画のイラストレーター展 凸凹 vol.3「凸凹書房」
2018年3月16日[金]~3月21日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
若手の版画家が作る古くて新しい世界に注目しています。

「わかったさんと おかしをつくろう!」原画展
2018年3月16日[金]~4月16日[月]
丸善 丸の内本店 児童書売場(東京・東京)
わかったさんシリーズ最新作の原画展。デザインに関わっています。

猪熊弦一郎展「猫たち」
2018年3月20日[火]~4月18日[水]
Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)
この展示を勧めたい人の顔が沢山目に浮かぶ。

蓮沼執太: ~ ing
2018年4月6日[金]―6月3日[日]
資生堂ギャラリー(東京・銀座)
部分的には観て(聴いて)きたものの、まだ全体像が把握できてないアーティスト。

福田利之展|吉祥寺の森
2018年4月7日[土]―5月20日[日]
武蔵野市立吉祥寺美術館(東京・吉祥寺)
吉祥寺の「森」を描いた新作とこれまでの原画。イベントも目白押し。

秋永悠個展「ちいさなまち -My Little Town-」
2018年4月13日[金]~4月18日[水]
オーパ・ギャラリー(東京・表参道)
大人と子ども、ファンタジーとメルヘンが同居する不思議な世界を描くイラストレーター。

‘のん’ひとり展 -女の子は牙をむく-
2018年4月19日[木]~5月8日[火]
GALLERY X BY PARCO(東京・渋谷)
ちゃんとした規模の展覧会はたぶん初。図録も販売。

[メモ]

年末あたりから自分の作品を世の中に出すことについて多方面からいろいろと考えていて、考えるだけでなく人に会ったりもしている一方、手はこれから徐々に動かしていく段階です。編集者やクライアントがお膳立てしてくれる仕事とは違い、自分の匙加減や感覚が大事。これまではずっとその種のお膳立てに慣れてきた状態なので、自分自身の動きによってどうにでもなる世界についてまだはっきりとつかめていません。他人の展示やグッズ販売を今日までたくさん見て来たので、どうすればいいか大体の目星はつくけど、外から見てきただけなので、きっと実際に動いてみると思うようにいかないこともきっとあるでしょうし。

せっかく動き出すのだから、楽しく、始めたことがなるべく無駄にならず自分や誰かの役に立つように。あと、活動の規模は小さくても、できるだけ長く続けたい。……さしあたって現在考えていることはそのくらいです。

最近ハロプロに飽き始めている話は、いずれまたの機会に。この間観たわーすたや、「ラストアイドル」のLove Cocchi(つんく♂プロデュース)にものすごくアイドルを感じてます。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2018・2~]

これから行くかもしれない展覧会[2018・2〜]

これから行くかもしれない展覧会[2018・2〜]

グループ展~トーマス・デマンド、五木田智央、アネット・ケルム、マリア・タニグチ
2018年1月13日[土]―2月10日[土]
タカ・イシイギャラリー 東京(東京・六本木)
トーマス・デマンドと五木田智央の新作を同時に観られる展示。

谷川俊太郎 展 TANIKAWA Shuntaro
2018年1月13日[土]―3月25日[日]
東京オペラシティアートギャラリー(東京・初台)
詩と言葉に呼応する展示。中村勇吾、Corneliusとのコラボ企画も。

生誕130年 小村雪岱 ― 「雪岱調」のできるまで ―
2018年1月20日[土]―3月11日[土]
川越市立美術館(埼玉・川越)
類まれな画力と構成。全てを描かず、物語を想像させる絵。

平野甲賀と晶文社展
2018年1月22日[月]~3月17日[土]
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京・銀座)
平野甲賀が晶文社に残した書籍装丁+和紙刷りの過去チラシ・ポスター作品。

グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史
2018年1月23日[火]~2月22日[木]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
アイデア編集部と“現役”デザイナーが提示するもうひとつのデザイン史。

「クリエイター100人からの年賀状」展vol.13
2018年1月26日[金]~3月2日[金]
竹尾 見本帖本店(東京・神保町)
初期の頃は毎年観ていた。また寄ってみようかな。

『ママが10にん!?』(天野慶作・はまのゆか絵/ほるぷ出版)絵本原画展
2018年1月27日[金]~2月12日[月・祝]
よもぎBOOKS(東京・三鷹)
はまのゆかさん・絵の人気シリーズ。新人パパママに読んでほしい。

市橋織江写真展「TOWN」
2018年1月27日[金]~2月20日[火]
青山ブックセンター本店・ギャラリースペース(東京・表参道)
好きな写真家のひとり。世界各地で切り取った一瞬の風景。写真集も発売。

高橋祐次 修了作品展示「I AM STRANGER」
2018年1月28日[日]―2月3日[土]
東京藝術大学 大学美術館 3F(東京・上野)
横3mの絵と、絵の中を旅する絵本の展示。

十代目松本幸四郎襲名披露記念写真展『残夢』|野村佐紀子
2018年2月1日[木]―2月25日[日]
AKIO NAGASAWA Gallery Ginza(東京・銀座)
元七代目市川染五郎を追い続けた写真。身震いするほど良い。

藤本ともひこ 1st EXHIBITION『いいね!』
2018年2月5日[月]―2月17日[土]
ピンポイントギャラリー(東京・表参道)
人生初個展。描きおろしのアクリル画。期間中ライブペインティングも。

Drawings : 1988-2018 Last 30 years|Yoshitomo Nara
2018年2月9日[金]―3月8日[木]
Kaikai Kiki Gallery(東京・広尾)
カイカイキキの取扱作家となった奈良美智の核に迫るドローイング展。

会田誠展「GROUND NO PLAN」
2018年2月10日[土]―2月24日[土]
青山クリスタルビル(東京・表参道)
“東京は、日本は、何処に向かうべきか―会田誠の愚案・暴案10連発以上!”。>美術手帖

ミロコマチコ 個展「みみなり」
2018年2月22日[木]~3月12日[月]*火水休
ウレシカ(東京・西荻窪)
世田谷文学館と同時期に開催される展示。本当にダイナミック。

瀧本幹也「CROSSOVER」
2018年2月23日[金]~3月14日[水]
ラフォーレミュージアム原宿(東京・原宿)
来年の話。ラフォーレほか様々な広告や映画スチールの分野で活躍。新作も。

本秀康展「ロックとマンガ」
2018年2月27日[火]―3月29日[木]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
色々なルーツや原典が見え隠れするのが、本さんの絵の面白いところ。

[メモ]

先月分との重複が多々ありますが、未鑑賞の展示を中心に再掲しています。

「出会いの年に…」と年頭に記してから、1月の時点で、昨年の半年分以上に相当するくらいの人々と出会うことができました。しかも思わぬ方向からのつながりもたくさん。この流れは2月以降も続きそうです。昨年が、人と出会えないタイプの忙しさ、だとしたら、今年は、人と出会って広がる忙しさ(=願望も込めて)。自分自身の行動の変化もたぶん大きいのかもしれません。

U-NEXTで、新しめの洋画と、それとアニメを観るようにしています。洋画は「オデッセイ」「メッセージ」「ドリーム」(なぜか宇宙モノが多い)。アニメではごく最近の「ポプテピピック」「ラーメン大好き小泉さん」など。アニメを観るようになった深い理由はありませんが、テレビと動画サイトで同時展開される最近の傾向が面白かったり……あとは歌やOPを中心に全体の構成をよく見るようにしています。音楽としての「アニソン」というジャンルをちょっと覗き見している感じもあります。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2018・1~]