HELLO, IT’S ME

HELLO, IT’S ME

Twitterやブログなどで、訃報に接して亡くなった人の思い出を記すことがある。良い文章が書けた時はその人がいつまでもそばにいてくれるような気持ちになれる。たとえば、ミュージシャンの朝本浩文さんの思い出を綴った文章は、読み返すと今でも朝本さんがそこにいるように感じられる。

>>朝本浩文さんの初期のDJ仕事に同行した話|パラグラフ
 
それまで死というものに縁遠い人生を送ってきた自分が、2016年の終わりに相次いで身近で大切な存在を失った。ひとりは私の母。もうひとりはミュージシャンの黒沢健一さんだった。
 
黒沢さんに関しては亡くなる直前に『Focus』『V.S.G.P』、自分が関わった2つのアルバムの制作エピソードを公開してから、まだ新しいテキストを形にできていない。今、さらっと「亡くなる直前に」と書いたが、この事実を認めることすら長いこと困難な状態だった。心の中では、黒沢さんは最近日本では見かけないが、世界のどこか知らない場所をツアー中、という設定にしていた。
 
でも、そうやって事実にフタをしてしまうことで、新しい黒沢さん(不思議な言い方だけど)と出会うチャンスを自ら失ってしまっているのではないか、と最近考えるようになった。あの時以来人生はずっと曇り空で、心の底から手放しで幸せだと思える日がほとんどない。でも、曇り空を晴れに変えることはできないとしても、曇り空でも全然平気、と思えるようにはいつかなれるかもしれない。
 
黒沢さんとの楽しかった思い出を文章の形で残したい(もちろん心の中で思うだけでも十分だ)。その前に、あの頃、母と黒沢さんを同時期に看取った日々のことをどうしても言葉にしておかなくては、と思った。
 
……で、文章にまとめてみた。なんとか形にした。母の入院のこと。突然の訃報の直後、黒沢さんとのお別れの時に話しかけた内容。母の死に目に会えた日のこと。アルバム制作時のマネージャーがかけてくれた言葉。……他人に見せられるレベルの内容ではない。でも、書き終えて5年間の重い胸のつかえが取れてようやく少し楽になった気がした。
 
死とは、やり過ごしたりフタをして忘れてしまうものではなく、残された人々の心の中でこれからもずっと一緒に生きていくものだと思う。今日も、黒沢さんと最後に言葉を交わした時に(タワレコ新宿のインストアイベントに並んで)サインしてもらったアルバム『BEST VALUE』を聴きながら近所を散歩した。BTSの活躍やコロナの話題、最近の小山田くんのこと etc.……これからでも話したいこと、伝えたいことが山のようにある。
 

 
>>HELLO, IT’S ME|L⇔R|Uta-Net

>>グリーフケアとは|日本グリーフケア協会
今回いくつか調べた中で、この説明を読んだ時、自分がずっと抱えてきた悩みに光が差したような気がしました。医学的見地からこの問題にアプローチしている団体。

神がくれた「フェイク」という宿題 〜『V.S.G.P』のアートワークについて〜

神がくれた「フェイク」という宿題 〜『V.S.G.P』のアートワークについて〜

前作の『Focus』からあまり間を置かず、次の作品をリリースするかもしれない、と黒沢健一さんから聞いたのは、たしか2009年末の東京グローブ座公演の楽屋だった。世田谷パブリックシアターとグローブ座公演の音源をまとめたライブ盤、もしくはCD+DVDのカップリングを作りたいという構想を口にしていたと記憶している。それから半年。年が明けて春が過ぎ夏が訪れても、レコーディングについての具体的な情報はなかなか伝わって来なかった。そもそもぼくがその作品に再びデザイナーとして関われるかどうかも未知数だった。 【続きを読む】

“春の訪れ”と奇跡の「白い壁」 〜『Focus』のアートワークについて〜

“春の訪れ”と奇跡の「白い壁」 〜『Focus』のアートワークについて〜

7年ぶりにリリースされるという黒沢健一さんのソロアルバムのデモを聴いて最初に浮かんだのは、一面に広がる純白の雪景色だった。「冬のうた」とタイトルがつけられた一曲目(のちに「Grow」と改題)の印象がとりわけ鮮烈だったからかもしれない。“君はここから出ていくが、僕はここに残る”という歌詞のシチュエーションが、村上春樹「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」の〈世界の終り〉の光景を思い起こさせた。永遠に続く冬。ビーチボーイズに『Endless Summer』というベスト盤があるが、さしずめこのアルバムを覆う静謐な世界は『Endless Winter』と呼ぶにふさわしい。配信版シングルのリリースも冬だったし、いっそ発売日も繰り上げて真冬にリリースしてみてはどうか……次々とあふれてくるぼくのばかげた妄想を黒沢さんはにこやかに全部聞いてくれたうえで、しかしきっぱりと、「これは春の訪れを感じさせるアルバムにしたいんです」と言い切った。たしかに、7年間の長い冬を過ごしてきた黒沢さんにしてみれば、このアルバムのリリースは待ちに待った“春の訪れ”にほかならなかった。 【続きを読む】

Alone Together VOLUME ONEについてのメモ

Alone Together VOLUME ONEについてのメモ

黒沢健一さんのアカペラ多重録音によるミニアルバム『Alone Together VOLUME ONE』をデザインしました。

アルバムのアートワークはわかる方には一目瞭然ですが、1984年のヒット・アルバムからの引用です(こちらです)。2010年のアルバム『V.S.G.P』(ライブ録音+α)もそうでしたが、オリジナル以外の路線のアルバムのアイデア出しは基本的に100%黒沢さんからで、今回も、ジャズのジャケット・デザインに影響を受けた主に80年代以降のLP(ジョー・ジャクソン、エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズなど)を何枚か事前に渡されました。ジャズのイメージで行きたい、というよりは、今回のテーマである一人アカペラを表現するためのヒントに、ということだったと思います。

が、その半月後に行われたスタッフ・ミーティングの時点では、既に黒沢さんの頭の中で今回参考にさせてもらったアルバム(受け取ったレコードの中にも含まれていた)一点に絞りこまれていたようで、そのCDと国内盤LP(帯付)まで追加で用意してくれました。ぼくもその種のパロディ/オマージュに割と節操がない人間なので、前作同様そのまま突き進んでしまった次第です(苦笑)。当初の案では、一人多重アカペラを表現するため複数の黒沢さんの写真を合成したジャケットを想定していたものの、最終的に選ばれた写真の印象が飛び抜けて良かったため、ごらんのような一点のみの形に落ち着きました。

KKat-logo-s24TH FLOOR Recordsは、元々はジャケットを似せる際にレーベルも架空の名前で作ってしまおう、とミーティングでアイデアを出し合う中で黒沢さんから出てきた名前が、結局、正式なレーベルとして今後も稼働していくことになりました。ロゴに関しては、CDの盤面に使ったロゴ(半袖Tシャツにも使われた)がエスペランサ・レコーズ(元ネタのレーベル)のオマージュだった以外は基本オリジナルのデザインです。

以下は余談です。24TH FLOOR Recordsのネーミングについて。黒沢さんからの案が出た際、類似のレーベル名がないかその場で検索して調べたところ、4th FLOOR Records14th Floor Recordsの存在が確認されました。24TH FLOORは最上階に違いない、と念のためもう一度調べると……90th Floor Recordsと99th Floor Recordsがありました(Discogsによる検索結果)。上には上がいますね…。ともあれ同じフロアのレーベルがなくて良かったとホッとしています。

さて、黒沢さんも12月29日のステージで言っていたように、今年は待望の(4年振り?)オリジナル・アルバムがリリースされるそうです(その後にはバンドによるツアーも)。まずは一人のファンとして音源の到来を楽しみに待ちたいと思います。

>>new album [Alone Together VOLUME ONE]|Kenichi Kurosawa
>>黒沢健一『V.S.G.P』|パラグラフ
 

rjj

世界中のパロディジャケットとそのオリジナルを網羅した本『レコジャケジャンキー!』音楽出版社)。
「2」が出る際には、前作と合わせてぜひ取り上げてほしい…。

『Focus』リミテッド・エディション、驚きの全貌…。

2009/4/2追記:渋谷クラブクアトロでのあの素晴らしいライブの翌日に、このような記事を投稿することには若干のためらいもありましたが、毎年の恒例行事なので、つい……。どうもお騒がせしました。本物のリミテッド・エディションをお楽しみに。


 

6月後半発売とのアナウンスがあった、黒沢健一さんのアルバム『Focus』のリミテッド・エディション。ついにその驚くべき全貌が見えてきました。

Focus -limit.ed edition-

内容

sinfonia t3g

■ CD『Focus』
■ 真空管アンプとスピーカーのセット
 アンプ/UNISON-RESEARCH「SINFONIA」
 スピーカー/Vienna Acoustics「T3G」

(Focusロゴ刻印、黒沢健一サイン入り)
■ スペシャルブックレット
■ DVD・・・
金額 ¥950,000.-(税込)
売約済み
(黒沢様)
 

オプション

cdp

■ CDプレーヤー/UNISON-RESEARCH「UNICO CD P」
(Focusロゴ液晶、フロントパネルに黒沢健一サイン入り)
金額 ¥250,000.-(税込)
売約済み
(黒沢様)
 

公式サイトのfeatureでも音に対する限りないこだわりを表明していた黒沢さん。リスナーの皆さんにも最大限にいい音で『Focus』を楽しんでほしい、との思いが募るあまり、ならばCDに最高のオーディオセットを付けて販売してしまおう、という結論に。オーディオマニアをも自認する黒沢さんが(ツアーの合間に)自ら全国のショップを駆け巡り、ようやく探し求めたのが上記の真空管プリメインアンプと大型スピーカーの組み合わせ(各機種のスペックおよびテストリポートはこちらのリンク[左上の商品]からたどってください)。

そして価格も当初予定の9500円から、なんと一気に2ケタアップの950,000円に変更。一見目を疑うような金額ですが、有名オーディオ店の代表も《お洒落で大人のゆとりと雰囲気を感じさせる「この世界が手にはいる」なら、100万円は決して高すぎる買い物だとは思えない》と語るとおり、このセットで95万円は決して高くない、むしろお買い得! ぼくも「二枚買い」します。

さらにオプションとして、SINFONIAとのマッチングで最高の実力を発揮する(アンプ付属のリモコンで操作可)、同社の真空管CDプレーヤーUNICO CD Pも同時発売。いずれもFocusロゴと黒沢さんの直筆サイン入り。ご注文はいますぐrpm shopsへ。
 

>>2008年の4月1日はこちら
>>2007年の4月1日はこちら

  • 1
  • 2