おなみだ的◯◯点

おなみだ的◯◯点

原宿のカフェシーモアグラスの21周年と、各所で絶賛の絵本『おなみだぽいぽい』(ミシマ社・刊)の出版を記念して9月11日(月)より、イラストレーター後藤美月さんの企画展「おなみだ的◯◯点」が開かれます。下山もゲストのひとりとして、この企画展に参加させてもらってます。

ゲストの役割について簡単に説明しますと……絵本『おなみだぽいぽい』にまつわるあるピースが、後藤さんと関わりのあるゲストに渡され、各自が与えられたお題に沿ったなんらかの表現を施し、返送する。場合によっては後藤さんがゲストの作品に対して、さらに何か手を加えることもある、というような流れです(おそらく)。何が起こるか、何が飛び出すか……びっくり箱であり、玉手箱です。ぼくのは、作品というよりは私信であり、あとから見返すのが恥ずかしくなるような手紙でもあります。ホントに恥ずかしい💦 見ないで!とは、プロの端くれなので言えません。それ以前に、作品自体が目に「見えない」可能性も考えられます。錚々たる皆さんの中に混ぜてもらって、ただただ恐縮です。

最後に、後藤美月さんについて。絵本専門店メリーゴーランド四日市店に勤務後、フリーランスのイラストレーターとして上京。雑誌『イラストレーション』のザ・チョイスに複数回入選、などの受賞の傍ら、装画や挿絵、店舗ロゴなど様々な分野で活躍。そして、2017年、初の自作絵本『おなみだぽいぽい』を上梓。……こんなに華々しい活動をされていたのにもかかわらず、お名前を知ったのはごく最近、2016年のOPAギャラリーでの個展のときでした。かなり衝撃的で不思議な出会いだったと思います。いまでは、人形操演のはるかちゃんと同じ、大事な仲間です。

そうそう、シーモアグラス21周年おめでとうございます! 今回の企画展では、昨年の20周年記念展に寄せられたろうそくの絵も再び飾られますよ。


 
シーモアグラス21周年記念&後藤美月「おなみだぽいぽい」出版記念
おなみだ的◯◯点

2017年9月11日[月]~9月29日[金]*毎週土・9/17休
カフェシーモアグラス(東京・原宿)

【参加ゲスト】浅野萌/安食史子/石井聖岳/おくはらゆめ/おざわよしひさ/下山ワタル/つつみあれい/扉野良人/長谷川実央/南谷佳世/モノポリーズ があこ
 

>>今日でシーモアグラスは21才になりました。ありがとうございました。|シーモアグラス

Dear アッコちゃん展

Dear アッコちゃん展

矢野顕子さんのレコードデビュー40周年にちなみ、原宿のカフェシーモアグラスで2017年1月3日まで開催されている「Dear アッコちゃん展」に、矢野顕子さんにまつわる資料と15年ほど前に描いた小さな絵を展示させてもらってます。

1998年から2006年までの間にデザイン企画編集として関わったさとがえるコンサートのパンフレット。2000年に、HMVのフリーペーパー誌上で一年間限定で連載された「月刊アッコちゃん・HMV the music master版」全12回分の誌面デザイン(店内で自由に閲覧できます)。そして、イラストレーターを目指してパレットクラブスクールで学んでいた2001年に、講師だったイラストレーター上田三根子さんへのトリビュート作品として、さとがえるコンサートパンフの絵本『わたしはラーラ』をモチーフに描いた小さな作品「わたしとラーラ」(+参加作家によるアッコちゃんへのファンレター)を展示しています。

そのほかにも、デビュー当初からのレコードジャケット、宣材、ポスター(『JAPANESE GIRL』からMIDI時代の貴重な資料)、田村セツコさんほかの作家による矢野さんをイメージした絵や雑貨などが店内に所狭しと並び、期間中のシーモアグラスはアッコちゃん一色に彩られています。初期のジャケットや宣材のデザインはどれも尖っていて、現役のデザイナーやイラストレーターにとっても大きな刺激となるに違いありません(展示設計は沢田節子さん)。店内では記念本『やのぴあ』も販売しています。

矢野顕子さんのマネージャーから当時勤めていた会社(音楽プロダクション内の編集セクション)に、さとがえるコンサートパンフの制作依頼をいただいたのは、1998年の秋でした。ぼくがゼロからデザインの道に入って社内の仕事を細々と始めるようになってからまだ間もない頃で、さとがえるパンフの仕事がほとんど初めての外部からの大きな依頼でした。コンサートパンフレットでありながら本格的な絵本(朗読CD付)として制作された1999年の『わたしはラーラ』(矢野顕子・作/上田三根子・絵)は、翌年に続編(『はたらくラーラ』)も作られるなど好評を得て、いまの自分の絵本仕事の礎にもなっています。矢野さんの仕事を基点としてぼくの仕事上の人脈や経験は大きく広がっていきました。矢野さんの40年間の中でもほんの小さなご縁ではありますが……本当に感謝しかありません。
 

 
Dear アッコちゃん展
2016年12月12日[月]─2017年1月3日[火] *毎週土+元旦休
カフェシーモアグラス (東京・原宿)

参加作家:安食史子、unpeu、Salam×2 愛甲恵子、沢田藍子、下山ワタル、田村セツコ
協力:下山ワタル、ブルース・オズボーン、MIDI INC.、茂木忠和(Green House)、山本ひろみ(新宿文化センター)
企画:シーモアグラス「Dear アッコちゃん展」実行委員会 坂本織衣/沢田節子/石黒由紀子

 
>>「Dear アッコちゃん展」はじまりました。|カフェシーモアグラス ブログ

>>わたしはラーラ|Works|パラグラフ
>>はたらくラーラ|Works|パラグラフ
>>Akiko Yano Songbook|Works|パラグラフ

Sing More Songs もっとうたってよちゃん

Sing More Songs もっとうたってよちゃん

原宿の「絵本の読める小さな小さな喫茶店」シーモアグラスが、2016年9月で20周年を迎えました。おめでとうございます! 20周年を記念したライブイベントや展示、グッズが作られるなど賑やかな企画が目白押しですが、そのうちのひとつ、シーモアグラスにゆかりのある作家やミュージシャンが参加して作られた記念CD『Sing More Songs もっとうたってよちゃん』にデザインで参加させていただきました。紙ジャケットとブックレットのイラストは、イラストレーター/絵本作家の荒井良二さんが、開店以来シーモアグラスのために描いた作品の中から抜粋しています。シーモアグラスのほか、通販サイト、全国の絵本専門店などで販売予定です。参加ミュージシャン、関連イベントなど詳しくは特設サイトをご覧ください。

sms-h1
 
Sing More Songs もっとうたってよちゃん(→特設サイト
シーモアグラス
2016年9月14日発売
2400円+税(定価)
 

矢野顕子さんのさとがえるコンサートパンフレットとして1999年に制作した絵本『わたしはラーラ』(矢野顕子・作、上田三根子・絵。編集/デザインで参加)を、Twitterの【店で読める本】で好意的に取り上げて頂いたのがきっかけで、シーモアグラスとのお付き合いが始まりました(お礼を言うため、約10年振りにお店を訪れた日のことが、シーモアグラスのブログに残されていました)。

個人的にはちょうど絵本の仕事がしたいと思っていた時期と重なっていて、お店に訪れるたび、絵本関係者など数々の出会いに恵まれました。いろんな方が述べられているように、店主の織衣さんの見えない力によって、沢山の才能ある人々がこのお店に結び付けられているのを感じます。

今回のアルバムもそんな20年分の出会いの賜物だと思います。デザイナーとしては、歌い手や語り手の声や姿勢を、書体とデザインに反映させることに集中し、店主の織衣さんのように多くを語らないことを心がけました。ぜひお買い求めの上、ブックレットを眺めながら、シーモアグラスにいるような気分で、聴いて楽しんでいただきたいです。
 
sms-w-obi
 

>>Café SEE MORE GLASS
>>20周年記念アルバム特設サイト
>>わたしはラーラ|Works|パラグラフ

みんなの人形劇展

みんなの人形劇展

人形劇をテーマにした企画展「みんなの人形劇展」が、原宿のカフェシーモアグラスで開催されます。

みんなの人形劇展
 
展示を企画した人形操演の山田はるかさんは、NHKEテレで人形が出てくる子ども番組や人形劇の多くに裏方として出演する、人形劇界の若手第一人者です。「ノージーのひらめき工房」「いないいないばあっ!」「ざわざわ森のがんこちゃん」、人形劇では「シャーロックホームズ」など、実に沢山の番組のクレジットで名前を見ることができます。最近だと、ウルフルズのMV「ボンツビワイワイ」の人形もそうですね。

人形を通して知り合った作家の友人たちや先輩方が参加して、人形劇をモチーフにした新作イラストレーションや手づくりの人形、昔懐かしいパペットやマリオネットの展示、人形劇の上演、人形劇の裏話が聞けるトークショーやワークショップも開かれる、約1か月半の楽しいイベントです。はるかさんとはシーモアグラスのイベントをきっかけに知り合い(数少ない「ハロ友」の一人でもあります)、今回はDMと展示タイトルロゴのデザイン等をお手伝いしました。裏面のイラストレーションは、福田利之さんによる展示作品です。
 

みんなの人形劇展
2015年7月5日(日)─8月21日(金)
Café SEE MORE GLASS(東京・原宿)

参加作家=えちがわのりゆきオガワナホ甲斐みのり片岡メリヤス木下綾乃tupera tuperaはまのゆか平澤まりこ/ひろせべに/福田利之/yugue (50音順・敬称略)
企画・人形操演=山田はるか
 
人形劇・イベントスケジュール *過去の日付のものは終了
http://seemore96.exblog.jp/24402255/

8月1日(土) 12:00〜/14:00〜
うんころもち劇団[人形劇]
1000円+1ドリンク(おみやげ付)

8月2日(日) 12:00〜/15:00〜
ひろせべにさんとつくるペープサート人形ワークショップ
2500円 (yugueのベーグルサンドとお飲物付)

8月15日(土) 14:00〜
テレビ人形劇界の宝 南波郁恵さんトークショー 
1000円+1ドリンク
──ひょっこりひょうたん島、三国志、などこれまでに関わった人形劇の裏話

8月16日(日) 13:00〜/16:00〜
ねずみのシーモア〜本棚にすんでいるねずみのはなし[人形劇]
2000円+1ドリンク
──福田利之さんデザインのねずみの人形が登場する新作人形劇

 
>>みんなの人形劇展 Facebookイベントページ
 

[2015/12/04追記]
南青山にある(最寄駅:表参道)TOBICHIで開かれた福田利之さんの個展&イベント「大福田展」で、人形劇「ねずみのシーモア」が再演されました。
http://www.1101.com/tobichi/daifukuda/

ねずみのシーモアを上演している「アトリエ・ピタチョーク」のサイト。
ねずみのシーモアのあらすじ、スタッフクレジットと、オリジナルソングが公開されています。
http://a-pitachok.com/works/ねずみのシーモア/