下山ワタル Wataru Shimoyama

グラフィックデザイナー、画家/イラストレーター。

音楽制作会社の編集セクションに編集・ライター志望で入社した後、Macと出会いデザインの道へ。THE BOOM、矢野顕子、中村一義(100s)、ハナレグミ、黒沢健一、中川ひろたか、ケロポンズ、ほか様々なミュージシャンのCD/DVDパッケージやコンサートグッズ、フライヤー、ロゴデザインから、企画・編集・執筆に至るまで、数多くの仕事に携わる。

また、イラストレーターとして2000年「ペーターズギャラリーコンペ」第5回PATER賞を受賞。女性誌、児童教育分野や音楽関連の仕事を手がける。

2006年からフリーランスに。2007年、新しい活動の拠点として「パラグラフ」を設立。一女の父としての経験を生かした児童書・絵本のデザインや、書籍の装丁、企画展の構成、会社のCI・ブランディング・各種サポートなど活動の幅を広げている。

2013年から約5年間、生活クラブ連合会のアートディレクターに就任し、2015年4月から使用されている新ロゴタイプの設計をはじめ、カタログ・各種マークのデザインおよびディレクション、監修をつとめた。

デザイナーとしての座右の銘は「Good design is as little design as possible」。
(良いデザインとは、できるだけデザインをしないこと)

2021年、イラストレーターとして描いてきたオリジナル作品を新たな形で展開していくプロジェクト「しなもんレトロスペクティブ」を立ち上げる。
 

これまでの代表的な仕事

矢野顕子「さとがえるコンサートパンフレット」(ブックデザイン、企画・編集)
中村一義LIVE TOUR「博愛博」(ロゴマーク、チケット、グッズデザインほか)
THE BOOM「島唄 Shima Uta」「風になりたい」(CDパッケージデザイン)
ハナレグミ『日々のあわ』「レター/ハンキーパンキー」(CDパッケージデザイン)
『Non Vintage|林立夫セレクション』(CDパッケージデザイン)
黒沢健一『Focus』『V.S.G.P』(CDパッケージデザイン)
みんなともだちカロム(プロダクトデザインほか)
「生活クラブ」ブランディング・プロジェクト(ロゴタイプ、CIほか)
「わかったさんとおかしをつくろう!」シリーズ(ブックデザイン)
絵本『ねずみのシーモア』『九九をとなえる王子さま』ほか(ブックデザイン)
ケロポンズ「エビカニクス」「チェケマッチョ」ほか(MVイラスト)

>>Works|パラグラフ
>>下山ワタル DESIGN ARCHIVE
(代表的な仕事をまとめたポートフォリオ)

>>しなもん|Cinnamon Retrospective|下山ワタル
(画業/イラストレーション関連の公式サイト)

>>お仕事のご依頼・お問い合わせについて


事務所名  パラグラフ|下山ワタル
業務形態  フリーランス/SOHO
設立年月  2007年1月
事業内容 
  • グラフィックデザイン
    (書籍・印刷物・パッケージ・WEBほか全般)
  • CI・ロゴデザイン
  • デザインに関するコンサルティング業務
  • デザインに付随する編集業務
  • 画業/ショップ「品門堂本舗」の運営