第10回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート

第10回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート

毎年チラシ等のお手伝いをしている吹奏楽団harmonize(ハーモナイズ)のコンサート。今年でついに10回目を迎えます。

 
実は、前回の第9回をもって、チラシやプログラムその他のデザイン担当から降ろさせていただこうと考えていました。主催の藤井君にもその旨をお伝えし、第9回の本番で配られたプログラムにも送別の言葉まで頂いたほどでした。後任のイラストレーター/デザイナーについても、アートワークをお願いするにふさわしい方を指名し(竹内巧さんです。この場を借りて改めてありがとう)、実際に引き継ぎのための打ち合わせまでしていました。

 
にもかかわらず寸前で撤回させていただいたのには、ごく個人的な理由がありました。

 
去年のチラシを制作する時期、もう描くということへの喜びが見いだせなくなってしまい、自分はこれからデザインの仕事に徹しようと思ったのでした。描くことにまつわる行為を全て切り離そうと考え、少ない仕事もほかの人に譲ろうとしました。そうやって一旦描くことを全部断つと決めてから季節がひとつ過ぎたある日、ふとハードディスクに保存された過去の作品を先入観なく眺めるうち、これは案外悪くないかも、という感覚が訪れたのです(詳しくは、instagramアカウントのお知らせ|パラグラフ を参照)。

描くことは自分にとってのひとつの財産だから、決して手放してはいけない、と程なくして気付き、吹奏楽のバンマス藤井君や後任に予定していた竹内さんにも、お詫びの気持ちを伝えて復帰することになり、再び「描くこととデザインの中間地点」を目指して制作したのが第10回のアートワークです。

 
今回は、楽譜や楽器などの音楽的な符牒から離れて、harmonizeという楽団が10年続いたことを花束でお祝いしました。10年続いたって簡単に言うけど、本当にすごいことなんです。プロフェッショナルではない楽団員ひとりひとりが、それぞれの仕事や学業に占有された日常の中でなんとか時間を作って練習を重ねて、ここまで続けてこれたこと。そのことを心から祝福したいと思いました。

それと、上に添えた「We are harmonize」のキャッチコピー。この仕事を再開するにあたっての藤井君とのミーティングの中で「10年も続いたらその場所は、家・家族のようなものだね」と話したことをヒントに、ぼくのほうで発案しました。普段は学生、会社員、親、先生……いろんな役割を演じて忙しく働く人々が、ここに来ればハーモナイズの一員になれる。そんな、帰属する場所、いつでも帰れるところ、の意味を、この短いコピーの中に込めました。

こんなふうに、描くことだけでなく、デザインすること、コピーなどのテキストや全体の構成までを、ひとつのかたまりとして表現する力が、これからの自分にとって他者と換えがたい固有の力になっていくのかもしれないな、と作りながら思ったりもしました。そういう力を長い間育て、自由に発揮させてくれたharmonizeという楽団とバンマスの藤井君には、感謝の気持ちで一杯です。

 
harmonize(ハーモナイズ)は東京都日野市を拠点に活動する吹奏楽団で、リーダーで指揮者の、中学や高校で音楽教師を務める藤井和夫君の教え子が中心となって集まり、演奏を続けています。毎年初夏にチャリティーコンサートを開き、児童養護施設出身の子どもたちをサポートする「NPO法人日向ぼっこ」への募金を行なっています。
 
コンサートは入場無料です。
お近くの方、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。
取材や問い合わせについては、彼らのウェブサイトをご覧になってください。

 
第10回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート
2018年7月1日[日]
13:30開場/14:00開演
ひの煉瓦ホール(日野市民会館)大ホール
入場無料
 

 

harmonize吹奏楽チャリティーコンサート FLYER/LEAFLET

>>harmonizeに関するブログ記事の一覧

harmonize公式ブログ
http://harmonize2008.blogspot.jp/

 
「元・丁稚」藤井和夫インタビュー|INTERVIEWS for land of music “the Rising”
http://d.hatena.ne.jp/theRising/20090618
――指揮の藤井君はかつて、ロックバンドHEATWAVEの伝説の「丁稚」でした。

これから行くかもしれない展覧会[2018・4〜]

これから行くかもしれない展覧会[2018・4〜]

青木陵子: 三者面談で忘れてるNOTEBOOK
2018年3月17日[土]―4月28日[土]
TAKE NINAGAWA(東京・麻布十番)
好きな画家。前とだいぶ画風が変わった。生活や日常を感じる絵。

ハービー・山口写真展 TIMELESS IN LUXEMBOURG 1999
2018年3月21日[水・祝]―4月15日[日]*月火休
Books and Modern(東京・乃木坂)
1999年と、昨年2017年に再訪したルクセンブルクの街の風景と人の表情。

トヤマタクロウ「sight」
2018年3月22日[木]―6月22日[金]
テラススクエア(東京・神保町)
ミツメの仕事などで活躍する写真家。ハワイで撮影した大判写真からの展示。

それで君を呼んだのに 忌野清志郎を想う 2018
2018年4月2日[月]―5月2日[水]
カフェ シーモアグラス(東京・原宿)
今年で5回目の、清志郎を静かに想う作品展。

柚木沙弥郎の染色 もようと色彩
2018年4月3日[火]―6月24日[日]
日本民藝館(東京・駒場東大前)
これは素晴らしい。グラフィックそのものだと思う。

#Why Dig
2018年4月6日[金]―4月8日[日]
BY PARCO SHOP&GALLERY(東京・表参道)
ステッカー貼り放題のイベント。表参道のパルコ、通勤圏なのに行ったことがなかった。

第20回亀倉雄策賞受賞記念 「中村至男展2018」
2018年4月6日[金]―5月16日[水]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
シンプルを極めると強くなり、綺麗さとは異質なメッセージを放ち出す。

蓮沼執太: ~ ing
2018年4月6日[金]―6月3日[日]
資生堂ギャラリー(東京・銀座)
部分的には観て(聴いて)きたものの、まだ全体像が把握できてないアーティスト。

福田利之展|吉祥寺の森
2018年4月7日[土]―5月20日[日]
武蔵野市立吉祥寺美術館(東京・吉祥寺)
吉祥寺の「森」を描いた新作とこれまでの原画。イベントも目白押し。

原田治のイラストレーション展
2018年4月7日[土]―5月20日[日]
パレットクラブ・スクール(東京・築地市場)
故・原田治の功績を珍しい原画やグッズなどとともに振り返る企画展。

ブルーノ・ムナーリ こどもの心をもちつづけるということ
2018年4月7日[土]―6月10日[日]
神奈川県立近代美術館 葉山(神奈川・逗子)
ブルーノ・ムナーリ日本最大の回顧展、ということで遠いけど行きたいなあ。

秋永悠個展「ちいさなまち -My Little Town-」
2018年4月13日[金]~4月18日[水]
オーパ・ギャラリー(東京・表参道)
大人と子ども、ファンタジーとメルヘンが同居する不思議な世界を描くイラストレーター。

坂内拓個展「東京 tokyo」
2018年4月13日[金]~4月18日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
様々な媒体で活躍するイラストレーター。自分の昔の絵と近いセンスを持つ。

没後50年 藤田嗣治 本のしごと 〜 文字を装う絵の世界
2018年4月14日[土]~6月10日[日]
目黒区美術館(東京・目黒)
装画・挿画を手掛けた本の仕事と、絵画作品、ほっこりする書簡の絵など。

イチハラヒロコ「王子さまが来てくれたのに、留守にしていてすみません。」
2018年4月14日[土]~6月16日[土]
鎌倉画廊(神奈川・大船)
活動30周年記念。初期からずっと知っていたけど、展示は観たことがない。

五木田智央 PEEKABOO
2018年4月14日[土]~6月24日[日]
東京オペラシティ アートギャラリー(東京・初台)
小品を1点にまとめたインスタレーションや新作など。東京で観られる数少ない大規模展。

RiekoののLIFE展《ハルモニア》
2018年4月17日[火]~4月30日[月・祝]
クワランカ カフェ 吉祥寺(東京・吉祥寺)
安曇野在住の友人・桑はら理恵子さんが描く、ハート型の世界。

‘のん’ひとり展 -女の子は牙をむく-
2018年4月19日[木]~5月8日[火]
GALLERY X BY PARCO(東京・渋谷)
ちゃんとした規模の展覧会はたぶん初。図録も販売。

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然
2018年4月20日[金]~6月28日[木]
EYE OF GYRE(東京・明治神宮前)
綺麗。自分が最近絵で表現したいことと意外と通じるのかも。

チャン・ディック「Chai Wan Fire Station」
2018年4月21日[木]~5月12日[土]
CASE TOKYO(東京・渋谷)
上層階から覗いたミニマルな消防署の風景。最近知りすごく観たかった展示。

[メモ]

先月以降に更新した仕事のお知らせです。
佐藤剛さんの新刊『ウェルカム!ビートルズ』のブックデザイン。

>>ウェルカム!ビートルズ|パラグラフ

発売は昨年ですが、あかね書房『わかったさんとおかしをつくろう!』のデザイン。
元になったシリーズは30周年になる大ロングセラーで、現在も女性を中心にファンが多く、そのシリーズを未来につなぐような本になったと思ってます。

>>わかったさんとおかしをつくろう!|パラグラフ

 
いま、描くことを主体とした活動についてのプロジェクトをじっくりと進めているところです。そんな中で自分にとっての関心は、描くことだけでなく、そこで作ったものをどうやって届けるか、にも寄せられています。せっかく制作した作品がとても良いものだったとしても、見てくれる人のところにまで届かなければ、それは何もしてないのと同じだと個人的には思っています。

時間と才能と活動意欲がありあまるほどあって……という人ならば何も考えず、描くことにまっすぐ向かうべきです。でも、デザインの仕事と並行しながら、長い間のブランクを経て久しぶりに描くことに向かい合おうと決心し、創作のための残り時間はこれからの人に比べたら短い……しかもほとんど無名である自分のような特殊な作り手にとって、活動のスタートポイントをどこに設定するかは重要なことです。

幸いにも昔と違って、いまは表現にまつわる広報や販売を手助けしてくれる手段もいろいろあります。それらをうまく活用して様々なハンデを補いながら、たんぽぽの綿毛のように自分の作品を未知の場所へと広げていけないだろうか、とあれこれ考えています。そういうことについて考えるのは、絵を描くことと同じくらい、あるいはもしかしたらそれ以上に、楽しいことなのです。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2018・3~]

わかったさんとおかしをつくろう!

わかったさんとおかしをつくろう!

お菓子作りをテーマにしたあかね書房の人気童話「わかったさんのおかしシリーズ」。その30周年を記念した26年ぶりの新刊となるレシピ集+絵本『わかったさんとおかしをつくろう!』(寺村輝夫・永井郁子、あかね書房・刊、全3巻)のブックデザインを担当しています。
 


 


 


 

クリーニング屋の女の子“わかったさん”が行く先々で不思議な世界に巻き込まれるたびに、ケーキやお菓子を作ってピンチを切り抜けるお話。とくに女性の方には、下は現役小学生から上はかつて小学生だった方々まで、姉妹本の「こまったさん」シリーズを含めてとても愛されているようで、うちの娘に至っては、今度わかったさんの仕事をするよ、という話をしたら「パパ、これから有名になるよ」という謎の預言が返ってきたほどでした…)。「わかったさん」から印象的なエピソードをピックアップした絵本パートと、新たに考案されたものも多数含むレシピパートからなるオールカラーの楽しい本になりました。

キャリア等を考えると信じられない話ですが、作画の永井郁子さんはすごいPhotoshopの使い手で、今回の絵も、過去の原画と手描きで新しく描いた絵をAdobe Photoshop上で再構成して着色したものだそうです。素材や基本的なアイデアについては永井さんと編集部にお任せし、こちらでは全体のデザインと表紙タイトル回りの設計などを行いました。タイトルの飾り罫は、それぞれのお話の内容をモチーフにイラストとグラフィックの中間のアートワークを制作しました。また、タイトルや見出しの文字に、前から使いたかったタイプバンクのかな書体「TBかナ-白のアリス」を使用しています。
 

 
わかったさんの こんがりおやつ(→Amazon.co.jp
わかったさんの ひんやりスイーツ(→Amazon.co.jp
わかったさんの ふんわりケーキ(→Amazon.co.jp
寺村輝夫/原文 永井郁子/企画・構成・絵
あかね書房
発売中
各1200円+税(定価)

春休みと重なる期間に、東京では初めてとなる原画展が開催されることになりました。永井郁子さんのサイン会も開かれます。

「わかったさんと おかしをつくろう!」原画展
2018年3月16日[金]─4月16日[月]
丸善 丸の内本店 児童書売り場 (東京・東京)

 
関連記事

>>あかね書房の「わかったさんと おかしをつくろう!」特集ページ。

>>あかね書房の書籍紹介ページ(こんがりおやつ)。イベントへのリンクも。

>>わかったさん公式ツイッター

>>著者の永井郁子さんのホームページの特設サイト。3巻セットのボックスの画像も。

>>【懐かしい!】あの『わかったさん』に26年ぶりの新刊が出てたぞ~ッ / 総集編&新作レシピもいっぱい! 大人が読んでもワクワクが止まらない!!|ロケットニュース24

沢井メグさんによる紹介記事。
ツイッターにはなんと1666RT!

ウェルカム!ビートルズ

ウェルカム!ビートルズ

佐藤剛さんの新刊『ウェルカム!ビートルズ 1966年の武道館公演を実現させたビジネスマンたち』(リットーミュージック・刊)のブックデザイン(装丁と本文組版)を担当しました。

ザ・ビートルズについては、関係者やファンなど様々な視点から書かれた著作が既に多数出ていますが、本書はザ・ビートルズの1966年の来日公演(日本武道館:6/30〜7/2)の実現を影で支えた国内外のビジネスマンたちと、彼らの功績に光を当てるノンフィクションです。本書の縦糸=主役となるのは、ビートルズをめぐる音楽史にこれまで一切登場することのなかった、東芝EMIの名ディレクターとして知られた石坂敬一の父であり、東芝レコードの重役として坂本九「上を向いて歩こう」を世界的なヒットへと導くなどの功績を果たした知られざる人物・石坂範一郎です。
 

ぼくが音楽的物心がついた頃には、ビートルズは既に解散してかなりの時間が経っていました。上の世代に比べて思い入れの強さでは勝てませんが、当時を知るファンの方々にも手に取ってもらえればと思い、ビートルズ来日時の資料を漁る過程で目に止まった来日公演のポスターやチケットのヴィジュアルを、今回の装丁にあたってヒントにしています。当時の使用書体と全く同じタイプフェイスのものが存在しなかったため、既存のデジタルフォントをベースに細部を加工しました。当時のヴィジュアルを知る方には、オリジナルとの微妙な違いも、笑って受け止めてもらえるのではないかと思ってます。

中央に配置したジョージ、ジョン、リンゴ、ポールのイラストは、オリジナルのポスターで同じ位置に入っていた写真を、イラストレーターの北村範史さんに似顔絵として起こしてもらいました。北村さんとはハナレグミのCDジャケット以来何回かご一緒しており、今回久しぶりに仕事をお願いすることができました。

 
以下は余談でここだけの話ですが、今回デザインのほかにもうひとつ重要な仕事として、ぼくが提案した「ウェルカム!ビートルズ」が本書の正式タイトルとして採用されました(本書の出典となる、エンタメステーション連載時のタイトルは「ビートルズの武道館公演を実現させた陰の立役者たち」)。
 

 
タイトルのアイデアの元になった「ウェルカム・ビートルズ」は、1996年のザ・ビートルズ日本公演初日のオープニングアクトで、当時の日本のロック・ミュージシャンを代表する4組により歌われた、この公演のためのオリジナル曲(作詞:井上忠夫、作曲:安井かずみ。のちにジャッキー吉川とブルー・コメッツにより音源化)で、その名の通りビートルズをお迎えする歌でした。この歌詞や演奏の様子に込められたなんともいえない愛情や恥ずかしさが入り混じった思いが、当時この公演のために奔走した日本のスタッフやファンの総意を代弁しているように感じられたのです。ちなみにこの曲はのちに、テクノ/ニューウェイヴバンドのプラスチックスによってカヴァーされました(タイトルと一部歌詞が変更)。ぼくが最初に知ったのはそちらのヴァージョンでした。

 
普段主に手がけている絵本や児童書に比べて一般書籍のブックデザインにはあまり馴染みがなかったのですが、編集出身のキャリアを活かし、作品の世界の奥底に深く潜り込みながらデザインを進めることができました(編集的見地から誤字脱字という名の貝殻も沢山発見 🙂 )。組版にも様々なバリエーションがあって読みやすさ+αを追求する作業は楽しく、またこういう仕事が来たらうれしいなと思います。
 

佐藤 剛『ウェルカム!ビートルズ 1966年の武道館公演を実現させたビジネスマンたち』(→Amazon.co.jp
リットーミュージック
2018年3月12日発売
2000円+税(定価)
 


 

>>ウェルカム!ビートルズ:リットーミュージック

>>ビートルズ来日をめぐる人間ドラマを丹念に描く感動のノンフィクション! 書籍『ウェルカム!ビートルズ』発売|エンタメステーション

これから行くかもしれない展覧会[2018・3〜]

これから行くかもしれない展覧会[2018・3〜]

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」映画展
2018年2月1日[木]―3月29日[木]
カナダ大使館高円宮記念ギャラリー(東京・青山一丁目)
障害をよそにカナダの日常を描き続けた画家の映画記念展。可愛い絵。>映画サイト

Drawings : 1988-2018 Last 30 years|Yoshitomo Nara
2018年2月9日[金]―3月8日[木]
Kaikai Kiki Gallery(東京・広尾)
奈良美智の核に迫るドローイング展。まもなく終了。

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
2018年2月22日[木]―4月15日[日]
練馬区立美術館(東京・中村橋)
独学でデザインを学び41歳で成功、という経歴にいつも励まされる。

前田ひさえ「IMITATIONS」
2018年2月23日[金]~3月6日[火]
ニーディ・ギャラリー(東京・恵比寿)
ギャラリー移転後初展示。可愛く印象的な人物画で知られるイラストレーターの、静物画。

瀧本幹也「CROSSOVER」
2018年2月23日[金]~3月14日[水]
ラフォーレミュージアム原宿(東京・原宿)
これまでに撮影した広告写真・CM・映画・オリジナル作品を展示。新作も。

写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−
2018年2月23日[金]~6月10日[日]
21_21 DESIGN SIGHT(東京・乃木坂)
クラインといえば「ポリー・マグー お前は誰だ?」。石川直樹ほかも参加する企画展。

本秀康展「ロックとマンガ」
2018年2月27日[火]―3月29日[木]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
ロックとマンガをテーマに、過去の作品200点を展示。

北山雅和 個展 『TYPOGRAFFITI 2 -MIRROR- “SHE=HE=YOU=ME”』
2018年3月1日[木]―3月18日[日]
VOID(東京・阿佐ヶ谷)
Help!時代と大きく印象が変わった。意志を持ったタイポグラフィの新作。

沢渡朔「跳んでごらんプルーネ | A girl at play」
2018年3月2日[金]―3月25日[日]*月火休
AKIO NAGASAWA GALLERY GINZA(東京・銀座)
1964年撮影のシリーズ。花代との共作「Tenko」が昨年強く印象に残った。

くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質
2018年3月3日[土]―5月6日[日]
東京ステーションギャラリー(東京・東京)
様々な素材に着目し感覚に語りかける、氏の「自然な建築」を振り返る。

アトリエ エナガ個展【CHAMPON DE JAPÓN】~音と絵のまぜこぜ展覧会~
2018年3月8日[木]―3月13日[火]
にじ画廊(東京・吉祥寺)
知人の、動物を描くイラストレーター宮入のあの初個展。初個展って感慨深い。

中平卓馬「氾濫」
2018年3月10日[土]―4月14日[土]
CASE TOKYO(東京・渋谷)
1974年の巨大インスタレーション作品の再現。

韓国・五人の作家 五つのヒンセク〈白〉
2018年3月10日[土]~4月28日[土]
東京画廊+BTAP(東京・銀座)
オペラシティの展覧会で知って好きになった、韓国の「単色画」。>美術手帖

Relight Days 2018
2018年3月11日14時46分[日]~3月13日[火]
六本木ヒルズけやき坂『Counter Void』前(東京・六本木)
これで最後の、六本木ヒルズ・宮島達男「Counter Void」期間限定再点灯。>美術手帖

版画のイラストレーター展 凸凹 vol.3「凸凹書房」
2018年3月16日[金]~3月21日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
若手の版画家が作る古くて新しい世界に注目しています。

「わかったさんと おかしをつくろう!」原画展
2018年3月16日[金]~4月16日[月]
丸善 丸の内本店 児童書売場(東京・東京)
わかったさんシリーズ最新作の原画展。デザインに関わっています。

猪熊弦一郎展「猫たち」
2018年3月20日[火]~4月18日[水]
Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)
この展示を勧めたい人の顔が沢山目に浮かぶ。

蓮沼執太: ~ ing
2018年4月6日[金]―6月3日[日]
資生堂ギャラリー(東京・銀座)
部分的には観て(聴いて)きたものの、まだ全体像が把握できてないアーティスト。

福田利之展|吉祥寺の森
2018年4月7日[土]―5月20日[日]
武蔵野市立吉祥寺美術館(東京・吉祥寺)
吉祥寺の「森」を描いた新作とこれまでの原画。イベントも目白押し。

秋永悠個展「ちいさなまち -My Little Town-」
2018年4月13日[金]~4月18日[水]
オーパ・ギャラリー(東京・表参道)
大人と子ども、ファンタジーとメルヘンが同居する不思議な世界を描くイラストレーター。

‘のん’ひとり展 -女の子は牙をむく-
2018年4月19日[木]~5月8日[火]
GALLERY X BY PARCO(東京・渋谷)
ちゃんとした規模の展覧会はたぶん初。図録も販売。

[メモ]

年末あたりから自分の作品を世の中に出すことについて多方面からいろいろと考えていて、考えるだけでなく人に会ったりもしている一方、手はこれから徐々に動かしていく段階です。編集者やクライアントがお膳立てしてくれる仕事とは違い、自分の匙加減や感覚が大事。これまではずっとその種のお膳立てに慣れてきた状態なので、自分自身の動きによってどうにでもなる世界についてまだはっきりとつかめていません。他人の展示やグッズ販売を今日までたくさん見て来たので、どうすればいいか大体の目星はつくけど、外から見てきただけなので、きっと実際に動いてみると思うようにいかないこともきっとあるでしょうし。

せっかく動き出すのだから、楽しく、始めたことがなるべく無駄にならず自分や誰かの役に立つように。あと、活動の規模は小さくても、できるだけ長く続けたい。……さしあたって現在考えていることはそのくらいです。

最近ハロプロに飽き始めている話は、いずれまたの機会に。この間観たわーすたや、「ラストアイドル」のLove Cocchi(つんく♂プロデュース)にものすごくアイドルを感じてます。
 
>>これから行くかもしれない展覧会[2018・2~]