下山ワタル DESIGN ARCHIVE[第3版]

下山ワタル DESIGN ARCHIVE[第3版]

1990年代末から近年までの仕事を、ジャンル別にセレクトしたポートフォリオを公開しました。
PDFで、どなたでもご覧いただけます。
(PC/Mac/タブレット推奨。スマートフォンではピンチイン・アウトでご覧ください)
*スマートフォン用に、PDFの章扉テキストとWorksへのリンクをまとめたページを作りました。
>>下山ワタル DESIGN ARCHIVE [TXT]

[2020/03/04追記]

最近の仕事を追加し、構成の一部を変更した第3版をリリースしました。

下山ワタル DESIGN ARCHIVE[PDF|15MB]

縦型 ── 44P(A4サイズ)

for SMARTPHONE⇒ 下山ワタル DESIGN ARCHIVE [TXT]

*出力をファイルに収めたものも用意しています。
法人・編集部等でご入用の方は、Contactよりお知らせください。

 

収録されている仕事

中村一義/矢野顕子/黒沢健一/中川ひろたか/harmonize/生活クラブ/ケロポンズ etc…
 

コメント

ライター/編集見習いとして音楽プロダクションに入社し、
ふと気が付くとグラフィックデザイナーになっていました。
世の中に、初志を貫いてひとつの道を極める人と、
ふらふらとさまよいながら最初に思っていたのと違う道に進む人、
2種類いるとしたら自分は明らかに後者でした。
【続きを読む】

絵本『まめちゃんとまじょ』

絵本『まめちゃんとまじょ』

はまのゆかさんの新作絵本『まめちゃんとまじょ』が発売されます。ブックデザインを担当しました。

はまのさんが2002年に生み出した、mamechan(まめちゃん)という小さな女の子のキャラクター。1コマ漫画に始まり、福山雅治さんのミュージックビデオや、カレンダー、文化庁メディア芸術祭(第13回)に選ばれたポスターなど、様々な場所で展開されたmamechanが、いよいよこの春、絵本の中を駆けめぐります(巻末にmamechanのあゆみ、と題された小さな年表があります)。

編集担当の方から最初にmamechanの絵本化の構想(夢)について聞かされたのが、2013年。それからいろんな出来事を経て、このたびようやく刊行にこぎつけました。

まめちゃんが、まほうのぼうをなくしてしまったまじょのジュモンさんと一緒に、探しものの旅に出かけるお話。「何でもやってのけるスーパーガール!」ということで、どこにでも出没するいたずらっ子な感じを、いただいた素材を使ってさりげなく表現しました。まめちゃんの小さな旅をお楽しみください。
 


 

まめちゃんとまじょ
教育画劇
2020年3月20日発売
1200円+税(定価)
 

刊行を記念して4月に原画展が開かれるほか、楽しい企画も用意されています。
 

『まめちゃんとまじょ』絵本原画展
2020年4月11日[土]―4月18日[土]
ムッチーズカフェ (東京・高円寺)


 
作者本人による朗読動画も期間限定で公開中!

 
>>まめちゃんとまじょ(はまのゆかさんのページ)

東京バックビート族 ─林立夫自伝─

東京バックビート族 ─林立夫自伝─

ティン・パン・アレーなどのバンド活動のほか、ユーミン、大滝詠一、矢野顕子、大貫妙子など日本の草創期のポップスのバッキングでも知られる、ドラマーの林立夫さんによる初めての自伝『東京バックビート族 ─林立夫自伝─』のブックデザインを担当しました。

林立夫さんの作品に関わらせていただいたのは、2005年にリリースされた2枚組コンピレーション『Non Vintage|林立夫セレクション』のデザイン以来です。当時は、借りていた仕事場がたまたま林立夫さんの事務所と同じフロアだった縁でお話をいただきました。自伝の刊行にあたり、立夫さんがそのCDのデザインを気に入ってくださっていたことが、今回の15年ぶりの依頼につながったそうです。版元のリットーミュージックとは以前、一度別の仕事(『ウェルカム・ビートルズ!』)で関わりがあったのも大きかったと思います。本当に、ほとんど縁と運だけに支えられてここまで生きてきました 🙂

>>Non Vintage|林立夫セレクション|Works
 


 

内容をご覧いただくとわかりますが、林立夫さんの幼少〜青春時代からティン・パン・アレー〜キャラメル・ママ時代の話、一時休止を経てからの活動再開まで、その都度の思いがざっくばらんとした語りと共に綴られています。ドラマーひと筋、ではなく生活やファッションなどの価値観を大切にしながら歩んできたその人生は、新しい世代のミュージシャンたちにもきっと共感できる部分が多いのではないでしょうか。合間に収録された、高橋幸宏、伊藤大地、沼澤尚、という3人のドラマーとの対談もヒントになりそうです。仕事や人生について立ち止まって考える機会を与えてくれるような一冊だと思います。

『Non Vintage』の時と同様に、紆余曲折を経て沢山作った候補の中から現在の表紙デザインに決まりました。表紙の写真の風景やタイトルロゴなど、デザインにまつわるエピソードについては、後日Works内で紹介します。
 

東京バックビート族 ─林立夫自伝─
リットーミュージック
2020年2月21日発売
2000円+税(定価)

>>東京バックビート族 ─林立夫自伝─|リットーミュージック
 

刊行を記念し、イベント(トークショー&サイン会)が各地で開かれる予定です。
 

『東京バックビート族 林立夫自伝』刊行記念 林立夫トーク・イベント&サイン会

2020年2月21日[金] 19:30〜 *観覧無料
パイドパイパーハウス(東京・渋谷) *タワーレコード渋谷店6F

2020年2月24日[月・祝] 15:00〜 *観覧無料
ディスクユニオンJazzTOKYO(東京・御茶ノ水)

2020年3月12日[木] 19:00〜 *参加費1,000円(ドリンク付/ワインあり)
本屋ルヌガンガ(高松・瓦町)
看板を平野甲賀さんが手がけた、カフェ併設の洒落た書店。

…and more

イベントはすべて中止・延期となりました。再開の目処がつき次第お知らせします。

絵本『わたしのやま』

絵本『わたしのやま』

翻訳絵本『わたしのやま』(フランソワ・オビノ/作 ジェローム・ペラ/絵 谷川俊太郎/訳)のブックデザインを担当しました。翻訳絵本のデザインは今回が初めて。谷川俊太郎さんが訳した絵本に関わらせていただくのもこれが初めてです。

フランス人の作者による、同じ山に暮らす羊飼いと狼の生活を描いたお話です。表紙から読むと羊飼いの視点、ひっくり返して裏表紙から読むと狼の視点で、同じ物語が進んでいきます。人間にとっての敵とされる狼たち。でも、その狼の側から見たら敵って誰だろう? 敵って? 味方って? 正しさって?……と、大人も子どもも一緒に読んで語り合えるような絵本になっています。

オリジナルの絵本が表と裏をひっくり返して読むユニークな構成だったので、フォントを使い分け、2つの話を日本語に置き換えていきました。カバーや帯のようなオリジナルにはない要素のところで、ちょっとした工夫をいくつか提案しました(具体的には、カバー袖と背など)。前からやりたかった翻訳絵本デザインの最初の仕事が、こういう変わった絵本でよかったと思ってます。


──フランス語版(オリジナル)の表紙回り
 

わたしのやま(→Amazon.co.jp
フランソワ・オビノ/作 ジェローム・ペラ/絵 谷川俊太郎/訳
世界文化社
2020年2月8日発売
1400円+税(定価)

>>谷川俊太郎訳 羊飼いと狼の2つの視点で読める絵本『わたしのやま』|CINRA.NET

これから行くかもしれない展覧会[2020・2~]

これから行くかもしれない展覧会[2020・2~]

絵本でめぐる生命の旅
2019年12月17日[火]―2020年3月1日[日]
国立科学博物館(東京・上野)
タイトル通り。『ながいながい骨の旅』は見たことある。

ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター
2020年1月9日[木]―3月8日[日]
Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)
2017年に開催されて大好評だった写真展の第2弾。

迎賓館赤坂離宮特別展~1964年東京オリンピックが作られた場所~(歴史と写真展)
2020年1月16日[木]―3月10日[火]*水曜休
迎賓館赤坂離宮(東京・四ッ谷)
東京オリンピックの写真やピクトグラム比較など。どのチケットで入ればいいのだろう?

ハービー・山口「Days I Remember 」
2020年1月17日[金]―3月1日[日]
SUPER LABO STORE TOKYO(東京・神保町)
モノクロでしっとりとドラマを感じさせる。同名の写真集も刊行。

開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」
2020年1月18日[土]―3月31日[火]
アーティゾン美術館(東京・東京)
印象派に強い美術館。待ちに待った展示再開。予約制(当日と400円違い)。

福田利之 × グラニフ展
2020年1月21日[火]―2月24日[月・祝]
グラニフ原宿ギャラリー(東京・原宿)
新作のコラボアイテムの原画、『イラストレーション』掲載作品などを展示。

ハマスホイとデンマーク絵画
2020年1月21日[火]―3月26日[木]
東京都美術館(東京・上野)
デンマーク絵画。写実的で生活感があって、ひと目見て気に入った。

QUEEN IN THE PARK 〜クイーンと遊ぼう〜
2020年1月22日[水]―3月15日[日]
Ginza Sony Park(東京・銀座)
既存の音楽資産をどう遊ぶか、という点で参考になるかと。

She isのギフト・フォー・ユー展
2020年1月25日[土]―2月11日[火・祝]
ヒカリエ8F・MADO(東京・渋谷)
会員制サイトShe isで届くギフトの展示と販売。11月のあやちょの冊子は含まれず。

Barry MCGEE「Potato Sack Body」
2020年2月7日[金]―3月28日[土]
ペロタン東京(東京・六本木)
都内ギャラリー初個展。ZINEも有り? コラボグッズをビームスで販売。

大阪万博50周年記念展覧会
2020年2月15日[土]―2月24日[月] *17(月)休
T-ART HALL(東京・天王洲アイル)
大阪万博が遺した遺産とその継承。天王洲一帯、渋谷パルコでも展示有。

矢後直規展「婆娑羅」
2020年2月22日[土]―3月8日[日]
ラフォーレミュージアム原宿(東京・原宿)
いまの時代を作るアートディレクター。年齢に驚いてはいけない。

UMA / design farm展 Tomorrow is Today: Farming the Possible Fields
2020年2月25日[火]―3月28日[土]
クリエイションギャラリーG8(東京・新橋)
大阪を拠点に地域に根差した、原田祐馬さんのプロジェクトを紹介。

さわ展「くらしのおと」
2020年3月2日[月]―3月8日[日]
シーモアグラス(東京・原宿)
生活と自然をさり気なく描いた絵。楽しみです。

庄野紘子 個展 「とうめいの」
2020年3月6日[金]―3月11日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
最小限の線で、スタイルや情景を感じさせる絵。

[メモ]

1月はひとつのデザイン(+α)に黙々と取り組んでいました。情報は既に出ているので、すぐにお知らせできると思います。

年末まで動かしていたイラストレーションのプロジェクトも、デザインに集中すべき時期は立ち止まらざるを得ません。踏切で電車が通り過ぎるのを待つように。昔、イラストレーションと二足の草鞋を履いていた時期からずっとそうでした。不器用なんだと割り切って、じっくり進めていきたいと思います。

>>これから行くかもしれない展覧会[2020・1~]

2019年最も印象に残った××××

2019年最も印象に残った××××

:::アート:::
 
絵本に見るアートの100年―ダダからニュー・ペインティングまで (上野=国際子ども図書館)
韓国で見つけた、アートブックとZINEの世界 (目白=ブックギャラリーポポタム)
話しているのは誰? 現代美術に潜む文学 (乃木坂=国立新美術館)
塩田千春展「魂がふるえる」 (六本木=森美術館)
石川直樹「この星の光の地図を写す」(初台=東京オペラシティアートギャラリー)
大日本タイポ組合展「文ッ字」(町田=町田市民文学館ことばらんど)
ジャン・ジュリアン個展「レコニル」(渋谷=NANZUKA)

絵本とアートを見事につないだ国際子ども図書館の展示と、本場・韓国のアートブックフェアに匹敵するようなポポタムのイベントが印象に残りました。仕事などの目的に囚われず、ふらっと立ち寄った展示が良かったりとか、東京のアート環境の良さを再認識しました。

2019年に観た展示の全記録です。>> twilog#gbiyori

 
:::音楽:::


 
834.194 サカナクション
So kakkoii 宇宙 小沢健二
mint exorcist FINAL SPANK HAPPY
bless You! オリジナル・ラヴ
波形 bird
FRKWYS Vol.15: serenitatem Visible Croaks, Yoshio Ojima & Satsuki Shibano
Ivy To Roses (Mixtape) Mabel
IT’z Different ITZY
(リンクはSpotify)
 
音楽のほとんどをSpotifyで聴くようになって、アルバム、シングルといったこれまでのくくりが後退し、「Spotifyを聴く=音楽を聴く」感覚に近くなりました。プレイリストを作って自分でも発信するという新しい音楽の楽しみ方が増えるとともに、新作と旧作の境がますます曖昧になっていくのを感じます。

Spotifyのグローバルチャートで知った、2019年の世界のヒットを象徴するキーワードは、「レゲトン」「ビリー・アイリッシュ」「Lilと名の付くアーティスト」「K-POP」「ジョナス・ブラザーズ」etc…といったところです。特にレゲトンは世界中で猛威を振るっていました。J・パルヴィン、マルーマ、ファルッコ、ダディー・ヤンキー、Dalex、バッド・バニー、ニッキー・ジャムといった面々の名前をチャート上で見ない日はなかったし、ぼくの仕事と生活のリズムも一時期レゲトンに完全に支配されていました。

小沢健二のように十数年振りのニューアルバムと共に元気な姿を見せてくれるアーティストがいた一方で、Spotifyも含めて市場から一切の音源が消えてしまった人気アーティスト、有名どころが次々と配信音源を開放していく中で一種の我慢比べみたいになっているCD派などなど、サブスクリプションという窓を通して見えてくる状況に注目しつつ、人生史上最高に音楽を楽しんでいます。

 
サカナクション『834.194』

初夏はほとんどこのアルバムだけをエンドレスで聴いていました。4つ打ちの単調なポップスを量産するグループという先入観をずっと持っていたけど、実は現在に通じる生音を取り入れた路線変更が2014年頃から始まっていて、その集大成がこの作品でした。2枚組のアルバムとしての流れ・構成も見事。

 
小沢健二『So kakkoii 宇宙』

全編通して非常にファンキーで、ヴォーカリストとしても大きな成長を感じた作品。小沢健二の作品や発言から、様々なヒントや行動のきっかけをもらいました。
>>小沢健二が『So kakkoii 宇宙』で結ぶ、君と僕との「約束」|utsuwa|note
 
 
FINAL SPANK HAPPY『mint exorcist』

ピチカート・ファイヴが活動を休止した2001年「これで東京は終わった」と思った。それは実際にその通りになったけど(東京は地方と同じような均質化した街になった)、ピチカートのスタイルやハイプ性はSPANK HAPPYの活動に受け継がれていると思います。
 
 
オリジナル・ラヴ『bless You!』

小沢健二と同様、オリジナル・ラヴもこのアルバムで1990年代と現在を地続きにした。渡辺香津美とのコラボが良かったです。
 
 
bird『波形』

もし自分がいまミュージシャンだったら冨田ラボにプロデュースしてほしいと思うかもしれない。昔のジャム&ルイスみたいに、最新の機材と結びついた音像・音色にこだわり抜くプロデューサー。
 
 
Visible Croaks, Yoshio Ojima & Satsuki Shibano『FRKWYS Vol.15: serenitatem』

ヴィジブル・クロークスが日本の環境音楽のレジェンドと共演したアンビエント作品。グラミー賞にノミネートされたコンピ『環境音楽』にも通じる世界。
 
 
Mabel『Ivy To Roses (Mixtape)』

グローバルチャートで耳を引いた女性ヴォーカリスト、メイベル。母がネナ・チェリー、父がマッシヴ・アタックのプロデューサー、キャメロン・マクヴェイ(モーガン&マクヴェイとして90年代に活動し、「バッファロー・スタンス」でネナと共演)ということで、ブリストル・サウンドのチルドレン。少々レゲトン風味。
 
 
ITZY『IT’z Different』

K-POPに関心を持ったきっかけのシングル。歌詞がいまのジェンダー観を反映している。字幕をオンにして見てほしい。
 

::プレイリスト::

K-POP PLAYLIST 2019 SUMMER
春から夏にかけて聴いて衝撃を受けたK-POPから、ハロプロ好き目線でセレクト。
>>K-POP PLAYLIST 2019 SUMMER|パラグラフ

The Discovery of K-City Pop; K-POP PLAYLIST 2019 WINTER
K-POPのシティポップ寄りの曲からレコメンドだけを頼りにセレクト。実は2019年のベストソングの大部分がこのプレイリストの中に入っています。

筒美京平SONGBOOK[増補改訂版]
小沢健二の新作や発言をとっかかりに、筒美京平の作曲した曲を新旧の順に並べたプレイリスト。2019年のぼくの(仕事も含めた)ベストワーク。
>>筒美京平SONGBOOK[増補改訂版]|パラグラフ
(以上自作)

David Mancuso at The Loft
デヴィッド・マンキューソがThe Loftでかけた曲。24時間超えのロングプレイリスト。
Chiied 80s
80年代ニューウェイヴのインストゥルメンタルからチルアウト視点で選曲。
Peaceful Meditation
仕事のBGMに欠かせなかったチルアウト系プレイリスト。
電気グルーヴ
新作で帰ってきてほしい。
 
>>utsuwa|Spotify
 
 

:::メディア:::
 

 
::本::

82年生まれ、キム・ジヨン チョ・ナムジュ(筑摩書房)
アンジュルムック アンジュルム(集英社)
ぼくの平成パンツ・ソックス・シューズ・ソングブック 松永良平(晶文社|note)
作字百景 ニュー日本もじデザイン(グラフィック社)
うるさく、しずかに、ひそひそと/目で見て かんじて ロマナ・ロマニーシン、アンドリー・レシヴ/著 広松由希子/訳(河出書房新社)
ダースレイダー自伝 NO拘束 ダースレイダー(ライスプレス)
つけびの村 高橋ユキ(晶文社)
ねじまき鳥クロニクル 村上春樹(新潮社) *再読
 
::TV::

M-1 グランプリ 2019(テレビ朝日)
ITZY「MMA 2019 PERFORMANCE」(Paravi)
 
::映画::

アナと雪の女王2
 
::LIVE::

モーニング娘。’19「KOKORO&KARADA」@ハーモニーホール座間(9/21)
小沢健二「飛ばせ湾岸 2 nights、guitar bass drums で So kakkoii 宇宙へ ドロップ前夜、豊洲」@豊洲PIT(11/12)
 
 
テレビや映画をあまり見なかった代わりに、本を読みました。平成から令和へ。様々な表現から時代の変化の予兆が感じられました。その中で変わらないことってなんだろう。その答えを探し求めて「ねじまき鳥クロニクル」を何年ぶりかのサイクルで再読。
 
 

:::ハロプロ楽曲大賞’19:::
 

 

1位|いとしいとしと Say My Heart アンジュルム
2位|「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの? Juice=Juice
3位|全然起き上がれないSUNDAY アンジュルム
4位|高輪ゲートウェイ駅ができる頃には CHICA#TETSU(BEYOOOOONDS)
5位|青春Night モーニング娘。’19
*実際の投票から4位を変更しました。
 
次点|
もう一歩 アンジュルム
都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて BEYOOOOONDS
アツイ! BEYOOOOONDS
Go Waist BEYOOOOONDS
元年バンジージャンプ BEYOOOOONDS
恋愛奉行 BEYOOOOONDS
(リンクはすべてYouTube)
 
 
MV部門
1位|アツイ! BEYOOOOONDS

 

推しメン部門|加賀楓(モーニング娘。’19)


 

>>雨近対談2:春の公開実力診断テスト、楽曲大賞とハロプロ ’19 
──近日公開

 
>>第18回ハロプロ楽曲大賞’19
 

>>>2018年最も印象に残った××××