これから行くかもしれない展覧会[2019・11〜]

これから行くかもしれない展覧会[2019・11〜]

絵本に見るアートの100年―ダダからニュー・ペインティングまで
2019年10月1日[火]―2019年11月17日[日]/前期
2019年11月19日[火]―2020年1月19日[日]/後期
国際子ども図書館 レンガ棟3階 本のミュージアム(東京・上野)
アート史と絵本の歴史を長い一本の線で繋ぐ展示。展示絵本は貴重なものばかり。必見。

富田直樹「東京」
2019年10月18日[金]―11月22日[金]
MAHO KUBOTA GALLERY(東京・外苑前)
ラフに描いているのに写実的。光がきちんと見えているから? >>作家のページ

「想像からはじめるーSolidarity-連帯-연대ー」POSTER EXHIBITION@本屋B&B
2019年10月19日[土]―11月21日[金]
本屋B&B(東京・下北沢)
近くで巡回展やってると聞いたので…行きました。>>SUNNY BOY BOOKS

池田亮司
2019年10月26日[土]―11月22日[金]
TARO NASU(東京・六本木)
名前だけの展示名。LED作品を含む新作約10点。

Nous Vous “FOLK”
2019年10月29日[火]―11月10日[日]
ユトレヒト(東京・明治神宮前)
インスタでフォローしているイギリスのイラストレーターチーム。来日うれしい。

嶽まいこ展『めずらしい風景』
2019年10月30日[水]―11月17日[日]
ヨロコビtoギャラリー(東京・西荻窪)
前から注目している画家/漫画家の新作展。リソグラフの新作ZINE発売。

『MOTO JAM』本 秀康 個展
2019年10月31日[木]―11月17日[日]
VOID(東京・阿佐ヶ谷)
最近の仕事と新作。前は、本にBerryz工房の梨沙子のサインをしてもらった。

東アジアのインディ・コミック・アートブック展
2019年11月1日[金]―11月17日[日]*火水休
ブックギャラリーポポタム(東京・目白)
ソウル、香港、台北のアーティストの作品を紹介する展示/ブックフェア。絶対行く。

石内都展 都とちひろ ふたりの女の物語
2019年11月1日[金]―2020年1月31日[金]
ちひろ美術館・東京(東京・上井草)
ちひろ美術館は、いつもながら企画の着眼点、取り合わせがすごくいいと思う。

Jasper Johns: Usuyuki
2019年11月1日[金]―12月21日[土]*日月休
Fergus McCaffrey Gallery(東京・表参道)
ジャスパー・ジョーンズが1979年から2004年まで制作したシリーズ。

吉田ユニ展「Dinalog」
2019年11月15日[金]―12月1日[日]
ラフォーレミュージアム原宿(東京・原宿)
やっぱり野田凪さんのところにいらしたのか。。その前が大貫デザインというのにも納得。

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日[土]―2020年2月16日[日]
東京都現代美術館(東京・清澄白河)
展示特設サイトにトークイベントのスケジュールが出ていた。

ダムタイプ|アクション+リフレクション
2019年11月16日[土]―2020年2月16日[日]
東京都現代美術館(東京・清澄白河)
前にダムタイプ観たのどこだったろう……思い出した、ICC。あらゆる境界を揺さぶる。

中野正貴写真展「東京」
2019年11月23日[土・祝]―2020年1月26日[日]
東京都現代美術館(東京・目黒)
『TOKYO NOBODY』『東京窓景』など30年余の東京シリーズの集大成。

一乗ひかる 自由と存在
2019年11月26日[火]―12月8日[日]
ギャラリー・ルモンド(東京・原宿)
ずっと気になっている画家さん。すでに十分有名だけど。

電子楽器100年展
2019年12月3日[火]―12月15日[日]
国立科学博物館(東京・上野)
「細野観光」だけでは飽き足らない、もっと見たくなった(自分のような)人々へ。

北澤平祐個展「花と生活」
2019年12月6日[金]―12月11日[水]
HBギャラリー(東京・表参道)
最近のきちっとした線画で描いている仕事の絵が好き(奥東京人、続 わけあって絶滅)。

[メモ]

2000年代当時に描いていたイラストレーション作品を、現在の視点で世に出すプロジェクト「しなもんレトロスペクティブ」を来年以降始めようと思っています。こちらに序文を書きました。
>>しなもんレトロスペクティブ|About

グラフィックデザインを始めてから約20年間の歩みをまとめました。ダウンロード可。
>>下山ワタル DESIGN ARCHIVE|パラグラフ

夏に発売された、保育現場で使えるあそびを紹介する児童書のデザインを担当しました。
>>すきま時間あそび107|パラグラフ

前回のK-POP PLAYLIST 2019 SUMMERに続いて、筒美京平が作曲(編曲・プロデュース)した楽曲を、現在から作曲家デビュー当時に向かって遡るプレイリストを作りました。
>>筒美京平SONGBOOK[増補新訂版]|パラグラフ
 

今回の筒美京平プレイリストをまとめたことで、デザイナーとしての自分の仕事に還元されるものは何もない、と記事中でも書きましたが、筒美京平の膨大な作品に短時間で接してみてひとつ理解できたのは、「表現において必ずしもエッジや頂点・先端を目指す必要はない」という事実でした。

スキルアップなんて不要、と言いたいのでは勿論ありません。例えるなら、ショートケーキの苺を狙うことだけが表現ではない、という意味です。ケーキの土台を目指すことやクリームの質にこだわることも立派な表現だとぼくは思います。「先端」という言葉から直ちに思い浮かぶのは、近年広告の現場を中心に使われることの多い「刺さる」という用語です。「刺さる」表現って、届ける相手にとって痛くない?ってずっと思ってました。

筒美京平が作曲の仕事を通して目指したのは、決して先端を目指す音楽ではなかったはずです。彼がずっと続けてきたのは、先端的な洋楽のエッセンスを日本的風土に置き換えて、ごく普通の人びとに届ける、いわば「中庸」的な仕事でした。その膨大な数と確かなクオリティによって、筒美京平は日本の作曲家として揺るぎないポジションを獲得しました。プレイリストを聴きながら改めてそう実感しています。

裏方を含む「中庸」的な仕事ってなかなか理解されることが少なくて、多くの人が「私を見て!」的なアピールや先端的な表現に走りたくなる気持ちもよくわかります。失われた30年→コンティニューみたいな状況下ではなおさら……。でも、評判って不思議なもので、自分では届いてないように感じられたとしても、周りの人や意外な人々がどこかで見てくれているんですよね。そういうものだと信じてます(信じ続けられる日までは)。 
  

>>これから行くかもしれない展覧会[2019・10~]

筒美京平SONGBOOK[増補新訂版]

筒美京平SONGBOOK[増補新訂版]

プレイリスト企画第2弾として(第1弾はK-POP PLAYLIST 2019 SUMMER)、作曲家・編曲家の筒美京平が、1965年の作家デビュー以来、2019年現在までに作曲(編曲)した曲を、Spotifyに登録された楽曲から選んでプレイリストにまとめました。

(本稿の人名はすべて敬称略)

1966年8月に藤浩一のシングルとして発売され、翌年までに7組のシンガーにより競作された「黄色いレモン」が筒美京平の作曲家としてのデビュー作でした。以来、作曲家・編曲家として数え切れないほどのヒット曲を量産し、現在もなお(2019年時点で79歳)コンスタントに作曲活動を続けています。

このプレイリストを作った理由

どうして音楽研究家でもなんでもない、ただのグラフィックデザイナーにすぎない自分が、このようなプレイリストを作ろうと考えたか。

小沢健二の17年ぶりのオリジナルアルバム『So Kakkoii 宇宙』のリードトラックとして、10月11日に突然リリースされた「彗星」を聴いて、筒美京平と共同作編曲した1995年のシングル「強い気持ち・強い愛」に通じる世界(歌謡曲+フィリーソウル)を感じたのがきっかけでした。そんな中、台風19号の襲来のため一歩も外に出られなかった夜に、Spotifyで再生時間8時間以上におよぶ筒美京平関連曲のプレイリストを聴いてみたら、思いのほか面白く、沢山の発見がありました。

その後、筒美京平全作品を網羅した記録集『筒美京平の世界[増補新訂版]』(P-Vine Books・2011年、トップの画像も同書からの引用 絵:和田誠)を読むと、上記のプレイリストの収録曲以外にも興味をそそる楽曲が沢山あることがわかりました。それらを補うかたちで、筒美京平の全仕事を「増補新訂版」的にまとめてみようと思って作ったのが、今回の200曲以上、再生時間12時間を超えるプレイリストです。

とはいえ、これはSpotifyに限らずストリーミングサービスの限界ですが、代表曲の多くが未登録のため、惜しくも今回のセレクトから漏れた曲が沢山ありました。作曲家デビュー曲の「黄色いレモン」と60年代の大半の作品。ジャニーズ事務所出身・所属の男性歌手(郷ひろみ、近藤真彦、少年隊、SMAPなど)。小泉今日子中山美穂をはじめとする黄金期の女性アイドル。90年代では、裕木奈江、鈴木蘭々、内田有紀ほかの女優兼シンガーへの提供曲。2000年以降では、安倍麻美、Buono!、ゲーム内のBGMを全編手がけた『いただきストリート2』サントラ、etc……。それでも時代の要請に応じたバリエーションの豊かさと、フィリーソウルや洋楽ポップスへの愛情は十分伝わってきます。

資料は『筒美京平の世界[増補新訂版]』をベースに、刊行年以降(2012~)の曲は筒美京平のウィキペディアを参考にしました。

この経験がデザイナーとしての自分の仕事に還元されるか?といえば、疑いなく「No!」だと思います。ただ音楽が好きという気持ちに動かされてやっています。
 

選曲にあたってのルール

★2019年現在からデビュー年に向かって時代を遡る順に並べています(新→旧、一部例外あり)。
★シングル曲メイン。アルバム曲からも選ぼうと思いつつ、あまりに膨大なので断念しました。
★ひとつのテイストや自分の好みに寄せすぎず、代表曲、ヒット曲も含め、ポップス、ロック、演歌など多様なジャンルから選ぶと共に、時代の空気が伝わるように心がけました。
★Spotifyに収録されている範囲で、筒美京平から楽曲提供を受けた各アーティストの曲を最低1曲は必ず入れています。
★原則として、後年に発表されたカヴァー曲は省きました(森高千里「17才」ほか一部例外あり)。オリジナル曲が未収録の場合に限り、別のアーティストによるカヴァー作品を発売日の位置に入れている例がいくつかあります。
*安室奈美恵「人魚」(NOKKO)、大槻ケンヂ「お世話になりました」(井上順)、etc…
★加藤ミリヤ「新約ディアロンリーガール feat. ECD」は2018年の曲ですが、特別な成立背景もあって(マーヴィン・ゲイ「セクシャル・ヒーリング」→佐東由梨→ECD→加藤ミリヤ→新約 feat. ECD)、時代に応じてかたちを変えていく筒美京平作品を象徴する曲だと考えて、一番先頭に置きました。
 
 
短期間に膨大な筒美京平の作品を浴びるように体験して気付いた発見や感想はここではあえて省略し、これから聴く人にゆだねたいと思います。代わりに『筒美京平の世界[増補新訂版]』でも執筆者が挙げていた「筒美京平の10曲」を自分でも選んでみました。

アレンジが光る筒美京平の10曲

筒美京平が書いた曲を編曲家がアレンジして、楽曲は最終的な完成に至ります。自ら編曲家としても活動していた70年代以前は勿論、それ以降の作品でも編曲家に曲を渡す際に、ある程度のイメージは伝えていたのではないかと想像します。編曲家のアイデアが加わって更に輝きを増した、アレンジが光る筒美京平の10曲を選びました。
 

★Sweet Pain/MISIA(2000 編曲:松井寛)
──筒美京平が70年代にやりたかったことの完成形のようにも聴こえる。
★強い気持ち・強い愛/小沢健二(1995 編曲:筒美京平・小沢健二)
──「スタンダップ~」が京平サウンドの肝だと思ったので、『刹那』Ver.から。
★と・き・め・き/高橋由美子(1991 編曲:ULTIMAX)
──麻丘めぐみのカヴァー。リズムが、ジャングル直前のブレイクビーツ×エレクトロ。
★スクール・ガール/C-C-B(1985 編曲:船山基紀・C-C-B)
──女性アイドルがそのまま歌っても違和感なし。チョッパーベースもスパイス。
★ト・レ・モ・ロ/柏原芳恵(1984 編曲:船山基紀)
──たしか船山基紀が個人でフェアライトCMIを買って打ち込みした曲。
★ふりむけば愛/島田歌穂(1982 編曲:松井忠重)
──伊東ゆかり「愛の光」の改題だそう。歌巧~。
★青い地平線/ブレッド&バター(1980 編曲:細野晴臣・田辺信一)
──YMO直前の細野晴臣のベースが全編通して疾走してて爽快。
★ぬくもり/細川たかし(1978 編曲:高田弘)
──演歌歌手からの依頼はポップス調の曲が多い傾向。これも歌巧~。
★夏の感情/南沙織(1974 編曲:筒美京平)
──ファンクとロックの混ざり具合が、こぶしファクトリーっぽい。
★恋の追跡(ラヴ・チェイス)/山本リンダ(1972 編曲:馬飼野康二)
──欧陽菲菲のカヴァー。山本リンダの凄さがわかる。今もクラブで使えそう。

おまけ

◯野口五郎が、歌手としても楽曲としても素晴らしいということが今回の一番の発見。歌が巧すぎて、何曲も何曲も選んでしまいそうで困った。時代に応じて音楽性を少しずつアップデートしていることもよくわかる。「グッド・ラック」「女になって出直せよ」とか、山下達郎と比肩する才能が感じられるし、のちのシティポップにつながる萌芽も見られる。女性シンガーでの発見は、石井明美。

◯中山美穂の楽曲がなくて、代わりに選んだ「WAKU WAKUさせて」「ツイてるねノッてるね」のトランス/ユーロ・カヴァーがどちらも良かった。森高千里「17才」もそうだけど、カヴァー&リアレンジされても曲の良さが全く揺るがない。どころか、時代に応じて輝きを増していくのが不思議。

すきま時間あそび107

すきま時間あそび107

教育研究家・保育指導者の阿部 恵(あべ めぐむ)さんの著書『すきま時間あそび107』(鈴木出版)のブックデザインを担当しました。園の保育士さんが子どもたちと接する中でのちょっとした空き時間(着替えの時間、お昼時、送迎バスの中など)に使える小さな手遊びや手品、クイズ、素話(すばなし…本を見ないでその場で話す昔話や童話)etc…を107個収録しています。

編集の方が『ちょっとだけ体操』などHoick CDブックシリーズを気に入ってくださったのが、今回の仕事につながるきっかけでした。表紙もいくつかの候補の中から、CDブックシリーズと同じ長濱恵さん(本文のイラストも担当)にタイトルロゴとカットをお願いすることになりました。ほかにも本文に、複数のイラストレーターの方が参加してくださっています(→Works)。

今回のようなコンパクトサイズ(B6)で児童書・保育書をデザインしたのは初めてですが、ファンシー過ぎずクール過ぎず、若い保育士さんにも手元に置いていただけるような本になったと自負しています。保育士さんを対象とした本ですが、0~5歳児と過ごす時間の多い親御さんにもおすすめしたいです。

*本文は特色2色印刷のため、実際の刷り色とは異なります。

すきま時間あそび107(→Amazon
阿部 恵/著
鈴木出版
発売中
1500円+税(定価)

>>すきま時間あそび107|Works|パラグラフ
>>すきま時間あそび107|版元ドットコム

これから行くかもしれない展覧会[2019・10~]

これから行くかもしれない展覧会[2019・10~]

d design travel KAGAWA EXHIBITION
2019年9月6日[金]―12月2日[月]
d47 MUSEUM(渋谷ヒカリエ8F)(東京・渋谷)
四国にまつわる仕事をきっかけに興味を持ったので、行ってみようと思う。

クラウディア・ペニャ・サリナス「Atlpan」
2019年9月7日[土]―11月8日[金]
THE CLUB(GINZA SIX 6F・銀座蔦屋書店)(東京・銀座)
メキシコの神話と日本古来の庭園文化の融合。とても魅力的。

コートールド美術館展 魅惑の印象派
2019年9月10日[火]―12月15日[日]
東京都美術館(東京・上野)
久々に印象派ががっつり観られる展示。マネ、モネ、セザンヌなど。和田彩花おすすめの展示。

ムラタ有子「新作絵画展」
2019年9月13日[金]―10月26日[土]*10月1日(火)~9日(水)休
GALLERY SIDE 2(東京・六本木)
最近は動物や自然を題材に描いている。ぼくの関心と近く、参考にしたい。

チェコ・デザイン 100年の旅
2019年9月14日[土]―11月10日[日]
世田谷美術館(東京・用賀)
まとめて観られる機会は少ない、チェコの絵画から工芸品まで。

きくちちき絵本展 しろとくろ
2019年9月21日[土]―11月10日[日]
武蔵野市立吉祥寺美術館(東京・吉祥寺)
動物や自然をこんなふうに自分は描けない。素直に感嘆するしかない。

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密
2019年9月29日[日]―11月24日[日]
練馬区立美術館(東京・中村橋)
2016年から、世界と日本各地を巡回する展示が東京へ。八王子で逃したので観たい。

絵本に見るアートの100年―ダダからニュー・ペインティングまで
2019年10月1日[火]―2020年1月19日[日]
国際子ども図書館 レンガ棟3階 本のミュージアム(東京・上野)
エル・リシツキーの絵本だけでも価値あり。ほかにもウォーホル、ソール・バスなど。

細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969–2019」
2019年10月4日[金]―11月4日[月・休]
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリー(東京・六本木)
50年を5つのパートに分けて紹介。ネーミングがいい。東京の音楽。

植田真個展「僕のすきな本のためのレコード」
2019年10月5日[土]―10月29日[火]*会期延長
SEE MORE GLASS(東京・原宿)
これまでに読んできた本をレコードジャケットに見立てた作品の展示。

ラウル・デュフィ展─絵画とテキスタイル・デザイン─
2019年10月5日[土]―12月15日[日]
パナソニック汐留美術館(東京・新橋)
グラフィック寄りの絵。花・虫など自然を題材にしたテキスタイル作品も。

オーレ エクセル × グラニフ展
2019年10月8日[火]―11月4日[月・祝]
グラニフ原宿ギャラリー(東京・原宿)
コラボ商品発売を記念し、スウェーデンからの貴重なポスターを展示。

片桐水面個展「燈(あかり)」
2019年10月10日[木]―10月20日[日]
もりのこと(東京・西荻窪)
クートラスとかを連想させる。ここにしかない世界。

ジャン・ジュリアン「レコニル」
2019年10月11日[金]―11月9日[日]
NANZUKA(東京・渋谷)
インスタでフォローしていたペインティングアーティスト。画集を販売。

中林忠良銅版画展 ―腐蝕の旅路―
2019年10月18日[金]―11月20日[水]
O美術館(東京・大崎)
Corneliusの叔父。作品が『Mellow Waves』シリーズに採用されたことで知られる。

石内都展 都とちひろ ふたりの女の物語
2019年11月1日[金]―2020年1月31日[金]
ちひろ美術館・東京(東京・上井草)
ちひろ美術館は、いつもながら企画の着眼点、取り合わせがすごくいいと思う。

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日[土]―2020年2月16日[日]
東京都現代美術館(東京・清澄白河)
2020年で25周年。100年つづけたい、との思いから付けられたタイトルの展示。

AKIRA ART OF WALL Otomo Katsuhiro × Kosuke Kawamura AKIRA ART EXHIBITION
2019年11月22日[金]―12月16日[月]
PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F)(東京・渋谷)
2019年11月22日[金]―12月8日[日]
GALLERY X(渋谷PARCO B1F)(東京・渋谷)
PARCO IS BACK! AKIRAの工事用仮囲いを再構成した作品と、B1では巨大立体物を展示。

[メモ]

デザインに関わった鈴木翼くんの10周年コンサートのライブルポです。
>>鈴木翼10周年記念コンサートに行ってきた|パラグラフ|下山ワタル

グラフィックデザインを始めてから約20年間の歩みをまとめました。ダウンロード可。
>>下山ワタル DESIGN ARCHIVE|パラグラフ|下山ワタル

お知らせしたい大事なことなどもありつつ、今回のメモはお休みにしたいと思います。

先日(9月中旬)突然の突発性難聴にかかり、薬を飲みつつマッサージやヨガなどを並行しながら様子を見てきました。左耳が全く聴こえない状態からは3日程度で回復し、一時的な不調もありつつ、9月下旬時点でほぼ発症前の状態まで戻ったことを、とりいそぎご報告します。

のちのちどなたかのお役に立てるよう文章にまとめているところで、後日公開の予定です。

>>HIFUMI Records|Works|パラグラフ

>>これから行くかもしれない展覧会[2019・9~]

鈴木翼10周年記念コンサートに行ってきた

鈴木翼10周年記念コンサートに行ってきた

9月23日(月・祝)、有楽町朝日ホールで開かれた、あそびうた作家の鈴木翼10周年記念コンサート「こころがおどる」に行ってきた。この日のために、チラシや、Tシャツなどのグッズ、来場者に配布されるパンフレットのデザインをお手伝いした。10周年の記念Tシャツは大好評で、開場早々にたちまち売り切れてしまった。

鈴木翼(すずきつばさ)と言っても知らない人にとっては知らない名前だろう。NHKの「どーもくん」などの番組で自作のあそびうたを紹介したり、保育士さんや家族向けのライブで日本中を飛び回っている。30代までの子育て中のファミリーにはなじみ深いかもしれない。まだ保育士だった頃、絵本作家・シンガーソングライターの中川ひろたかさんに見出され、あそびうた作家が多数在籍するソングブックカフェの所属アーティストとなってから、あそびうたやオリジナルソング、絵本執筆など、活動の領域(=翼)を大きく広げてきた。今年がそんな彼のデビュー10周年にあたるというわけだ。

コンサートはバンドをバックに代表的なあそびうたと絵本・ミュージックパネルの実演などで構成された前半のソロパートと、これまで活動を共にしてきたアーティストとのコラボを中心とした後半に分かれ、トータルで2時間半以上に及んだ。優しさや誠実さの中に子どものようにピュアな精神も伺えて、笑いあり涙ありと人間味にあふれる内容で、翼くんの10年間の全てを出し切ったコンサートになっていたと思う。

入場時に配られたパンフレットに掲載されている、翼くんの自筆による「鈴木翼セルフライナーノーツ2008-2019」。事務所所属前にリリースされた1stミニアルバム『こころがおどる』(今回のコンサートのタイトルにもなった)から、2019年の最新作までの全52作品について、ひとつひとつに丁寧に心のこもったエピソードと関わった人々への謝辞が述べられている。これを読んだ誰もが、翼くんがこれほどまでに丁寧に作品づくりに取り組んできたことに驚くに違いない。実際ぼくもぎりぎりに届いた原稿を読ませてもらって非常に驚いた。翼くん(の作品)と、いつどのようにして出会ったか、ライナーノーツを読みながら記憶をプレイバックするのも楽しい。

自分でもおぼろげな記憶をたどっていくと、2012年頃、ケロポンズのポンちゃんに誘われて、安曇野の友人家族と一緒に、長野のどこかでソロライブを観たのが最初だったと思う。それまでも中川ひろたかさんの野球チームで出会っていたはずだったが、ソロアーティストとしてはっきりと認識したのはそれが初めて。あそびうただけでなく、育児に日々悩むお母さんや保育士さんに向けて作られた弾き語りのオリジナル曲に心が癒やされ、終演後「ライブすごく良かったね」と言葉を交わしたのだった。

その曲はこの日のコンサートの最後の方でも披露された。実は、翼くんの印象は7~8年前に初めて出会った時とほとんど変わっていない。初々しさと謙虚さをデビュー当時から大切に持ちづづけている。きっと10年後、20年後も翼くんはこのままずっと翼くんであり続けるだろう。


中央の翼くんが手に持っているのがパンフレット


会場スタッフに頼んで撮らせてもらった

>>ちょっとだけ体操 ~Hoick CDブック~|パラグラフ|下山ワタル