ワクワクあふれだす ~Hoick CDブック3~

ワクワクあふれだす ~Hoick CDブック3~

保育現場で使えるCDブックの第3弾『ワクワクあふれだす』のデザインを担当しました。今回も、ソングブックカフェ所属アーティストの、中川ひろたか、鈴木翼、ロケットくれよん、福田翔、gaagaaSの5組による、あそびうた、ダンス、体操が収録されたCDと、振付&楽譜集がセットになっています。

ビジュアルとしては、屋外ロケは行わず、シンプルながら子どもと触れ合う楽しさが伝わるような作りにしました。今回もフォトグラファーは藤田修平さん、表紙タイトル文字とイラストは長濱恵さんです。いつもデザインだけでなく企画内容にも意見を反映してもらっていて、今回のコラムページの、メンバーによる保育士(保育補助)時代の思い出話、きっと日々悩んでいる現役の保育士に役立つのではないかと思います。7人7様で面白いです。


 
ワクワクあふれだす ~Hoick CDブック3~(→Hoick
中川ひろたか・鈴木翼・ロケットくれよん・福田翔・gaagaaS
ソングブックカフェ
発売中
3000円+税(定価)
 

CDブックの発売を記念したスペシャルコンサートが2019年7月7日(日)に横浜みなとみらい「はまぎんホール ヴィアマーレ」で開かれます。コンサートについて、詳しくはリンク先をご覧ください。

>>『ワクワクあふれだす』発売記念スペシャルコンサート in 横浜・みなとみらい
 
>>じゃんけんジョイ!|Works|パラグラフ
>>じゃんけんジョイ! 〜Hoick CDブック2〜|パラグラフ
>>ちょっとだけ体操|Works|パラグラフ
>>ちょっとだけ体操 〜Hoick CDブック〜|パラグラフ

みんなともだちカロム、GOOD TOY 2019を受賞

みんなともだちカロム、GOOD TOY 2019を受賞

2011年にデザインに関わったみんなともだちカロムグッド・トイ・アワード2019を受賞しました。
2019年5月25日(土)、四谷の東京おもちゃ美術館で開かれた授賞式に参加してきました。

>>GOOD TOY AWARD 2019

グッド・トイ・アワード(GOOD TOY AWARD)について

人々に長く愛され、楽しんでもらえるおもちゃを表彰する目的で設けられた賞で、全国のおもちゃコンサルタント約2000名の投票により、毎年50〜60点が受賞作(グッド・トイ)に選ばれています。
【続きを読む】

じゃんけんジョイ! 〜Hoick CDブック2〜

じゃんけんジョイ! 〜Hoick CDブック2〜

保育現場で使えるCDブックの第2弾『じゃんけんジョイ!』のデザインを、前作『ちょっとだけ体操』に続いて担当しました。今回も、ソングブックカフェ所属アーティストの、中川ひろたか、鈴木翼、ロケットくれよん、福田翔、gaagaaSの5組による、あそびうた、ダンス、体操が収録されたCDと、振付&楽譜集がセットになっています。

前作『ちょっとだけ体操』はCDブックとして、セミナーや地方の講習会などで大好評だったそうです。今度の『じゃんけんジョイ!』も、野外(横浜大さん橋周辺)で撮影した写真を使った写真集的な要素や、振付イラストなどの見やすさを踏襲しつつ、前作の内容をさらにアップデートしています。写真は今回も藤田修平さん、表紙タイトル文字とイラストは長濱恵さんです。

もうひとつ今回の大きな売りとして、アイドルの写真集などでおなじみの予約特典帯を作りました。これも、保育向け楽譜集としては前例のない試みです。ファンの皆さんには今後何か新しいお楽しみもあるかもしれません(?)。

 
じゃんけんジョイ! ~Hoick CDブック2~(→Hoick
中川ひろたか・鈴木翼・ロケットくれよん・福田翔・gaagaaS
ソングブックカフェ
発売中
3000円+税(定価)
 

新しいCDブックの発売を記念したスペシャルコンサートが2018年7月1日(日)に横浜みなとみらいで開かれます。会場は写真の撮影場所である大さん橋周辺とは近く、ファンのみなさんには聖地巡りなんかもおすすめです。コンサートについて、詳しくはリンク先をご覧ください。

>>じゃんけんジョイ! 発売記念スペシャルコンサート IN 横浜みなとみらい
 
>>ちょっとだけ体操 〜Hoick CDブック〜|パラグラフ

絵本『おうち』

絵本『おうち』

金の星社の人気絵本シリーズ「はじめてのテツガク絵本」の第4弾『おうち』(中川ひろたか・作 岡本よしろう・絵)のデザインを担当しました。中川ひろたかさんが毎回お話を書き、長新太(『ないた』)、長谷川義史(『おこる』)、ミロコマチコ(『うそ』)と、そうそうたる顔ぶれの絵本画家が絵を手がけるこのシリーズ。今回の絵は、『ごはんのにおい』(おむすび舎)ほかで中川さんとコンビを組んでいる、岡本よしろうさんです。

帰れるおうち=家があるっていいことだなあとつくづく思います。そんな当たり前のようでいて実は不思議なことを、シンプルなコトバと絵本らしいリズムのある絵で、子どもたちに静かに問いかけてくる絵本です。


 
おうち(→金の星社
中川ひろたか/作 岡本よしろう/絵
金の星社
発売中
1300円+税(定価)

 
中川さん岡本さんコンビによる食の絵本『ごはんのにおい』の原画展が、神保町のブックハウスカフェで開かれています。

岡本よしろう「ごはんのにおい」(おむすび舎)絵本原画展
2018年5月12日[土]─5月31日[木]
ブックハウスカフェギャラリー (東京・神保町)

 
>>絵本『ごはんのにおい』|パラグラフ

絵本『ごはんのにおい』

絵本『ごはんのにおい』

おむすび舎の新刊絵本第2弾『ごはんのにおい』(中川ひろたか/文 岡本よしろう/絵)のデザインを担当しました。おむすび舎は、食育指導士の霜鳥英梨さんが設立した、新潟発の“ひとり出版社”です。第一作目の『いのちのたべもの』と同様に、中川ひろたかさんを語り手として、ごはんの大切さ、食べることへの関心の扉を開いてくれます。絵は、谷川俊太郎さんとの絵本『生きる』などで知られる、岡本よしろうさんです。

霜鳥さんのことは昔から知っていましたが、本業の食育指導士としての仕事に触れる機会はありませんでした。デザインの立場で2冊の絵本に関わってみて、自らの食育指導のための教材として絵本を作り(しかも市販品と同レベルのハードカバーで)、それを自分が使うだけでなく全国に向けて発信する、という姿勢にとてつもない信念を感じました。この時代に、知名度の低い出版社が既存の大手版元に混ざって本を売っていくことがどれだけ大変か、ぼくもよく知っているつもりです(もしそんな試みを笑うような人がいたら、ぼくは霜鳥さんに向けて中島みゆきの「ファイト」を贈りたいと思っています)。

今作のテーマの「ごはん」にちなみ、米どころの新潟らしく、地元で穫れたお米とのセット販売なども行われるそうです。横須賀の絵本店、うみべのえほんやツバメ号で、12月まで『ごはんのにおい』原画展が開かれています。お近くの方はぜひどうぞ。


 

ごはんのにおい(→SONG BOOK Café
中川ひろたか/文 岡本よしろう/絵
おむすび舎
発売中
1400円+税(定価)

『ごはんのにおい』原画展
2017年11月3日[金・祝]―12月12日[火]
うみべのえほんやツバメ号 (横須賀・津久井浜)

[18/05/15追記]

『ごはんのにおい』の東京初の原画展が、5月31日まで神保町のブックハウスカフェで開かれています。

岡本よしろう「ごはんのにおい」(おむすび舎)絵本原画展
2018年5月12日[土]─5月31日[木]
ブックハウスカフェギャラリー (東京・神保町)

 
>>おむすび舎ウェブサイト
>>にいがた、びより(新潟日報)の『いのちのたべもの』紹介記事

>>絵本『いのちのたべもの』|パラグラフ