K-POP PLAYLIST 2019 SUMMER

K-POP PLAYLIST 2019 SUMMER

4月中旬から突然聴き始めたK-POPから、特に自分の好みに近い曲を集めたSpotifyプレイリストを作りました。


 

K-POPを突然聴くようになった理由
もともとK-POPは自分から能動的に聴いてみようと思って聴き始めたわけではありませんでした。わが家では娘と妻がTWICEが好きでハマっていたけど、音源を横で聴いてもその時は全然惹かれなかった。ボーイズグループもガールズグループも最初は単なるアイドルの延長としか感じられなかったのでした。

きっかけとなったのは、日本にこのまま閉じ籠もり続けるのはヤバい…「グローバル」な文化をもっと意識しなくては、と考えさせられる出来事があって……それからSpotifyの各国版のチャートを毎日仕事中に聴くようになりました。アルゼンチン、オーストラリア、メキシコ、ペルー、アイスランド、etc……行ったことのない国々でどんな音楽が流行っているか、興味があった。

結果からいうと、極端に言語体系が違う中国語圏やトルコ、アイスランド以外は、どの国も大体同じ曲がヒットしていたんですが(リル・ナズ・X、マルーマ、ビリー・アイリッシュ、etc…)、そんな中でちょっと気になるEDMの曲がベスト50で3〜4曲、南米や東欧の国々でランクインしていて、調べたらそれがK-POPだった。しかも日本みたいにローカライズされたヴァージョンではなく、韓国語と英語のミックスの歌詞のまま現地で受け入れられている。

ハロプロ好きの自分の耳にもすぐわかるほど、非常に凝ったアレンジの曲がK-POPにも多いことがわかってきました。グローバルチャートを追うだけでは飽き足らず、アーティスト単位で聴いたり、YouTubeで毎週投票によりK-POPの最新チャートのMVを15秒ずつ流していくカウントダウンTVみたいなプログラム(K-POP SONGS CHART)を見たりして、最新のK-POPに関する情報も少しずつ増えていきました。

K-POPが面白いのは、たとえばEDMなんかはアメリカではポップミュージックの様式としてはほぼ廃れてしまい、ストレートな形ではもう誰もやらなくなっています。K-POPは、そういうほんの少し前の音楽に90年代のR&Bなどの要素を混ぜつつ、最新のスタジオテクノロジーを使って新しいイメージの楽曲に仕上げている。まさにハロプロがそういうコンセプトなのですが、それを精巧かつ高次元に、予算もしっかりかけた上で世界に仕掛け、実際にビジネスとしても成功させている。音楽のジャンルやコミュニティとしてまず目が離せないし、さらにそれぞれのグループがどうとか推しがどうこうなどと言い始めたら、もう無限にキリがなくなる。いまはちょうど沼の淵に立って全体を眺めているところです。

ここからは、プレイリストの中から何組か特にいいと思ったアーティストを紹介します。
  

SEVENTEEN
前半はボーイズグループと男性のヒップホップ系、中盤がシティポップ寄りのメロウな楽曲で、後半はガールズグループ(ハロプロっぽいディスコ〜ファンク〜ブギー系の曲多め)。大体男女半々になるようにしました。ボーイズグループはまだリサーチが足りないけど、いまのところSEVENTEENに注目しています。80年代のR&Bを現代のヒップホップやEDMとミックスしたようなトラックが好みだし(「Home」とか)、歌もダンスも超人的に上手い。

 
YUKIKA
YUKIKA(寺本來可)は、YouTubeのK-POP SONGS CHARTで知った日本人女性シンガー(日本では長く声優として活動していた)。Night Tempoや「Plastic Love」以降のムーブメントを完全に意識したシティポップ。K-POPといってもEDMばかりではなく、今回中盤に入れたような、おしゃれなジャンルの曲もけっこう多いです。そんな中でも彼女のインパクトは突出しています。MVもサカナクションの女性版みたいな感じ。これは本格的に知られたら相当すごいことになるよ。

 
ITZY
ITZY(イッジ)は、JYPエンターテインメントに所属するTWICEの妹分として、今年の2月にデビューしたばかり。ぼくがK-POPにハマるきっかけとなったグループ。ダンスや歌のスキルは別として、歌詞の世界観はTWICEと180°違っています。K-POPのガールズグループの歌詞の多くはラブソングで、愛する男の存在が前提となっている。曰く、あなたに似合う女の子になる。激しい印象の歌でも、あなたを力ずくで手に入れてみせる、とか。

でも、イッジの歌詞はこれとは真逆で、私は私。外見ばかりで魅力のない他の子とは違う。他人にどう思われようと気にしない。女の子たち、前を向いて。私たちがついてるから。……徹底的に女性が主体で、女性がただ女性であることを称揚しエールを送っている。ある意味、大きく変わりつつある現代のジェンダー観に沿った、力強いメッセージを伝えているわけです。

わかる人はすぐにわかると思いますが、これはハロプロのグループ、たとえばアンジュルムの歌詞だったり、元リーダーの和田彩花が投げかけるメッセージの考え方に非常に近いです。あとハロヲタ的にいうと、リーダーのイェジはダンスメンで、切れ長の目も含めて鞘師里保っぽい。最年少のユナは鈴木愛理に似ている。

 
Red Velvet
Red Velvetは、以前ブログでアンジュルムのメンバーが勧めていたガールズグループ。シングルとかは普通にポップだけど、アルバムでは他とは一線を画すような、作り込まれた曲が多い。今回選んだ「ルック」も、リズムが80年代に一世を風靡したドラムマシンOberheim DMXの音源だったりして、音楽好きの心をくすぐります。

 
Red Velvetや、BLACKPINKEVERGLOW、あとITZYやTWICEは、グローバルチャートで名前を見かけることの多かったK-POPのガールズグループ。ボーイズだと、BTS、その弟分であるTXT、TWICEと同じJYP所属のStray Kids(オーディション番組の名前がそのままグループ名)とか。……また面白い楽曲を見つけたら追加してみたいと思います。
 

[19/08/04追記]
プレイリスト名、および本稿のタイトルを初回投稿時より変更しました。K-POPが面白い、という自分の中での純粋な発見に、“こんな時流だからこそ”聴いてほしい、というメッセージが多少なりとも付与される可能性があるとき、そこに全く関係ない人のことを巻き込んでしまうのはよくないのではないか、と慎重に考えた上での判断です。

新宿フィールドミュージアム2018 -shin-音祭

新宿フィールドミュージアム2018 -shin-音祭

新宿区立新宿文化センターで、2018年10月6日(土)に開かれる音楽イベント、新宿フィールドミュージアム2018 -shin-音祭(しんおんさい)のデザインとディレクションを担当しました。イベントの詳細については、公式ウェブサイトをご覧ください。

イベントのシンボルとなるロゴデザインは、新宿という都市が内包する多様性や文化の猥雑さ(具体的には、ネオンサイン、高層ビル=レベルメーター、映画やハプニングが起こる場としてのスクリーン、など)を思い浮かべながら制作しました。また「i」のドットは、太陽(「太陽を盗んだ男」「太陽にほえろ!」撮影地:新宿)が昇る/沈むイメージを隠し持っています。メインロゴのほかに、shinにちなんだ3つのステージロゴも作成しました。

ウェブとフライヤーのアートワークには、絵本『よめる よめる もじのえほん』などでご一緒した下平晃道さんの作品を使わせてもらっています。主催者から今回のイベントについての漠然としたヴィジュアルイメージを伺った時、しもんくんが以前展示した作品のことが頭に浮かんだのです。それを主催者に見せたら「まさにこれ!」と驚いてくれて、今回の起用につながりました。

ウェブデザインは今回、自分とは全く違う発想を持った方(ウェブデザイナーの大谷朝美さん)を偶然見つけて、自由にお願いしてみました。これまでアートディレクター/オブザーバー的な立場でウェブの仕事に関わる機会はありましたが、ぼくのデザインの枠内に収まる仕上がりになることが多いと感じていました。ようやく、1+1を3以上にしてくれるようなウェブデザイナーと出会えた気がします。

とてもユニークな顔ぶれが揃った面白いイベントになりそうで楽しみです。新宿区の文化芸術イベント、新宿フィールドミュージアム2018の一環ということで、当日とその周辺でいろいろな催しが開かれるようなので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに、-shin-音祭という名称、検索で弾かれやすいので「shin 音祭」で検索。
ツイッターのハッシュタグは、#shin音祭

新宿フィールドミュージアム2018
-shin-音祭
(しんおんさい)

2018年10月6日(土)新宿区立新宿文化センター[東京・新宿]
大ホール・小ホール|¥4,800(税込・自由席)
エントランスロビー|入場無料

出演:
-真- makoto stage|大ホール|OGRE YOU ASSHOLE、Ovall、カネコアヤノ、ミツメ
-進- susumu stage|小ホール|おとぎ話、桑原あいザ・プロジェクト、環ROY、羊文学、Mom、眉村ちあき、jan and naomi
-新- arata stage|エントランスロビー|Aaron Choulai×Daichi Yamamoto、airlie、ザ・スパイシー、中村月子、ManiMani

https://shin-onsai.com/

Sing More Songs もっとうたってよちゃん

Sing More Songs もっとうたってよちゃん

原宿の「絵本の読める小さな小さな喫茶店」シーモアグラスが、2016年9月で20周年を迎えました。おめでとうございます! 20周年を記念したライブイベントや展示、グッズが作られるなど賑やかな企画が目白押しですが、そのうちのひとつ、シーモアグラスにゆかりのある作家やミュージシャンが参加して作られた記念CD『Sing More Songs もっとうたってよちゃん』にデザインで参加させていただきました。紙ジャケットとブックレットのイラストは、イラストレーター/絵本作家の荒井良二さんが、開店以来シーモアグラスのために描いた作品の中から抜粋しています。シーモアグラスのほか、通販サイト、全国の絵本専門店などで販売予定です。参加ミュージシャン、関連イベントなど詳しくは特設サイトをご覧ください。

sms-h1
 
Sing More Songs もっとうたってよちゃん(→特設サイト
シーモアグラス
2016年9月14日発売
2400円+税(定価)
 

矢野顕子さんのさとがえるコンサートパンフレットとして1999年に制作した絵本『わたしはラーラ』(矢野顕子・作、上田三根子・絵。編集/デザインで参加)を、Twitterの【店で読める本】で好意的に取り上げて頂いたのがきっかけで、シーモアグラスとのお付き合いが始まりました(お礼を言うため、約10年振りにお店を訪れた日のことが、シーモアグラスのブログに残されていました)。

個人的にはちょうど絵本の仕事がしたいと思っていた時期と重なっていて、お店に訪れるたび、絵本関係者など数々の出会いに恵まれました。いろんな方が述べられているように、店主の織衣さんの見えない力によって、沢山の才能ある人々がこのお店に結び付けられているのを感じます。

今回のアルバムもそんな20年分の出会いの賜物だと思います。デザイナーとしては、歌い手や語り手の声や姿勢を、書体とデザインに反映させることに集中し、店主の織衣さんのように多くを語らないことを心がけました。ぜひお買い求めの上、ブックレットを眺めながら、シーモアグラスにいるような気分で、聴いて楽しんでいただきたいです。
 
sms-w-obi
 

>>Café SEE MORE GLASS
>>20周年記念アルバム特設サイト
>>わたしはラーラ|Works|パラグラフ

第七回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート

第七回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート

毎年チラシ等のお手伝いをしている吹奏楽団harmonizeのコンサート。今年で七回目です。

例年、吹奏楽のチラシのアートワークは、テーマとなる短い言葉を頂いてから取り掛かることが多いのですが、今回は時間的な都合もあったりして、お題をもらう前に先に作ってしまうことにしました。とはいえ、毎回異なるテーマと手法を自分に課して7年間も続けていると、なかなかすんなりアイデアが出てこない時というのもあるもので、今回がまさにそれでした。非常に難産を極めました。

何枚も重ねた落書きの中からやっと出てきたのが、ユーフォニアムの迷路の絵でした(チューバでもなんでもいいですが、流行っているのでそういうことにしておきます)。実際には「迷路」ではなく一本道で、たどって行くと必ずゴールに到達します。ゴールは「本番の日」かもしれないし、苦心してみんなで出す音なのかもしれません。あまり考えずに生まれてきたものなので、解釈は見る人それぞれに委ねたいです。

クラシックのコンサートチラシにありがちな色である「黒」をこれまで意識的に避けてきましたが、今回は思い切って使ってみました。デザインを終えて最後に届いたテーマが、「和から一閃の光」。組み合わせてみると、意外とマッチしている感じがします。
 

harmonize(ハーモナイズ)は東京都日野市を拠点に活動する吹奏楽団で、リーダーで指揮者の、中学や高校で音楽教師を務める藤井和夫君の教え子が中心となって集まり、演奏を続けています。毎年初夏にチャリティーコンサートを開き、児童養護施設出身の子どもたちをサポートする「NPO日向ぼっこ」への募金を行なっています。
 
コンサートは入場無料です。
お近くの方、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。
取材や問い合わせについては、彼らのウェブサイトをご覧になってください。

 
第七回harmonize吹奏楽チャリティーコンサート
2015年6月28日[日]
13:30開場/14:00開演
ひの煉瓦ホール(日野市民会館)大ホール
入場無料
 
hrm15
 

>>harmonize|Works|パラグラフ(第一回以降のフライヤー)

>>harmonizeに関するブログ記事の一覧

harmonize公式ブログ
https://harmonize2008.blogspot.jp/

「元・丁稚」藤井和夫インタビュー|INTERVIEWS for land of music “the Rising”
https://therising.hatenadiary.org/entries/2009/06/18
――指揮の藤井君はかつて、ロックバンドHEATWAVEの伝説の「丁稚」でした。